今日は天気が悪くてめげた6月のリベンジに、箱根へ出かける事にしました
ただ、先週の時点で天気予報を見たときはあきらめモードだったのですが
何と梅雨明け宣言が出ちゃいました、これは出かけるしかないですね。
好事魔多し
天気の他にも一つあるんですが、sugarさんから突っ込みが増えるだけなので削除
まあ、自分はこんな時「これで厄落としが済んだ」って思う事にしてます(^_^)

2CA3H0032

写真のように完全に曇り空からのスタートだったんですが
高速に乗り諏訪湖のあたりまで来たら青空が拡がってきましたよ
しかし、今日の天気はコロコロ変わり、山梨に入るころから
また下り坂、甲府市に入った辺りからシールドに水滴が!
このまま降られると合羽着るヒマもないので迷いましたが
とりあえず目的の一宮御坂まで先を急ぎました
しかし、この後は山に向かって行くわけで、不安はさらに大きかったのですが...
ところが、御坂トンネルを抜け河口湖側にでたら、、どぴーかんじゃありませんか!
この後は雨の心配は不要で過ごせました

御殿場からはほとんど初めての道で、ナビが無くて不安でしたが、
何とか大観山に到着、関係者がいないのを確かめて椿ラインを下ります

椿ラインの入口には8時30分ころ到着したんですが
思惑と違い誰もいません??
まあ、場所が間違っていたとしても道は間違っていないはずなので
ここで待つことにしました
しかし、待てど暮らせど誰も現れません
不安になり始めたころようやくSRXが姿を現しました
どうやらスタートが少し遅かったようです
7812827_1210403672_68large
スタート前、寄り添ってくれたZEROさんとつねおさん   photo by ちーさん
ここに来るまではどうもリズムに乗れなくて
「今日はゆっくり」と思っていたんですが、スタート直後は
上りだったこともあってか、いいテンポで走り始めることができました

まあ、1/4も行かないうちに一般車に追いついてしまったので
のんびり走っていた区間の方が長かったですが、慣れていない道ですから無理は禁物
2CA3H0040
大観山PAにて
大観山PAはたくさんのバイクでごった返している、といった状態です
あらためてみなさんにご挨拶、ですが、2回目の参加では名前を忘れてしまっている方、初めてお目にかかる方等が多く、結局顔見知りのメンバーとの交流が主となってしまいました。少々もったいないですね
ここでyuiさんが合流、このあとどこかのイベントに出かけ、亀石で再合流と申していましたが...
相方のおぎんさんは亀石へ直接いかれるそうです

前回は初参加にもかかわらず、地図帳は忘れる、霧で何も見えない、等々
正直2回目の今日はコースを勉強中(^_^)

置いていかれるとたどり着けなくなりそうな恐怖から
ここからのスタートは先行するZEROさんの後を追って早々にスタート
しばらく行った先の交差点を左折、ターンパイクに入っていきますよ、
前回はこの有料区間は走らなかった記憶ですが、今朝の逆走時その先の路面が荒れていて
イヤだったことを思い出し、素直に付いていきます
しかし、料金ゲートで財布を出すのに手間取っている間にZEROさんスタート
あら、置いてかれてしまいました、まあ、ここから伊豆スカイラインの入口までは
地図で見る限り迷う道では無さそうです

伊豆スカの料金ゲートで追いつきましたが、3台ほど「お先に行きましょう」
だったんですが、トイレ等でうだうだしていて足を引っ張りそうだったので
先行していただき、自分はMcCourtさんらを待つことに、
程なく本体が到着

