2017年07月13日

日光飛び入り観光で1250年に一度のチャンス

北陸高速道米山インターから1分
日本海の絶景が楽しめる酒屋「酒の新茶屋」

DSC_0354

久しぶりに長距離ドライブの日帰り旅を楽しんできました。
朝4時起き、帰宅午後10時45分
まずは、9時45分頃、
二年前に亡くなった姉のお墓参りに三郷市到着。
墓参をすませて三郷市から日光へ
と、思ったのは良かったのですが
何処をどう間違えたか
ナビのご機嫌がわるくて1時間以上道を迷って時間ロス
かなり強行軍でしたが、今回は世界遺産の日光を訪ねてきました。
まずは、以前から訪ねて見たかった
日光市の片山酒造さんへ

柏盛

蔵元さんには次々来客。
片山酒造さんの銘柄は「柏盛」
実は初代蔵元さんは当店と同じ柏崎市青海川出身
そんなわけでずっと気になっていたのです。
さすが、世界遺産の街!
外人さんが多い。
女将さんはしっかりタスマニア出身というお客様に
試飲の対応をされていました。
ん〜っ!これからの酒屋は英語は必須と
想った次第。
とっても感じの良いおかみさんと雰囲気のある蔵元さんでした。
訪ねた方もきっとご満足されることでしょう。
ちなみに酒蔵見学も対応していただけるとのことでした。
ぜひ、日光にいったら訪ねてみてくださいね。

DSC_0360

出発前の予定では改修の終わった東照宮を見るのが目的でしたが
三郷からの迷子の1時間以上ロスのため今回は断念
その代り、ここ
アメリカ大使館とイタリア大使館別送記念公園を
見学することに

DSC_0364

中禅寺湖の湖畔の森の中
雨に濡れた緑が綺麗!!!

DSC_0365

昭和3年にイタリア大使館の別送として建てられたもので
館内を自由に見ることができます。
檜の皮の壁などは独特な雰囲気でした。
ここでしばしお茶。
平日でほとんど拝観者もいないので
ゆっくりできました。

DSC_0376

大使館に向かう途中で見つけたお寺
日光を開いたという勝道上人が開山したという中禅寺
こちらには立木に根がそのまま地にある珍しい十一面立木観音像があります。
しかも…今回は開基1250年の歴史の中で
秘仏とされていた「吉祥天像」が御開帳されていました。
1250年に一度のチャンス!に遭遇できた幸運。
しっかりお詣りさせていただきました。

DSC_0381

中禅寺からの中禅寺湖と男体山

DSC_0379

鐘つき堂
願いをかなえながらが突くと願いがかなうというので
思いっきりついたら大きすぎてビックリ。
ちょっと欲張り過ぎたので願いはかなわないかもしれませんね(笑)

DSC_0385


最後に訪ねたのは「華厳の滝」
40年前に訪ねた時の印象はかなり薄れていましたが
40年後には100メートル下までエレベーターがついていて
かなりの迫力で滝を見ることができました。
ですが、この水量これで、少ないとのこと。
8月頃にはこの倍くらいにそうです。

東照宮には行けませんでしたが
思いがけず1250年ぶりに御開帳の秘仏に出会えた
とってもラッキーな開運旅でした。
今年は、乙宝寺などお寺にご縁のある年になりそうです。

















新潟の地酒のことなら
酒の新茶屋

酒の新茶屋女将と笑売仲間の
福島の酒屋さん!
小さな酒屋 きしなみ酒店さんも宜しくね!
女将さんのブログこちらもご覧くださいね。

酒の新茶屋を3倍楽しめます!
酒の新茶屋の周辺ガイドページ

shincyaya_bor at 17:47│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
livedoor 天気