MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得するための情報をお伝えします。

MOSとMCASの違いについて

MOSとMCASの違いについて

MOSとMCASの違いは、ずばり、Officeのバージョンの違いです。
Offcie2003以下のバージョンは、MOS
Offcie2007のバージョンがMCASです。
今日現在ということであれば、Offcie2003以下のバージョンを使用している企業のほうが多いと思いですね。。企業どおしでファイルをやり取りする場合でも、今現在であれば、安全性を見て2003以下バージョンでの形式で受け渡しする場合が多いと思います。


Officeを活用するのが1年以内であるのであれば2003以下のバージョン(=MOS)
Officeを活用するのがもっと先であれば、2007バージョン(=MCAS)

を取得するのがいいいと思います。
今現在でいうならMOSですね。


>>MOSでもMCASでもここならばっちり対応できます


参考サイトはこちら
エクセルのマクロを活用しよう
エクセルのグラフをマスター
就職、転職時の自給、年収を上げる方法

MOSの試験概要

MOSの試験概要

MOSはパソコンのインストラクターになりたい方であれば
必須の資格です。

MOS(Microsoft Office Specialist)の
試験概要はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの
いずれか1つの試験に合格すれば
Microsoft Office Specialistの称号が与えれます。

昔はMicrosoft Office User Specialistを略してMOUSと呼ばれていました。

MOSはスペシャリストとエキスパートの2つのレベルがあります。


>>MOSの対策はこちらから


参考サイトはこちら
パワーポイントの使い方
エクセルの関数をマスター
エクセル2007を究める

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は
市販のテキストと練習問題を3日もやれば取得できます。
定番のFOM出版の問題集を使えば短期間で勉強できて合格率も高いです。

単なるWordやExcelの操作をしているかどうかだけのレベルです。
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリストの資格テストは
実際にパソコン画面での操作を行う試験になります。


>>MOSを取得するなら、ここ


参考サイト
マイクロソフトOfficeの使い方
マイクロソフトOffice2003とマイクロソフトOffice2007
ワードとエクセルの使い方