金風という秋の季語に、
金木犀の香りや色づき始めた葉っぱを思います。

わたしは秋刀魚の皮がチリチリ焼けた音とキモが好きです。


こんにちは、ネコイケガミです。

 
IMG_2913


涼しくなると空気が澄んで、観月もいいですね。


先日、お茶会に行ってきました。


紅茶とサンドイッチのお茶会、

縁側で漬物をつまみながらほうじ茶を啜るお茶会、

古今東西いろいろありますが、
今回は抹茶と和菓子をいただく茶道のお茶会です。


十五夜が近かったので、お茶席ではお月見のしつらえでおもてなし頂きました。

 
IMG_2856


なんだか菓子皿のブツブツも月のクレーターにみえてきました。

これを茶道では“みたて”と言います。

本来の使い方とはちがうものを見立てて使うことです。 

 

ぼ~っとしていたら、ご亭主(お茶会の主催者)から、
花所望があり慌てふためくネコ。


IMG_2857


お客様はお菓子とお茶をいただいて終わりかと思いきや、

茶道のお茶会では、花所望という、客が床の花をいけるお作法があります。

 

ば~ん

 
IMG_2847


お粗末様でした。

 

さて、中秋の名月というと十五夜のほうが有名ですが、
ひとつきあとには次に美しいと言われている十三夜が見られます。


別名“栗名月”とも呼ばれ、この時期に取れた栗をお供えして観月するそう。

満月ではなく8割がたのお月様を愛でるこの名月は、今年は1021日にあたります。


秋の夜長に栗のおまんじゅうでもいただきながら、
お月様をながめてみてはいかがでしょうか。