2020年10月21日

米子大瀑布の予定が・・・

新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

瀑布入口


定休日早起きしての長野行。
行先は国指定の米子大瀑布。

通行止め

ようやく入口到着!
と、思いきやいきなりの通行止め。
何ということ!

不動寺入口 (2)

正面

そこで急遽行先変更。上杉謙信公ゆかりという
米子滝不動寺へ。
入口にはパワースポットの幟が見える。
こういうの大好き!

不動寺入口

かなり由緒正しきお寺。
興味のある方は調べてください。
寺紋は六文銭。
ご住職さんは真田家ゆかりの御子孫のようです。

手水場

神社仏閣と言えばお清めですね。
ここでも新型コロナの影響で蓋が閉まっておりました。

馬頭観音

寺内の馬頭観音様

仏足石


仏足石。
こちらに上って願をかけると願いがかなうとか・・・
もちろん○○を願ってきました。

四角地蔵

不動寺の帰り道。
私の好きな石仏様に出会いました。

緋の滝看板

大瀑布は今回は諦めましたが
同じ須坂市に「緋の滝」をネットで見つけ。
急遽、そちらへ行くことに。

峰の高原遊歩道

ここは「峰の原高原」。
スキー場も近くにあります。





緋滝入口

緋の滝の入り口。
軽い気持ちで行っては見たものの・・・

熊棒

滝までの林道は秋の木の葉が小雪のように舞い降り
風情タップリと言いたいところですが
クマ出没注意とのこと
途中こんなもの(???)意味不明な「クマ熊」と書いた
鉄の棒がぶら下がっていました。
一体どう使うんだろう?

分岐

途中、滝までの分岐に来て更に道は険しくなりそうで
今日は装備もそれなりでないのであきらめることに。

ぬくいkimamana

飯山市温井にある
「ぬくい自由きままな仲間市 直売所」
えっ!ここもコロナでおお休み中。
本当に今日は本当にツていません。

気を取り直してそのまま飯山市照岡までの
みゆきのラインを走って
403号線に出て新潟県の上越市安塚へ直行することに。

宇津俣峠

新潟県と長野県県境にまたがる峠道
ここは信越トレイルのルート。

信越トレイル看板

県境大好き。
昔この道を走った時は
それは凄い悪路でしたが
道幅こそせまいですが全て舗装で快適でした。

山道

そこで出会った紅葉。

紅葉




米山遠景

最後に県境近くからの山道の途中に見えた
米山遠望。おぼろげな米山の姿にうっとりでした。

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。小さな酒屋のひとりごと


shincyaya_bor at 22:49|PermalinkComments(1)

2020年09月30日

日本百名滝「苗名滝」に行ってきました。

先月の村上市にある日本の百名滝の一つ「鈴ヶ滝」に引き続き
今月は同じく百名滝の一つ妙高市の「苗名滝」へ行ってきました。
入口看板

国道18号線から妙高高原の杉野沢方面に右折して
山に入っていくと間もなく苗名滝入口

堰

駐車場を降りると早速耳に水音が辺りに響き渡っています。
滝に向かった歩きはじめるとまず目の前につり橋
その脇はほとばしる堰の滝。

芭蕉

苗名の滝は松尾芭蕉も立ち寄り
句を残しています。

道

滝の途中の道にはところどころ
山肌から水が染み出ていて

滝の落ち口

滑りやすいので雨上がりの時などは
かなり気を付けて方が良いと思います。

あづま家

滝の目の前には休憩できるあづま家があります。

滝遠景

高さ55m 水量はかなり多くて
流れる川は逆巻いてかなり迫力あります。
落ちたら大変!

滝全景

滝つぼ


滝

更に上へ歩いて滝の近くへ行ってみましたが
足元が少し滑りやすいので不慣れなな山道なので
危険と思いここで引き換えることにしました。

大岩

山道の側面は機械で削り取ったような屏風のような大岩があちこちに・・

森の中

オゾンタップリ森の中の散策
久しぶりの清々しい感覚です。
チラホラ辺りは紅葉の気配がどこかにチラホラです。
さぞかし紅葉の頃は絶景かと!

喫茶店

思ったより楽に行ける滝でした。
入り口には蕎麦屋さんや喫茶店もあって
休憩スポットもあって気軽な自然満喫にお勧めです。

明日からまた日常に戻って頑張ります!



新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。小さな酒屋のひとりごと


shincyaya_bor at 20:58|PermalinkComments(2)  | 
Recent Comments