横浜4回戦YB2/1 観衆7,329
F200 000 000_2 11 1
YB100 000 11x_3 7 0
勝加藤 Sクルーン 敗江尻
HR YB仁志、石井琢

日・武田勝7-江尻1
横・吉見4・2/3-木塚1/3-川村1-那須野1-加藤1-クルーン1

時間3:19
横浜ベイスターズ

□総括(少し長め)
 きょうは久し振り(10試合振り)に先制された展開。それでも勝利収めることができた。それは1にも2にも粘り強さがもたらした。


 試合中も触れたが、吉見降板時期が1つのポイント。だが、今日の継投は大きな賭けだったと考える。それは
「9イニングで収めること」が当たり前のような継投であったこと。リードされているにもかかわらず。
 5回二死の段階での木塚、6回川村の継投は、相手にこれ以上失点を喫しないという強い意志の裏側に、普段より前倒しして《延長戦を想定していない》かのような継投であった。
 5回の時点でビハインドは1点。現に7回に同点に追いつき、8回に勝ち越せたからこの継投がズバリ当たり、滞りなく試合終えることはできたが、勝ち越せなかった時のことを考えるとゾッとする。
 もちろん。采配には意表を突いたり、思い切りのある起用は大切だし必要なこと。けれど首脳陣には、常に最悪なことを想定する《危機管理能力》も求められるのではないか。その点で、今日は上手くハマったが、強い警戒感は持たざるをえない。これは7回の代打鶴岡起用にも言えることである。


 試合内容に戻る。初回そつのない攻撃で2点先制されるが、仁志の今季4本目の先頭打者本塁打ですぐ1点返す。さらに下窪が2塁打で続く。無死2塁。
 押せ押せの場面だが、佐伯村田とも難しい球に手を出し、続かず。この時点で、日ハムとの野球の精度の違いを叩き付けられる。
 打線は、キレも制球も悪い武田勝を捕えられない。その佐伯村田は全くタイミング合わず。武田に抜群に合っていた仁志が3安打するも、得点に結び付けられなかった元凶。たまにはあることだが、《安打は打てなくとも主軸としての働きはしてもらいたかった》。

 そんな重い雰囲気破ったのが、先週に続く琢朗同点弾。ヒット続くことは期待できなかっただけに、極めて価値ある一発だった。8ウラ金城勝ち越し打も、このHRがあったからこそ。



 最大のポイントは8表。指摘したいのは加藤の無死満塁からの無失点ではなく、そのピンチになった要因。下窪。
 きょう3つのまずいプレー。
▼初回の小谷野の浅い飛球。勢いつけて捕球したにも関わらず、中継に投げたこと
▼6回。飯山右中間の当たり、勢いつけすぎて走り抜けてしまい後逸(記録は中2塁打かな)
▼8回。高橋のまた右中間への当たり。あとグラブに触れるか触れないかでやはり捕球できず

 メモでは下窪の守備力を疑問視したが、単にそれだけでなく、まだプロのレベルの打球(スピード、強さ、回転など)に順応できていないのではないか、ということ。これはノックなど守備練習では補い切れず、試合で積み上げていくしかない。

 さらにその8回は村田判断ミスもあり(工藤の情報不足)、満塁ピンチにはなったが、直球、変化球のキレは先発のそれではないため、下位打線を切ってとった。改めて、思い切りよい投球できる、中継ぎタイプの投手であることを認識した。

 最後に殊勲打金城。安打や本塁打の多さが目立つが、一番嬉しいのは
 『勝負強さの復活!!』
ここぞという時に打つのが金城龍彦という男。いよいよ本領発揮だ!


