June 24, 2018

OLD次回、新ライヴ情報決定!!!!!

OLD次回、新ライヴ情報決定!!!!!

「永遠の始まり vol.2」
2018/8/19(sun)
start15:00
会場すみれ

詳細は後日発表



shinagawahiroshi at 17:06|PermalinkComments(0) 告知 関連 | ライヴ告知

June 11, 2018

OLD LIVE「永遠の始まり vol.1」無事終了

ライブに来て下さった皆様、

想いを馳せて下さった皆様、

また、OLDのお休み中に、
見守っていて下さった皆様、

そして見えないところから見守っていて下さった皆様、



皆様のおかげで良い時間になったと思います。


僕の中で、「永遠」は確かに始まりました。




音楽に耳を傾けてくれる皆様の姿は、

春の健やかな風に揺れる花のようで、

とても美しかったです。




どうもありがとうございました。

shinagawahiroshi at 17:04|PermalinkComments(0)

June 05, 2018

「永遠の始まり」について

僕は歌っている時や、

演奏している時や、

音楽を作っているときに、

しばしば「永遠」を感じるんです。



それは感覚的な意味での、
「永遠」です。


しばらく歌うことを控えていた時期に、
やはりその分だけ「永遠」を感じることは少なくなっていました。

僕が確かに感じていたはずの「永遠」は、
とても移ろいやすく儚いものであると知りました。





改に歌い始めた今、
こう思っています。

心の中に現れてはすぐに消えていってしまうものならば、

何度も、いつも、感じていられるように生きていけばいい。



それが終わってしまったように感じたならば、
また「永遠」を感じ始めてみればいい。



そして「始まり」をつなぎ合わせていくことができる限り、

「永遠」は真実であり続けると思うんです。







そのような心を込めての、

ライブタイトルです。





「永遠の始まり」

OLD
2018年6月10日




shinagawahiroshi at 22:39|PermalinkComments(0) 挨拶 関連 | 告知 関連

May 16, 2018

品川洋 ライヴ情報 2018/7//22

品川洋 ライヴ情報




2018/07/22(日)
札幌SOUND CRUE
「ソラカラ7th SP ドン・タカハシ 夜を迎えに行こう レコ発ツアーファイナル」
出演:ドン・タカハシ / 品川洋 / LOVERSSOUL / 他
OPEN 16:30 START 17:00
adv\3,000 door\3,500(+1D)




・チケットはメール予約となります
・チケットは発売中、予約受付はイベント前日までとなります
old.mail.info[at]gmail.com
(※[at]を@に置き換えてメールを送ってください)

メールタイトルに、
「7月22日チケット予約」
本文に、
お名前、枚数、を記入し送信して下さい
ご予約が成立した方のみこちらから数日中に返信致します

※予約して頂いた方は当日会場にて品川洋のライブを観に来たことを伝え、名前を伝えてもらえば前売料金で入場できます。


※アクセスはコチラからイベント詳細
http://www.soundcrue.com/access.html

ライヴ詳細
https://old47shinagawa.jimdo.com/live/

shinagawahiroshi at 06:37|PermalinkComments(0)

April 15, 2018

OLD ライブ情報 「永遠の始まり Vol.1」

OLD ライブ情報

「永遠の始まり Vol.1」



2018年6月10日(日)
「永遠の始まり Vol.1」
(12名限定)
open 14:30
start 15:00
2500円(1ドリンク付)
会場:すみれ(札幌市北区北18条西5丁目2-38サムティ北大前1F )
http://sumiresumiresumire.jimdo.com/

・チケットはメール予約となります
5月6日(日)の朝10時から受付開始
old.mail.info[at]gmail.com
(※[at]を@に置き換えてメールを送ってください)
名前、枚数(4枚まで)、予約するライブの日付を記入し送信して下さい
ご予約が成立した方のみこちらから返信致します



