こんにちは。ネコ・イケガミです。



秋晴れと思いきや、冷たい霧雨が降り始めた夕暮れにお洒落な若者が集う代官山へと足を向けました。

CAF
賞の作品を観るためです。

CAF
賞とは?

Contemporary Art Foundation賞の略で、学生を対象に若手アーティストの育成を目的としたアートアワード。そちらの入選作品が展示されているのです。


石フック



黒っぽい




全身パック




現代アートの展示ですので、おや?とすぐには理解できない作品も中にはあります。だけどそれが現代アートの面白さだと。

会場から一歩外に出た瞬間、いつもの街並みが違った風に見え、見るもの全てがアートのように感じる。
何気ない雑居ビルやゴミ箱でさえも。

作品=
ものをただ鑑賞しているだけでなく、意識までも変えてしまう、それがアートの面白さではないでしょうか。

今回のCAF賞ではアワードの財団会長を務めるなど前澤氏のコレクションも同時公開。前澤氏はファッション通信サイトZOZOタウンを運営する社長。今年5月に123億万円で落札して話題になったバスキアの肖像画も展示されていました。



バスキア





この作品の良し悪しはひとまず置いといて、欲しい作品は何としてでも手に入れたいと言うのは、かつて茶道具を命に代えてでも手に入れ守ってきた数寄者の武将たちにも通ずるところがあるのではないでしょうか...(言い過ぎかしら)

残念ながら、展示は終わってしまいましたがCAF賞は毎年開催されますので機会があればぜひ。バスキアの肖像画はこれから日本を離れ、世界のあちこちで展示される予定だそう。どこかの国でひょっこり会えるかもしれませんね。