我が家の元気すぎるお嬢さん…
少々やんちゃが過ぎまして…
人様の車を傷つけてしまいました。
事故でも故意にでもなく、喧嘩して暴れて、感情のコントロールができずに衝動に任せるまま蹴っていたという、お粗末な事件です。
お相手は被害届は出さないけど、車をきちっと直してくれとのこと。
当然ですね。
被害届がないだけでも、ウチの子にはありがたいことです。

実は、一緒に蹴った女の子がもう一人おりまして…
警察を通じて「代金は折半で」との話はついているのですが、何しろ相手が見えない。これは凄く不安です。
あちらのお嬢さん、現在家出中で、親御さん手を焼いてるご様子。
ウチのお嬢は入たく反省しておりまして「絶対、返します。ごめんなさい。」と、お相手の親御さんへの謝罪へも来るのですが…
あちら「連絡つかないし、私たちが言っても来ないと思います。」とのこと。

「弁償する」と軽く言ったそうですが…アルバイト程度の収入でなんとかなる金額ではありません。
本人は、親がいなくとも自活できているつもりなのでしょうが、結局は、親が後始末をすることになる。好き勝手したいなら、自分でしたことの責任もとらないとね。
親が自分のことで頭を下げるところ、どのくらいのお金がかかるのか、自分の目でしっかりみて、自身も自分のしたことをお相手に謝罪するべきですね。
お嬢の後輩ですので、お嬢に誘ってもらうようにしています。
来てくれるといいんだけど…。

ところで、この度、お嬢の免許取得にともない、車を買うつもりで、5月に某ディーラーに見積もりを出してもらってました。
そのためにコツコツと貯金もしていまして、ようやく頭金になるまとまったお金ができたところです。
それが今回の事件で、きれいさっぱりなくなることになりました。笑
マイカーよサラバ(。´Д⊂) クスン

某ディーラーを再び訪れようと思っていた予定日が8月10日
お嬢の事件が8月7日
このタイミングが凄すぎる!Σ(゜д゜lll)

もうすっかり車をあきらめて、また一から頑張ろうと思っているのですが、昨日の午後のこと…。
その某ディーラーの担当から電話がありました。
ああ…私はもうあなたのお役には立てないのよ。と悲愴の中、電話を受けたのですが、相手の言うことが、ちょっと変…。

「この度は、ウチの娘が大変ご迷惑をおかけしました。」

なんのこと?
「娘さんと一緒に車を蹴ったの、ウチの娘です。」

え!えええええええええええええええええ!!
( j ! j j j j j j j j j j j j j j j j !!!)

世間が狭くてびっくりするわ。
と言うより、私たちはやはり同じフィールドの中でグルグルと生きているんだと思いました。
すべての出会いは偶然ではなく必然なのですね。
見えない相方の姿が見えて、今後は凄く心強くなりましたが…
それでも担当さん、私…現金消えるのよ…車買えません。
とほほ…。