shinagawahiroshi at 09:57|PermalinkComments(0) 告知 関連 | ライヴ告知

April 14, 2018

復帰について

「復帰について」



1年程、喉の不調を理由に歌唱活動を休止していましたが、

しばらく治療に専念させて頂いたことで、
通常の活動に足る状態に改善できたと判断致しました。


間もなくライヴ活動等を再開させて頂こうと思っています。



治療に対して理解を示してくれたメンバーの大野、

見守って待っていて下さった、僕達の音楽を聴いて下さる皆様、

僕達の活動を支えて下さる皆様、


大変、御心配をおかけ致しました。


言語化し難い、
申し訳ない気持ちと、
感謝の気持ちを感じています。




音楽活動を行えない期間は僕にとってとても苦しいものでもありましたが、

自分の人生に対する覚悟や、
今後の活動に対してのより強く深い情熱を創り出す、
かけがえのない時間にもなったと考えています。



今後の活動に於いて、
かつてと同様に、
また、かつてよりも尚、
素晴らしい音楽をお渡ししていけたらと思っています。



OLD 品川洋

shinagawahiroshi at 06:53|PermalinkComments(1) 挨拶 関連 | 近況

March 01, 2018

近況 2018/03/01



明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

遅すぎますね。
もう3月です。


皆様お元気にしていますでしょうか?

