2008年02月20日

高橋源一郎さんのサンスポ人気コラムで「馬券会計学」が紹介されました!

いつもご愛読ありがとうございます!
「革命!新馬塾」塾長の丸の内龍太郎です。

先週末は取材のため、新馬塾の予想提供はお休みさせていただきました。

その2/16土曜、取材先の京都競馬場で、
寒さに震えながらパドックと馬場の往復を繰り返していたところ、
知人から電話が・・・

「丸の内さん、サンスポの高橋源一郎さんのコラムで紹介されてますよ!!」

「え!マジですか!?」

慌てて場内の新聞売り場でサンスポを購入し、
紙面をくまなく探したものの、
高橋さんのコラムは見つからず。。。

その後も何人もの方から同様のご連絡をいただきながら、
肝心の記事の内容を確認できない
もどかしさを味わいながらの競馬でした(苦笑)

・・・サンスポ、関東版と関西版では、
完全に紙面構成が違っているんですね。

東京の友人にお願いして同紙を確保できましたので、
ご覧になれなかったみなさんのために、
ここで改めてこのコラムを紹介させていただきます!



sanspo080216
(サンケイスポーツ2008年2月16日版(第16064号)紙面より)







〜以下本文より抜粋〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丸の内龍太郎さんの『馬券会計学』という本を読んだ。
ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者、山田真哉さんが、
友人としてこんな帯を書いている。
「彼は競馬で食べています。会計士ですけど」
こういうのを読みたくなっちゃうんだよね。
『馬券会計学』に書いてあることは、煎じ詰めれば、
「控除率25%の壁を破って、回収率をプラスに持ってゆくためには、
新馬戦・未勝利戦だけに狙いをしぼるしかない」というものだ。
丸の内さんは、それを実践して、この5年間の回収率は、
すべて100%を超えているそうだ。
おみごと。
ぼくの経験でも、一時期、新馬2戦目を中心に買っていた頃が、
ほとんど損をしていなかった唯一の時期だった。
「まことにその通り」と頷きながら、
「でも、新馬戦と未勝利戦しか馬券を買えないぐらいだったら、競馬はやれません」
と呟いた。
そもそも会計士になれるほど、自分に厳しい人間じゃないと、
その必勝法は無理ですから。
バレンタインS。
『馬券会計学』的に買ってはいけないレースかもしれないが、
・・・(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高橋源一郎さんといえば、
三島由紀夫賞受賞など
作家として素晴らしい功績を残されていますが、
競馬ファンとしては、
日テレ「スポーツうるぐす」の競馬コーナーでの
江川卓さんとの軽妙なやりとりが印象的です。

これを機に、ご本人と直接お話しする機会も
近々いただけるかもしれませんね(笑)

高橋源一郎さん、拙著をお読みいただき
本当にありがとうございました!

いつもブログランキングへの応援ありがとうございます。
↓ ↓ ↓
fc2 blog ranking




前週の「革命!新馬塾」は提供計5レースから、
8番人気◎オールフォーミーが快勝した土曜東京1Rで馬単72.9倍的中、
印5頭立てで馬連57.9倍を的中、
○△△3連複も296.5倍となった日曜小倉4R、
と2つの爆発を重ね、
降雪による影響を物ともせず、
悠々のトータルプラス収支を実現!

2008年の予想的中実績へ

しかしながら前週のハイライトは
何と言っても共同通信杯!
絞りに絞った下記の印5頭での勝負でした。

◎ 13 ノットアローン(7番人気)
○ 10 サダムイダテン(1番人気)
▲ 1 タケミカヅチ(5番人気)
△ 5 マイネルスターリー(11番人気)
△ 11 ショウナンアルバ(6番人気)


このレースは、
新馬塾が提供した「買い目の目安」としては見事なタテ目なのに、
なぜか会員の皆様からのお礼のメールが殺到する、
という前代未聞の勝負レースとなりました(苦笑)

予想見解やみなさまからいただいたメールなど、
詳しくはこちらをご覧ください。

2/11共同通信杯の予想見解へ


9月こそ回収率100%をわずかに下回ったものの、
10月から月間トータルプラス収支を継続中の「革命!新馬塾」。

相次ぐ週末の荒天も物ともせず、
回収率1000%超えの勝負レースを連発した1月は
月間回収率が180%を超えるなど、
年が明けて勢いはさらに加速してきました!

「革命!新馬塾」2008年的中実績へ


馬インフルエンザ騒動のせいで
デビューが大幅に遅れていた素質馬達が、
ここのところ続々と出走表に名を連ね始め、
いよいよ3歳戦の盛り上がりも最高潮に達してきました。

今年のクラシック戦線は、
「真打ち」の登場が軒並み遅れたため、
低レベルな重賞での「実績」など
全くアテにはなりません。

過去のデータなど既成概念にとらわれていては、
とても今年のクラシックでは馬券的中など覚束ないでしょう。

下克上の流れは、
間違いなくこれからも続いていくはずです。

暮れ以降ちょっと例を挙げただけでも、
阪神JFのオディール、
朝日杯のスズジュピター、
フェアリーSのメイビリーヴ、
共同通信杯のサダムイダテン、
きさらぎ賞のブラックシェルなど、
1番人気を裏切った馬は、
枚挙にいともがありません。

ちなみに2・3番人気あたりの馬の凡走率も
凄まじいものがあります。

この状況はまさに、
新馬戦から全馬の全レースを丹念にチェックしている
私の腕の見せどころ!