 交流戦を6連勝という最高の形で終えることができた。今の力に過信せず、一戦ずつ大事に戦ってもらいたい。
【長くなった割に、内容が無くて申し訳ありません。】
レフトスタンド
3塁側
1塁側
ライトスタンド

9ae52ef1.JPG
□全打席結果
△1表
森本/中前安
田中賢/
 3球目盗塁成功〈無死2塁〉
 /二ゴロ〈一死3塁〉
稲葉/死球〈一死1,3塁〉
高橋/左線適時2塁打YB0-1F
〈一死2,3塁〉
小谷野/右犠飛YB0-2F
〈二死2塁〉
工藤/空三振

▼1ウラ
仁志/右越え本塁打YB1-2F
下窪/右中間2塁打
佐伯/左飛
村田/空三振
金城/遊飛

△2表
稲田/左前安
飯山/左飛
武田勝/犠打〈二死2塁〉
森本/四球〈二死1,2塁〉
田中賢/二ゴロ

▼2ウラ
吉村/一ゴロ
石井琢/一ゴロ
相川/左線2塁打
吉見/一飛

△3表
稲葉/見逃三振
高橋/二飛
小谷野/中前安
工藤/一ゴロ

▼3ウラ
仁志/中前安
下窪/三犠打〈一死2塁〉
佐伯/死球〈一死1,2塁〉
村田/見逃三振
金城/三ゴロ

△4表
稲田/中前安
飯山/二ゴロ併殺打
武田勝/空三振

▼4ウラ
吉村/遊直
石井琢/一邪飛
相川/右飛

△5表
森本/中越え2塁打
田中賢/一ゴロ〈一死2塁〉
2塁走者田中賢
稲葉/中飛
高橋/四球
(投手交代-木塚)
小谷野/空三振

▼5ウラ
木塚-
代打小池/遊ゴロ
仁志/右前安
下窪/空三振
佐伯/遊飛

△6表(投手交代-川村)
工藤/左飛
稲田/三ゴロ
飯山/右2塁打
処理は金城
武田勝/遊ゴロ

▼6ウラ
村田/三ゴロ
金城/左直
吉村/右直

△7表(投手交代-那須野)
森本/中直
田中賢/右ゴロ安
稲葉/
 初球盗塁失敗
 /左飛

▼7ウラ
石井琢/右越え本塁打YB2-2F
相川/右飛
那須野-
代打鶴岡/右飛
仁志/中飛

△8表(投手交代-加藤)
高橋/右2塁打
>ね、下窪クン...
小谷野/左ゴロ安〈無死1,3塁〉
工藤/三前安〈無死満塁〉
>よく捌いたが
稲田/空三振
飯山/空三振
武田勝-
代打小田/遊ゴロ

▼8ウラ(投手交代-江尻)
下窪/空三振
佐伯/四球
代走野中
村田/空三振
野中盗塁成功、暴投〈二死3塁〉
金城/右前適時打YB3-2F
吉村/一邪飛

△9表(投手交代-3・クルーン)
(守備交代-2左・下窪/9右・内川)
森本/空三振
田中賢/空三振
稲葉/空三振
>試合終了


□メンバー
ファイターズ
1中  森本
2二  田中賢
3右  稲葉
4捕  高橋
5一  小谷野
6左  工藤
7三  稲田
8遊  飯山
9投  武田勝
*打  小田
*投  江尻

ベイスターズ
1二  仁志
2右左 下窪
3左  佐伯
*走  野中
*投  クルーン
4三  村田
5中  金城
6一  吉村
7遊  石井琢
8捕  相川
9投  吉見
*投  木塚
*打  小池
*投  川村
*投  那須野
*打  鶴岡
*投  加藤
*右  内川

審判
P秋村
1本田
2津川
3西本

□メモ
 下窪やっぱ守備力いただけない。不満。初回といい、6回といい

 1ウラひどい攻撃(怒)なんだ佐伯の打撃は。なぜ追い込まれたかのゆうな苦しい打撃を初球からしなきゃならない?ムードぶち壊し

 村田ミスショット多すぎる。

武田勝も調子最悪なのに捕らえられない、ひどい打撃。

なにこの継投。早過ぎ。

木塚は昨日も今日も体が重そう。球にもキレなし

愚痴っぽいですが、点差以上に試合展開も重いです。初回からずっと

★管理人生観戦試合速報
 きょうもライト立ち見です〜