20140824214811
 
私の愛用カードを改めて…


 
《アームズ・ホール》  
通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。 自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。



こんばんは。穴(直球)を愛用している変態糞ファンデッカーのセブンです。


アームズ・ホールくんはゆるゆるガバガバなサーチ範囲を誇る魔法カードです。なんと装備魔法なら何でもサーチできてしまいます。通常召喚できないデメリットはかなり重いと思われがちですが、そもそもその装備魔法が「モンスターを特殊召喚する効果」を持っていたらどうでしょう。


装備魔法は3つの効果を持つものに大別できます。



・装備モンスターの攻守アップ、ダウンや戦闘に関するもの 

・モンスターのコントロールを奪うもの

・モンスターを蘇生(帰還)するもの 



特に私がアームズ・ホールのサーチ先として推していきたいのが、 3番目の「蘇生・帰還」を可能にするカードですね。


1824
 

516r6ZeiOdL
 

6fb12baa
 

513COIZmjNL
 

30万アクセス突破記念デッキ☆こんなん捕食植物生えるわ【アームズプレデター】でも触れたカードがありますね。 これらのカード並べるだけでワクワクします。単純にこういう蘇生帰還系の装備カード強いんですよ。早すぎた埋葬が禁止カードなのが良い例で、その後追いとして作られたのが上のカード達です。


「装備魔法」 という名前を借りながら、効果自体は「モンスターを蘇生・帰還し、その足枷としてこのカードを装備しますよ」という後付け的なもの。既に場にいるモンスターに装備する装備魔法とは毛色が違って、運用方法も全く変わってきます。でも結局装備魔法だからアームズ・ホールでサーチできるよ!



これらのカードをアームズ・ホールでサーチするのは私が好きな戦術なのですが、もう一つアームズ・ホールを活かせるデッキタイプがあります。「そもそも通常召喚にそこまで頼らないデッキ」です。具体的な例を挙げると…


c6c91594


そう、発売前から巷で話題になっている【LL】です。前回の記事で触れたように私も組もうと考えているのですが、このデッキはそこまで通常召喚に頼らずともランク1を展開でき、且つ装備魔法と相性が良いデッキです。

9ccad4903654cedb393f250b2145dc3e


DOCS-JP064


既にこれらのカードが採用候補に入っているワケです。私は思い切って、アームズ・ホールでこの2枚をサーチできるようにした【アームズLL】にしようと考えていますから。片やエクシーズ素材の数によって打点アップ+戦闘ダメージ倍、片やいきなり最大2000打点アップです。もう組む以上一気にワンキル狙う以外無いと思うんですよね。 


通常召喚を捨てる勇気さえあればワンキル力は高まると思います。アームズ・ホールのコストとして地味に付いてる墓地肥やし効果も相性は良い。結構現実的な目線で見られてると思いますけどね。




あとついでに。アームズ・ホールの魅力は装備魔法の「サーチ」だけではなく 「サルベージ」もできるところなんです。思いっ切り積みたい装備魔法はガン積み+アームズ・ホールで、アームズ・ホールにさらなる拡張性を持たせたい場合にちょっとした装備魔法を1枚挿してサーチ・サルベージで都合良く使うという芸当が可能なんです。スロットに優しい。





20140824214811


あまり使ってる人いませんけど、私は1枚で何役もこなしてくれるスーパーパワーカードだと信じて疑いません。【LL】組みたい人は持っておくのが吉だと思います。仮に【LL】で使わなくても、いつか装備魔法を使いたくなった時に使えるカードとして激烈に推しておきます。