2020年01月27日

福島・山本不動尊ー小峰城日帰りドライブ

天守閣

お正月も半ばを過ぎてようやく2年ぶりの初詣に出発!
行先は、吉方位の福島県白河市方面。
初詣は棚倉町の山本不動尊。
その近くに新年NHK番組で紹介された小峰城もあって
これは楽しみなドライブコース。

崖

東北の小京都と言われる棚倉町にある
山本不動尊。

岩屋

東北三十六不動尊霊場

お参り

ご本尊は弘法大師の御持仏といわれる霊験あらたかな不動尊。
熱心にお詣りする人。

お堂

渓流を眼下にした圧巻の洞窟の中に祀られています。

階段

このお堂には100段以上の急な階段を登ります。
登る時はあまり気にならなかったけど
下りるときは一瞬足がすくみました。

蕎麦

初詣の後は地元の蕎麦屋さんで昼食。
「さらしな蕎麦」小丼と蕎麦の定食で1000円は手ごろでした。
蕎麦のつなぎは?と聞くと「卵」とのこと。
初めての蕎麦の味でした。

公園入口

隣町白河市にある「小峰城」。
敷地は公園になっています。

小峰城入口

小峰城入口。
出てきた方に「入場料は?」と聞くと
無料とのこと。

DSC_1057

この石垣とお城。
たしか今年のお正月のNHKの日本の名城番組で見たような・・・
素晴らしい石垣です。
総延長2キロもあるという石垣。
東日本大震災でへ9カ所も崩れたとのことで
復旧はまだ継続中。城の裏手にまだ修理前の石垣の石が並んでいました。

城内にも入らせていただきました。
沢山のボランティアの方が親切に対応してくれ
臨戦体制を整えた城の機能を満載した城内を見学。
戊辰戦争の際の砲弾の後の残る床板も残っています。

人柱の桜

この桜には、悲しい言い伝えがあって
初代白河藩主丹羽長重は、幕府の命により小峰城の城郭を築くことになったのですが
石垣は何度も崩落を繰り返したため、人柱として偶然父を訪ねてきた藩士の娘「おとめ」が
選ばれていまったといことです。
その後おとめの乙女の非運を悼んでりまことになりました。たまたま、父に会うためにやって来た藩士和知平左衛門の娘「おとめ」が、不運にも捕えられ人柱となったと伝えられています。
人々はおとめの非運を悼んで「おとめ桜」を植えたといいます。

この桜は初代から植え替えられたとのことですが
それでもかなりの巨木です。

当店「新茶屋の桜」と比べるために
一緒に写真を撮ってみました。

日帰り弾丸ドライブなので
ゆっくり楽しむことはできませんでしたが
思いがけない名城も見学できてよかった!

新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。

酒の新茶屋を3倍楽しめます!
酒の新茶屋の周辺ガイドページ

shincyaya_bor at 10:02|PermalinkComments(0)

2019年09月11日

根知男山の蔵元&秘境「上路」へ行ってきました。

渡辺酒造店
秋雨前線の影響で不安定な天候の中
久しぶりの酒蔵訪問です。

根知男山 看板

自宅(酒の新茶屋)から国道8号線をひた走り、
糸魚川市内から山側に左折して「根知谷」にある「渡辺酒造店」の
「豊穣蔵」を目指しました。

男山自作田

豊穣蔵の前の田は正に「豊穣の季節」を迎えていました。

試飲できます。


蔵内2


蔵内1

一階の販売スペース
二階は展示と試飲スペース

米玄米

試飲ルーム

懐かしいレトロな学校の雰囲気を模したという
設計は木の香に包まれて心地よい。

自社酵母仕込み

自社栽培と自社精米、その上自社酵母とここまで揃ったお酒は大変珍しい。
小さな蔵元だからこそできるこだわりの酒造りがそこにありました。

上路村中

「豊穣蔵」を後にして
今日のもう一つの目的地は「日本の秘境」として紹介してあった「上路」へ
車で約45分。

上路メインストリート

村の中心はこんな感じ。「山姥伝説の郷」らしい。

山姥人社入口

「山姥神社入口」。
天候不順の雨模様だったので今回は場所だけ確認。
イツカまた来たい。

県境

上路は新潟県ですが、村に入るには一端富山県に入ってから
入村ルートが一般的。富山県と新潟県を行ったり来たりでちょっと面白い。

今日は午後1時半に家を出て半日だけの行程でしたので
駆け足でしたが、蔵さんのすぐ目の前はフォッサマグナ公園。
蔵への途中にはフォッサマグナミュージアムと見どころ沢山あります。

越後地酒の関所「酒の新茶屋」 女将記










shincyaya_bor at 21:56|PermalinkComments(0) 日本酒 | 
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor 天気