揃ったところで伊豆スカイラインスタートです
ここはその気になると自分的には完全なオーバースピードになってしまうのですが
今回は一般車が適度に入ってくれたおかげもあり、気持ちよく走ることができました
2CA3H0042
亀石PA、スタート時の写真しか...
亀石ではMcCourtさんからの「そらいろ号乗ってみます?」というお言葉に甘えて
交換試乗させていただきました、ついでに自分のSRXには「極悪号」との命名が...
あのー、乗ってるのは極悪親父かもしれませんが(違う!)バイクはいたってノーマルですよ!
バイアスをはくSRXには「ヒラヒラ感が」という言葉がよく使われます
ラジアルにしてしまった自分の極悪号との違いを感じたかったこともあって楽しみなそらいろ号の試乗でした
 感想は、感激するほどの違いは感じ取れませんでした
まあ、自分は「バンクさせて曲がる」という昔ながらの乗り方なので大きな差を感じなかったのかもしれません。(単に感性が鈍いという話しもあり<笑)
でも何台か試乗させていただいたキック式の中では1番素直な操縦性だった気がします(ただしフロント18インチは初めて)
自分のSRXへの感想はTMキャブの貼り付き以外は問題無かったようです

その後峠の茶屋に到着し、バイクを並べようとしている時
目の前でsugarさんが立ちゴケ、ギアを間違えてエンストしたみたいです−南無
幸いたいしたダメージは無かったようですが、大事なTRXご大切に
2CA3H0046
いつもながらこれだけのSRX、壮観です
中にはいると、いつものごとく? 囲炉裏に火が入ってます、しばしの後自分は囲炉裏から離れることにしました
2CA3H0045

ここではMcCourtさんの隣になり色々とお話しすることができました
前回はここで合羽を着る天気だったんですが、今回は全く心配なさそうです

帰路はどうなるの? 後をついていきますよ!
帰路も、まず亀石PAで休憩です
この時イベントに出かけていたyuiねえ様が巨大な荷物を積んで登場
おぎんさんからも、「湯けむり邸に寄っていきませんか?」とお誘いを受けました
正直かなり迷ったんですが、既にこの時間予定より押してます!
せっかくのお誘いでしたが、今回は辞退させていただいちゃいました
帰宅した時間と、お邪魔したら根が生える自分の性格を考えると辞退して正解だったと...

伊豆スカの出口では「箱根新道の出口に寄ります」と伝えたんですが、分岐で迷っているうちにR1を直進してしまい、中途半端なご挨拶で離脱となってしまったことが心残りです、どうやら状況も分かったので次回は最後までご一緒します(いつですかね?)
2CA3H0054
帰路の芦ノ湖で遊覧船に見とれてパチリ

御殿場でトリップを確認すると、どこかで給油が必要そうです
案の定ここから富士五湖方面はかなりの渋滞ですが、バイクの特権を利用して
信号のたびに少しずつ前進します
ようやく富士五湖有料に乗り、しばし快適に飛ばしますが、出口で小トラブル、なんとゲートが開きませんでした、
安心しきっていたので少々焦りましたが、カードを外して料金所へ持参しました
今回はETCをウェストバッグに入れてお腹の部分に設置していたのですが、朝からゲート通過5回目までは問題なかったのに最後の6回目だけトラブりました??

箱根は本当に良い天気だったんですが、帰路は朝と同じで不安定ですね
御坂峠はフルウェット! 寸前まで土砂降りだった雰囲気で、前車の巻き上げるしぶきがすごくて車間が必要だし、怖くてアクセルが開けられず登坂車線で抜かれる始末...orz

甲府市内まで来ると、道路は乾きましたが、逆にシールドに水滴が..
その後も結構長くその状態が続きましたが、暑さしのぎのミスト程度で塗れるほどの降りにはなりませんでした。

その後、道の駅白州 で小休止後20時少し前に自宅に到着
最後の方でリザーブになったりならなかったりでしたが、給油無しで帰りました、トリップは約350km、後半燃費はメータ読みですが、28km/L 位でしょうか、意外と良い燃費でしょ?

2回目の参加で、ようやく箱根man3のコース等が理解できました
ただ、他の行事や気温等を考えると、やっぱりこの時期しか参加は難しそうです(年一回ということね)
今回も1日楽しく過ごさせていただきありがとうました
次回参加した時もよろしくお付き合いくださいませ