僕は元気です。



札幌は今日、なかなかハードな天気ですね。

雪が吹雪いていて、風もとても強く、30メートル先が本気で見えません。


沖縄にお住いの方が、今日の札幌を見たら驚くでしょう、
いろんな意味で。

「どうして前が見えないのに車の運転ができるの?」

僕も未だに不思議です。
前の前の車のテールぐらいしか見えないのに、よくみんな事故にならず移動しているものです。。

人間ってすごいですね。



ーーーーーーーーーーーーー

2月にはまた治療旅行に大阪に行っていました。

素晴らしい先生の医療技術によって、

僕の喉の状態は良い状態になってきました。


もう通常の音楽活動、歌唱活動をしても問題ないだろうという領域に入ってきたと思っています。




長らく表立った活動は休んでいましたが、
もうそろそろ再開させて頂こうと思っています。



具体的なライヴなどのスケジュールはまだ発表できませんが、


この悪魔的な、むしろ神々しささえ感じさせるような、
雪が、
札幌から姿を消し去る頃には、
具体的な活動を再開できればと思っています。



大野さんとの演奏のリハーサルはもう始めていて、
今後の活動のイメージなどの打ち合わせも進めております。





楽曲制作も引き続き、徐々にですが進めております。










春が待ち遠しいですね。

shinagawahiroshi at 11:00|PermalinkComments(10) 近況 

October 30, 2017

渇いた噴水と、三羽の鳩

10月の渇いた噴水の周りの塀に僕が座ると

君はそこによじ登ろうとしながら
言葉にならない声で僕に自分を持ち上げろとせがむ

僕はそれを察して君の脇を抱え
僕の隣に座らせる


すると君は足をバタつかせ
嬉しそうに笑い、僕の顔を見上げる

単純化されたクマのイラストの描かれた
青いシューズが交互に空中を揺れている



噴水の中の地面には
くすんだコンクリートの粗い肌が露呈されていて

夏の跳ね回る水が
記憶の中で儚く輝いている




塀につけていた小さな手を自分の顔に引き寄せて
君は何かを見つめている

僕も見てみると
そこには一匹の虫がとまっている

まだ単四電池ぐらいの大きさの君の人差し指に
黒くて、細長いてんとう虫のような名の知らない虫がいて

髪の毛ぐらいの太さの脚をゆっくり動かしている


まじまじとそれを見つめている君に
「あ、虫さんだね、なんていう虫さんだろうね」
と僕は話しかける

少ししてその虫は指から滑り
地面に落ちて、石畳の隙間の雑草に紛れて消えてしまう

数秒君は落ちた虫の姿をキョロキョロと目で探したけれど見つからない

そうしているうちに目の前の噴水の広場に
一羽の鳩が飛んできて着地する


君はその姿に心を奪われたらしく
自分の胸の高さ程の塀に登っていたにもかかわらず
下も見ずに滑り落ちようとする

僕は慌てて君の体を支え
そっと石畳に降ろしてやる


鳩を目指して歩いていく君の前に
もう一羽、そしてもう一羽、鳩が飛んできて着地して
歩き出す


少し驚いたような表情を浮かべると同時に
歓喜のような笑顔が湧いて
「あーーっ」といいながら三羽の鳩に君は駆け寄る


そうすると鳩たちは一斉に羽ばたいて
君の伸ばした腕の先へ離陸し飛んでいってしまう


君の視線を追うように僕は見上げた


お昼前の曇り空の中、
公園の紅葉した木々の上を
三羽の鳩が翼を広々と羽ばたかせて飛んでいた

それぞれが有機的な線を描いて、
まるで時間を止めてしまったみたいに僕らの視線を釘付けにして。

shinagawahiroshi at 12:30|PermalinkComments(1) 子供 | 散文

October 27, 2017

近況 2017/10/27

10月も後半になって秋も深まり、冬の気配がしてきました。
朝は息の白さが濃密です。


9月にはまた大阪に治療に行ってきました。
具合の方は以前よりはまた良くなりました。
が、まだ活動に必要十分なところまでは至っていません、
11月の頭にまた治療に行く予定です。



ーーーー

9月に祖母が眠りました。

父方の祖母で、14歳の頃に母が家を出て行ってから、
ずっと家に通い面倒を見てくれました。
僕にとっては祖母であると同時に二人目の母でもあり、
とても大きな存在でした。



老衰による胃腸の不良によりほぼ意識を失ってから、
1ヶ月ほど頑張って呼吸をしてくれました。
その間に祖母のもとに通いながら、
幾つも心の中で会話ができました。



養子として農家の家で育ち、小さい頃から働き、家族の面倒をみながら大きくなり、
結婚をして子供を三人育てながらずっと働き続け、
60歳近くで引退してからも、
12人の孫を見守り、よく面倒をみてくれました。

祖母の昔の苦労話を聞くのが好きで、
いつも自分の人生への教訓として学んでいました。



最期の期間から葬儀が終わるまで、
家族みんなで彼女に孤独や闇が近づかないように、
できるだけの優しさで、精一杯の愛で、送りました。





ーーーーーーーーーーーー

葬儀が9月の中頃に終わってから、
そのすぐ後に大阪へ一人で治療に行きました。


大きな存在を失って、家族の賑やかさからも離れ、
大阪のホテルのベッドの上では、いつも真夜中に目が覚めていました。

耳の奥を柔らかく締め付けるような静けさのなか目を開けると、
重たい闇が僕の体を包み、
鈍い痛みを受け入れ続けていました。




今はだいぶ落ち着いて日々を過ごしています。


ーーーーーーーーー


曲作りは毎日のようにしています。


自分の原風景や、美意識の核を探しながら音を作っているので、
とても進行はスローです。

作業自体の熱消費量はとても多いのですが、
表面的にはとてもスローです。


風景ではない原風景、
言葉には表せない原思考、
みたいなものがあって、
心の中のどこかにあるそれらと呼応するように創作をしているので、
すごい緊張状態とすごい弛緩状態を同時に維持し続けるような、
変な時間が続いています。
緊張しながらリラックスしているような。




ーーーーーーーーーーー



最近はBeckの新譜をよく聴いています。

ここまで圧倒的に高いクオリティの新鮮なサウンドを聴いたのは久々の気がします。

かなり評価されるのではないでしょうか。






皆様、風邪などひかぬよう御自愛下さい。


shinagawahiroshi at 10:38|PermalinkComments(1)

August 17, 2017

近況 20170817


少しずつ少しずつ本格的な発声を取り戻していっています。

万全が目的なので9月にはまた治療旅行を考えています。


ーーーーーーーー

曲作りを進めています。

新たなソングライティングの領域に踏み出したいので、

なかなか一歩一歩が重いです。


道を進んでいくというよりも、
道を作っていく作業です。

今はどの土地にどのような道を作っていこうか、

眼前に広がる大地に目を凝らしているような時間です。



ーーーーーーーーー

北海道の夏はもう終わりに向かっているようですね。

お盆が過ぎて、

夜の風に合う上着を探してクローゼットに手を伸ばそうとしています。




ーーーーーーーーー
ポール・サイモンの新しいアルバム

Stranger To Strangerの
Insomniac's Lullabyという曲

とても美しい曲で最近よく聴いていました

70歳になってこのような作品を作れるというのは

本当にアンビリーバブルですね。


どのような生活習慣でいると、

こんな70歳になれるのでしょうか?

やはり青汁とかでしょうか?


健康というのは何より尊いものの一つですね。



皆様もご自愛下さい。

shinagawahiroshi at 21:52|PermalinkComments(2)