新池日記

東京都某市に生息する新池が、日常と非日常を書き留めたブログ。

PWC兼ゲームデー


優勝したので記事を書くことにしました。デッキは使い慣れたNaya Blitz。

1回戦:エスパーコントロール ○○
1本目は相手が序盤動けないハンドをキープして圧勝。2本目は相手の白マナが出ず。
この後、フリープレイしたところこちらが盛大に事故って悲しくなる。

2回戦:ドラントークン ×○×
トークンというよりはAristocratsのファルケンラスがヴァロルズに代わったイメージ。
3本目、血の芸術家に打ち込むべき火柱を横の若き狼に使ってしまい、ダメージレースがグダグダになって敗北。悲しくなる。

3回戦:ナヤ ○○
1回戦で赤い土地を見なかったので2色かと思ったらナヤだった。
しかし普通にぶん回って勝利。

4回戦:ナヤ ○×○
2本目はワームトークンにゴーア族とボロ茶が乗って18点で瞬殺される。
3本目、相手が殴る→ドムリを出して反攻者との格闘で2体始末、をやってきた返しにゴーア族で頓死させる。しかし実は反攻者と相手の強打者を格闘させていたらこちらのライフを削りきれていた罠。相手のミス。

5回戦:ステロイド ○○
なんだか知らないが思ったより楽に勝てた。

6回戦:バントコントロール ○○
これも一方的な展開。2本目は相手残り8で評決が決まったものの、精鋭+やっかいもので5、もう一度殴って精鋭が通って4からボロ茶でフィニッシュ。やはりボロ茶は強い。2-0続きで調子に乗る。

7回戦:赤単t緑 ×○○
IDできず。5回戦より高速寄りのデッキ。一進一退の殴り合いが続き、最後は地獄乗りが出たら即死する状況になりやばいかと思ったが飛んでこずセーフ。反逆の印で一気に殴りきる。

以下、top8。
QF:ドラントークン ○○
2回戦と同じ人。
1本目は圧勝。2本目は血の芸術家が2体並び、相手のクリーチャーが全滅するとこちらが死ぬという不思議な状況になったものの、生け贄エンジンも除去も飛んでこず、ガンガン横に並べてチャンプされても血の芸術家の誘発前に残りライフ15点を削りきれる状態になり勝利。

SF:呪禁バント ○×○
1本目は圧勝。2本目は圧敗。3本目は圧勝。まあそういうデッキだよね。

Final:呪禁バント ○×○
1本目は圧勝。2本目は1マリガン後1ランドをキープして土地が来ず。
3本目、押していたものの相手にドルイドの講話を打たれ、復活の声トークンが2体と復活の声が並ぶ。こちらは3/3の群れなので、そのままなら相打ちを取られる状況だったが、火柱を今引き。そのまま押し切って勝利。

火柱って強いね!7回戦で流城の貴族が3/3になった直後に引いてきたりしたけどね!

HOJ Contest 3


第1問 "Small Windmill"
適当に書いて14B、ちょっといじって13B(Best)。
第2問 "Megane"
20Bでクリアした後縮めて19B、別方針も試したがやはり19Bで縮められず。次へ。
第3問 "Herbert Kart"
適当に書いて適当に圧縮。
第4問 "Four Balls"
初めは28Bでsolve、その後経路変更して23B。Bestまであと1Bを縮めようと頑張ったが無理。
第5問はsolve者がいなかったので飛ばす。
第6問 "Windmills"
想定経路わかんねーと思いながらなんとか収めた。
第7問 "Kousaten"
正方形をいっぱい書いて戻る感じ。
第8問もsolve者がいなかったので飛ばす。
第9問 "59 shou tasu amari..."
タイトルの通りに実装。まだ縮みそうだったけど面倒なので次へ。
第10問もsolve者がいなかったので第5問に戻る。
第5問 "Many Squares"
とりあえず外枠+αを回収するコードを書いて、byte数に余裕があるので無理やり残りを回収。
あとは風呂って、第3問にpXqを使って、他の短縮を探したものの見つからず。
5位でした。圧倒的な短縮力の差。みょーん。

空欄補充問題


http://ameblo.jp/muridai80/entry-10991308841.html
『「無理題」に遊ぶ』というブログに掲載されていた,早稲田大の現代文の過去問が,twitterで微妙に話題になった.自分なりに解答してツイートしてみたが,今回はそれについて述べたい.

まず本文を一読してみたが,はっきり言って意味が分からない.選択肢を読んでもますます混乱するばかりである.各空欄に入る選択肢を選んでみようとしたが,中々過不足なく使うのが難しい.
そこで,各選択肢がどこに入りうるかを考えてみた.

