2017年07月13日

日光飛び入り観光で1250年に一度のチャンス

北陸高速道米山インターから1分
日本海の絶景が楽しめる酒屋「酒の新茶屋」

DSC_0354

久しぶりに長距離ドライブの日帰り旅を楽しんできました。
朝4時起き、帰宅午後10時45分
まずは、9時45分頃、
二年前に亡くなった姉のお墓参りに三郷市到着。
墓参をすませて三郷市から日光へ
と、思ったのは良かったのですが
何処をどう間違えたか
ナビのご機嫌がわるくて1時間以上道を迷って時間ロス
かなり強行軍でしたが、今回は世界遺産の日光を訪ねてきました。
まずは、以前から訪ねて見たかった
日光市の片山酒造さんへ

柏盛

蔵元さんには次々来客。
片山酒造さんの銘柄は「柏盛」
実は初代蔵元さんは当店と同じ柏崎市青海川出身
そんなわけでずっと気になっていたのです。
さすが、世界遺産の街!
外人さんが多い。
女将さんはしっかりタスマニア出身というお客様に
試飲の対応をされていました。
ん〜っ!これからの酒屋は英語は必須と
想った次第。
とっても感じの良いおかみさんと雰囲気のある蔵元さんでした。
訪ねた方もきっとご満足されることでしょう。
ちなみに酒蔵見学も対応していただけるとのことでした。
ぜひ、日光にいったら訪ねてみてくださいね。

DSC_0360

出発前の予定では改修の終わった東照宮を見るのが目的でしたが
三郷からの迷子の1時間以上ロスのため今回は断念
その代り、ここ
アメリカ大使館とイタリア大使館別送記念公園を
見学することに

DSC_0364

中禅寺湖の湖畔の森の中
雨に濡れた緑が綺麗!!!

DSC_0365

昭和3年にイタリア大使館の別送として建てられたもので
館内を自由に見ることができます。
檜の皮の壁などは独特な雰囲気でした。
ここでしばしお茶。
平日でほとんど拝観者もいないので
ゆっくりできました。

DSC_0376

大使館に向かう途中で見つけたお寺
日光を開いたという勝道上人が開山したという中禅寺
こちらには立木に根がそのまま地にある珍しい十一面立木観音像があります。
しかも…今回は開基1250年の歴史の中で
秘仏とされていた「吉祥天像」が御開帳されていました。
1250年に一度のチャンス!に遭遇できた幸運。
しっかりお詣りさせていただきました。

DSC_0381

中禅寺からの中禅寺湖と男体山

DSC_0379

鐘つき堂
願いをかなえながらが突くと願いがかなうというので
思いっきりついたら大きすぎてビックリ。
ちょっと欲張り過ぎたので願いはかなわないかもしれませんね(笑)

DSC_0385


最後に訪ねたのは「華厳の滝」
40年前に訪ねた時の印象はかなり薄れていましたが
40年後には100メートル下までエレベーターがついていて
かなりの迫力で滝を見ることができました。
ですが、この水量これで、少ないとのこと。
8月頃にはこの倍くらいにそうです。

東照宮には行けませんでしたが
思いがけず1250年ぶりに御開帳の秘仏に出会えた
とってもラッキーな開運旅でした。
今年は、乙宝寺などお寺にご縁のある年になりそうです。

















新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。

酒の新茶屋を3倍楽しめます!
酒の新茶屋の周辺ガイドページ

shincyaya_bor at 17:47|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

梅雨時のご近所ドライブ

北陸高速道米山インターから1分
日本海の絶景が楽しめる酒屋「酒の新茶屋」

CIMG0790

梅雨らしい霧雨&時折小雨の中
新潟からの知人を案内してご近所ドライブでした。
まずは柏崎市と上越市の境あたり
柏崎市小清水にある国重要文化財のある「大泉寺」へ
梅雨時の主役・アジサイが綺麗です。

CIMG0791

大泉寺の開基は今から1300年以上も前
茅葺の観音堂は江戸時代、今から460近く前に改築
このお堂には、日本最大の萩の樹の柱が使われています。
霧の大泉寺、こうしてみると幽玄です。

CIMG0793

境内にある西国33観音めぐり

CIMG0794

海岸から標高200mにある観音堂は
越後の名将・上杉謙信、上杉景勝らの信仰も集めた
由緒あり観音堂です。

CIMG0795

堂内の案内に改めて歴史のすごさを実感。

CIMG0796

この滝は上輪集落のはずれにある「白糸の滝」
目の前はすぐ海岸。
昔、修験者が滝行をしたといわれる

CIMG0797

笠島海岸を行く。
海の底まで透き通る。

CIMG0799

今回の超おすすめポイント。
笠島5号トンネル。明治32年に信越本線開通の時の単線のトンネル跡

CIMG0800

トンネル内は電気がないので暗い
出口の灯りが頼り
このトンネルは昭和40年代鉄道が複線化されるまで使われていました。
そういえば、息子がこのトンネルで小学生の夏休みに一晩キャンプに使ったことを
思い出しました。

CIMG0802

トンネルを抜けると東洋一の層内褶曲地層「牛が首」
東洋一というのに地元でも知る人は少ない。
海辺は大きな石(岩?)がゴロゴロ
独特な海岸風景です。

CIMG0804

遊歩道とありますが
今は面影もありません。参考までに

CIMG0805

トンネル出口。向かって左側に牛が首の
層内褶曲があるのですが
残念ながら画像の真ん中に廃墟と化した
トイレがあるのでご紹介できません。
とても残念です。

CIMG0807

市内大久保で明治時代に焼かれたという煉瓦
手作り感が貯まりませんね。

CIMG0808

笠島海岸に瀟洒な海の家(?)新築
ヤシの樹の植え付け作業中でした。

CIMG0809

笠島海岸 弁天岩

CIMG0811

浜辺に咲いた浜昼顔

CIMG0812

青海川海岸に来て谷根川にかかる
前ノ浜橋

CIMG0813

ちょうど越乃syu*kura号青海川駅停車中

CIMG0815

いつも反対から見ている
恋人岬から我が家を見る。

CIMG0816

恋人岬の弁天岩

CIMG0817

恋人岬駐車場から遊歩道があります。
少し山道ですが少し行くと絶景が!

CIMG0818

遊歩道案内板

CIMG0819

我が家からは見えない
岬の裏側。景勝・だるま岩
晴れていると柏崎市街方面の海岸が一望です。
ぎおん海の大花火をここから見ると
遠くですがそれなりに風情が・・

我が家(酒の新茶屋)周辺は海と、山の入り混じった
素晴らしい景色が楽しめます。
お近くにおいでのおりにはぜひ!
当店で案内マップご用意しています。
お気軽にお立ち寄りくださいね。

新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。

酒の新茶屋を3倍楽しめます!
酒の新茶屋の周辺ガイドページ

shincyaya_bor at 17:32|PermalinkComments(0)
Recent Comments
livedoor 天気