2019年09月25日

不妊治療は早めに職場へ報告

不妊治療中って、お医者さんが指定した日に病院に行く必要があるから大変ですよね


私たちは今のところ、毎回二人で通院できています。
通い始めたころは職場に通院を伏せて午前休(半休)を取得していましたが、
長丁場になった時のことを考えて、2か月目には上司(所属長)にカミングアウトしました。

結構、男性の私でも「不妊治療」っていう単語を出すことは怖かったんですが
世の中にたくさん治療している人がいるって考えると、
身構えて報告するでもなかったなと思います。

むしろ、そういう人がいるってわかったほうが、「子供まだ?」が減っていいかもしれないですよね
悪気はないとは思いますが、なかなかのプレッシャー発言です(笑)

たぶん、女性はもっとプレッシャーだと思いますが
病院で待っている人の数だけ同じ悩みの人は身近にいるって考えると
少し楽になるかもしれないですね!


話は戻りますが、上司にカミングアウトしたことで同僚にも同じ話ができるようになりました。
子供がいる人いない人それぞれ周りにはいますが、「あの人とあの人も不妊治療経験者だよ~」っていう話がわんさか出てきました(笑)

社内でもこれまで不妊治療をした人がいて、
実際何名も子育てをしているのを実感できたのは、心の豊かさにつながりました。

不妊治療は自分たちの未来のための行動です。
周囲への根回しを後回しにすると、後に響いてくるんじゃないかなって思います。
将来のベイビーのために、早め早めに周りを味方につけて、
不妊治療に専念させてくれる環境を整えることが大切ですね。
面倒くさいですが、周りに働きかけるのも父親&母親になる準備の一つなのかもしれません。


2019/09/25 -

shin_chito at 22:56│Comments(0)ポエム | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 息抜きしていますか。息抜きは今しかできない(たぶん)
  • 息抜きしていますか。息抜きは今しかできない(たぶん)