まずイである.何の変哲もないように見えて,どこにでも入りそうな気もするし,特にどこに入る理由もないともいえる.強いて言えばFかとも思えるが,後回し.
次にロ.時代,というキーワードが出ているのはBだが,その後にうまくつながらない.Fの前,「この天才には自己認識がない」という文章と近いだろうか.だとすればFになるが.
ハはどうだろうか.ボッケリーニって誰だよ,と思うが,とりあえず「モーツァルト的と言われるものは実はモーツァルトの特徴ではない」という意味だろうから,AとBの間の記述がこれにあたる.AとBのどちらかとして次に進もう.
ニも同じように,「モーツァルト的」は「誤解」だと言っているのでその周辺に入りそうだが,問題になるのは文頭の「ただ」である.これはAの前,「崇拝というものは,それだけのことである」を,「崇拝は学問的議論とは違うのだから,論理性を多少欠いても構わない」という意味に解釈すると繋がる.Bでは無理だろう.「これに基づく」を重視すると,第二段落「現実離れした不合理な行為」を受けてEに入れたくなるが,これも「ただ」が意味をなさない.これでニがA,ハはBとなる.
ホは迷うところだ.モーツァルトの音楽自体について述べているのはCだし,人間性との関連になればDやEとなる.Fも単独で見れば不可能ではない.後回し.
ヘはやはり文頭の「それ」がポイントだろう.後の文章から見て,「それ」はモーツァルトの人格と,生活とを結び付けようとする分析を指すものである.これは第二段落前半と対応する.「人間モーツァルトと音楽家モーツァルトを引き離すあらゆる作業は(中略)不合理な行為なのだ」とあり,一見選択肢と矛盾するようだが,人間モーツァルト→人間的な実生活,音楽家モーツァルト→天才的な音楽,ということではなく,モーツァルトはその音楽が語るような人間であって,生活はそれとは関係ない,ということだろうか.そう解釈すると選択肢ホともつながる.
さて結局何をどこに入れるかだが,上述の分析から言って,ホとヘをDとEのいずれかに入れたい.個人的にはヘがD,ホがEとなった方が据わりが良いように感じる.イとロは先日のツイートではCをロとしたが,読み返してみるとCにイを入れた方がまとまっているような気がする.

詳解,正解にはどのような解説がついているのかも気になるところだ.

体育祭?


いちにちめ
・自前テントとか新しい
・と思ったら教師や体実が来て撤去
・チョコレートケーキ(主成分:スーパーK)を食す

くうはくのいちにち
・結構人がいない
・自習なしは先生が頑張ってる
・午後とかみんな帰りすぎ

ふつかめ
・少し人がいない
・6号館が快適
・クーパーがさすがだ
・青は負けフラグを順調に回収した

駿台東大実戦模試&河合東大即応オープン


駿台:英語が大変残念。数学が残念。理科が覚醒。
河合:数学が残念。
駿台の理III掲載ライン切った。数学問2とか問4とかもっと部分点貰える解答ができてたのに書いてなかった。

一応いずれも理IIIA判は取ったっぽい。

やっぱり自分は違う方針を探すよりもっと突っ込むor放置するべきだと思った。

第3回特別考査2日目


数学:鬼だった
大問1:絶対値を含む関数 C
大問2:平面図形・三角関数 D
大問3:平面図形・ベクトル C
大問4:数列・a_nとb_nの漸化式 C
大問5:一次変換 C
大問6:積分で表される数列 B

国語:知らん
古文が前回よりまともだったことはわかるが
難易度評価とか問題だけじゃ不可能だろこれ

第3回特別考査1日目


難易度は(Easy)A-D(Lunatic)で。ただし主観

・物理 わりとかんたんだった
大問1:力学、単振動 B
大問2:熱力学、気体分子運動論 B
大問3:電磁気、コンデンサーと導体の挿入 B

・化学 ↑のおかげでこっちに時間を割けた
大問1:凝固点降下 B
大問2:分子量測定 C
大問3:反応速度 B
大問4:電離平衡・溶解度積 C

・英語 むずかった
英語I 1:小説 B
英語I 2:段落整序 C
英語I 3:リスニング D
英語II 1:医学系文章 C
英語II 2:医学系文章 C
英語II 3:空欄補充 B
英語III 1:空欄補充 C
英語III 2:和文英訳 C
英語III 3:自由英作文 C

ごだーん

3750eb1c.png


「お前は何をやっているんだ」と言われそうですが。
五段&特上昇格ですよ?

正直帰ってきてからの調子がチートだった。うん。

はあ


帰ってきた新池です。

・向こうは涼しい
・モノポリーを覚えた
・ウミガメのスープ
・四則は良い
・10以上ポーカーは熱い
・帰ってくると東京が暑い
・雨が降るとそうでもなかった

・民主が強すぎる

明日から


しばらく旅に出ます。探さないでください。
いや、だからどうということはないんだけれども。

帰ってきたら何か書くかもね。
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