書くネタがなかったので、ちょっと早いですが、スロットの10月の途中経過です。

まともにスロット行くようになってから、スロットで生活していた時の感覚が戻ってきてしまいました。

スロットに最近、力を入れてしまっていますが、スロットに未来はないので、あくまでもデイトレードで成功する事が自分の目標です。

1月:+15,000円(1勝0敗)
2月:+30,000円(4勝2敗)
3月:+13,500円(4勝3敗)
4月:+43,500円(3勝2敗)
5月:+145,000円(6勝2敗)
6月:+62,500(4勝3敗)
7月:-16,500円(2勝5敗)
8月:-35,500円(2勝2敗)
9月:+90,000(7勝4敗)
10月+232,000(4勝4敗)
合計:+580,000円(36勝26敗)

1戦目:マイホイベント
ハッピージャグラー:投資1k-5000枚
ボーナス確率よりも大事とされている、ブドウ確率は終日カウントしましたが、設定6の数値でした。
マイホにしては、めずらしい設定5、6をまたしてもゲットぽい。

2戦目:マイホ新装:-7k
乱れ打ちしてしまった。どうにか少しの負けで助かった日。

3戦目:マイホ:-50k
特にイベントでもなんでもない日に乱れ打ちして大負け。
イベント以外の日に行くと高確率で負けます。
なぜか?設定がはいってないから。
イベントじゃない日は行かないルールなんですが、勝つとついつい調子こいてしまいます。
大反省。

4戦目:新ホール:投資4k
ニューキングで3000枚。
置いてくる台がセオリー通りでわかりやすいこの新ホール。
BIG中のスイカ確率以外は全て設定6の確率でした。
通常時にハナビの風鈴が全然引けないように、30分の1は乱れても何ら不思議ではないか。
途中ものすごく設定あるのか疑いましたが、結局9000回転ブン回しました。
予想設定は5です。

5戦目:マイホ:-18k
鳳凰REGの上下パネフラ台をもらった。(設定5,6確定台)
残り2時間しかない+大連した後で迷ったが打ったら案の定負けた。

6戦目:マイホイベント:-2.5k
ハナ打って、サンダー打って気付いたら20k負け。
ハッピーの5000回転で合成6の台をもらう。
ブドウ確率が悪い上に、そこから差枚0まで下降。
少し連荘した後、アドリブ効かせて隣のREG40超えのマイジャグへ。
合わせて2000枚清算できた。
ハッピーは自分やめた後、結局すぐだされた。

7戦目:マイホ:+74k
朝から鳳凰の狙い台あり。
早い段階で設定5、6疑った。
ベル確6、BB中スイカ6、パネフラ確6、REGサイドランプ均等。
さらにチェリーREGをすぐ引いた。
チェリー同時当選確率は分母が大きいですが、結構設定差あるので大事です。
見極める為に、チェリー時はリーチ目を狙う事をお勧めいたします。
結局、9400回転ブン回して、全ての確率が6の状態で終了。

8戦目:新ホールイベント:70k
これも朝から一発ツモ。
ハッピージャグラーで1500回転でBIG3回ときつい展開でしたが、ブドウ確率がよかったので粘る事ができました。
チェリーREGに設定差ありますが、自分はそこまで重要視していません。
9200回転回して、チェリーREGは13回でしたが後半に収束した感じでした。
分母が大きいと1日単位ではなかなか収束が厳しい。
だから分母が小さいブドウが大事です。
これも予想設定は6です。

スロットは来年から、規制が過去最大級に強化され、ART機種は今年の11月末より少しづつ消えていきます。

Aタイプですら、怪しい動きがでています。

来年より、機械割も低くなり、獲得枚数も少なくなり、設定判別要素もなくなる可能性があるようです。

確実にパチンコ屋は、儲からなくなりますので、5号機になってパチンコ屋が大量に潰れた現象がまた起きようとしています。

設定差や、判別要素、天井、ゾーンなどがなくなれば、スロット生活者はいなくなりますが、またパチンコ屋は大量に潰れていく事になります。

パチンコ屋がなくなると、職を失う方もたくさんいるんですけどね。

また、スロット、パチンコの依存度が高い、関連企業は業績にすごく影響されると思うので、関連企業の株価は下がっていくと思います。

しかし、日本でカジノが実現すれば、関連企業は何らかの形でプラスになる可能性も秘めています。


自分は、設定をこの子役カウンターを使って、設定判別しています。
(正式名は、究極攻略カウンター勝ち勝ちくんLEDと言います)

 
応援お願いいたしますm(__)m