現在の未勝利戦ストック馬の充実振りと
例年のこの時期では考えられない
今の新馬・未勝利戦のレベルの高さを考えると、
いよいよ火が付いた新馬塾の快進撃は
まだまだ止まりそうにありません。

開塾以来の伝説に残る1年にしよう!という
大きな決意を心に秘めてスタートしたこの2008年、
ここまではまさにその通りの展開となっております。

今後の予想見解にもどうぞ大いにご注目ください☆

23日(土)から「革命!新馬塾」の新馬・未勝利戦をご体感されたい方は、
22日(金)午前中までにお申込ください。



前週の提供予想は全レース分、
直前情報も含めて新馬塾HP上で毎週完全公開中です。
予想の切れ味・着眼点の違いをぜひお確かめください。

前週の提供予想へ

2005年8月の開塾以来、
会員の皆様からいただいたメッセージも
よろしければご覧ください。

新馬塾HP「みなさまからの声」へ


<「馬券会計学」これまでの軌跡>

bakenkaikeigaku










拙著「馬券会計学」(KKベストセラーズ 780円)はおかげさまで、
競馬というマイナージャンルの本としては異例の
爆発的売上が続いています。

11月の発売直後から、
史上最速100万部を突破したお化け本「ホームレス中学生」などを交わし、
Amazonベストセラー総合1位獲得
紀伊国屋新宿本店の新書売上ランキングで2位などにより、
発売5日目にして早々と増刷が決定。

Amazon総合1位!

kinokuniya_2nd

kinokuniya2nd_photo







その後も、
ジュンク堂大阪本店の新書売上ランキングで6位、
三省堂神保町本店の新書売上ランキングでも7位に入るなど、
おかげさまで売行き好調で、
さらなる増刷も行われました!

sanseidourank

sanseidou7th






三省堂書店の公式ブログ「新書ガールズ」でも
錚錚たる本と並んでご紹介いただいております☆


どれもこれも読んでいただいたみなさまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

現在完全に供給不足となっており、
各書店で品切れが続出してご迷惑をおかけしておりますが、
最大手インターネット書店のAmazonには、
出版社の方からコンスタントに納入してもらっております。
もしどうしても店頭で見つからない場合は
どうぞこちらをご利用ください。

馬券三昧のボンクラ大学生だった男が、
一念発起して公認会計士になり、
そして5年前のある出来事をきっかけに
競馬で食えるようになるまで・・・

これまで経験した様々なエピソードや
恥ずかしい失敗談までふんだんに盛り込んだ、
前代未聞の「馬鹿な男」の半生を
ぜひお楽しみください☆

「馬券会計学」Amazonページへ


<無料メルマガ「今日の危ない人気馬!」NEWS>

ついに創刊以来のご紹介馬が
300頭を超えた当メルマガ。
いつもご愛読ありがとうございます!

目下4ヶ月連続プラス収支を継続中の「革命!新馬塾」に負けないよう、
これからもさらに面白い勝負をお届けしていくつもりです!

2005年の創刊から昨年度末までにご紹介してきた320頭の
通算成績は下記の通りとなりました。

・通算成績「51-51-46-172」(着外率53.8%)
・平均1.9番人気
・平均着順4.8着

危ない人気馬の見極めは
馬券で高配当を仕留めるための出発点。

「人気がある=堅い」という図式は
全くの幻想に過ぎません。

誰もが気付かないような危ない人気馬や
人気薄激走馬を見つけて勝負してこそ、
回収率100%という厚い壁を打ち破れるのです。

爆発的回収を実現するための出発点として、
メルマガ「今日の危ない人気馬!」
本年も大いにご活用ください!

また単に結論のみならず、
いかにして危ない人気馬をあぶりだすのか、
その根拠・見解をぜひ吟味してみてください。

誰もが買いたくなるような圧倒的人気馬に潜むリスクを、
調教過程やこれまでのレース映像・馬体・歩様などから、
いかに見出していくか。

いくら馬柱を穴の開くほど見つめたとしても、
レースやパドック映像を
愚直なまでに見続けることでしか、
得られないもの、気付けないことはたくさんあります。

おかげさまでついに2500名を超えた読者のみなさんが、
これからもっともっと競馬を楽しむ上で、
参考になるものがきっとあるはずと信じて、
これからもスリリングなチャレンジを
続けていくつもりです!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2005年6月の創刊以来のバックナンバーは
こちらから全てご覧いただけます。

PC版バックナンバーへ
携帯版バックナンバーへ

メルマガ「今日の危ない人気馬!」のご購読はもちろん無料です!!
まだ登録していない方はこちらからどうぞ

メルマガ「今日の危ない人気馬!」

携帯版「今日の危ない人気馬!」


今日もありがとうございました!

fc2 blog ranking


shinbaseikatsu at 12:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字