ff3343c6.JPG渋谷に55年続いたロシア料理の店があります。東急文化村からO−EASTに抜ける坂の左手に蔦の絡まる古いお店。ここがサモワールです。ロシアの湯沸かし器を意味するようですが、寒い地方では昔からサモワールがとっても重要だったんだと思います。ロシア料理といえばまず頭に浮かぶのがボルシチですが、フランス料理にも影響を与えているというビーフストロガノフ(写真)を頂く。ストロガノフ伯爵が19世紀に考案したという料理のことはバブルの頃にその存在を知ったと思います。何となくドミグラスソースベースの牛肉の細切りにサワークリームをかけた食べ物という認識がありました。それはそれで間違っていないのかも知れませんがここの物はちょっと違います。はっきり言って白いです。まあサワークリームで煮込んだのだから白くて当たり前ですが。そして味の方は懐かしい味がします。19世紀、サンペテルスブルクの小さな下宿で近所の世話好きの小母さんが夜食に食べさせてくれた。そんな感じの味がします。今度はボルシチ食べたいです。
「サモワール」
東京都渋谷区道玄坂2-22-5 tel 03-3462-0648
18:00〜23:00(日祝日定休)(予算3000円くらい〜)