大倉山 を含む記事

第1回 ラスト☆コンサート@大倉山記念館


記念すべき「第1回☆ラストコンサート」、まずは無事に駆け抜けました!

私たち「古楽も少しかじる訪問演奏系コミックバンドRio」は、常にお客様第一主義。訪問の際は年齢層に合わせて選曲をしています。しかし「吹きたい曲をジャンルに関係なく一気に吹いてみたい」と雑談ではよく話しておりました。
約半年前、何気なくのぞいていたホールの空き状況サイト、人気の大倉山記念館ホールがなんと金曜日の午後・夜の時間帯で空いている!
「その時が来たかも!」と迅速な対応で予約をし、一気にリサイタルモードに突入したのでした。

4人のスケジュールを調整してたび重なる強化練習(お弁当・お菓子持参)、おしゃべりで休憩しつつ(その時間が実は長い)、録音して聴きながら(そのたびにどよ~んとなり)、とにもかくにも本番を迎えることができました。

14695550_644994552336373_6903220949589346339_n15078580_664042203764941_6773118540636905444_n14731352_644994539003041_2457104700869094178_n14520320_641394459363049_2616656319045879160_n




会場の大倉山記念館は駅から急坂をのぼった先、公園の中に佇む由緒ある建物です。前日は、関東地方は54年ぶりの11月の積雪ということでやきもきしましたが、当日は晴れて本当に良かった!
CIMG5116CIMG5119CIMG5122CIMG5124





CIMG5130駅からの坂道がなかなかツライ。でも登りきるとそのつらさを忘れさせてくれるとても趣のある空間が広がります。
CIMG5134CIMG5137




重い扉を開けると重厚な石の階段。高い天井も思わずため息が出るようです。
そして実はここの階段の空間が建物の中では一番音の響く場所。ここのロビーコンサートだったら素敵だろうなあ。

笛仲間のグループTのIさん、Sさん、Fさん、Mさん、目黒オケのIさん、Uさんに早めに来ていただき、連れ合いにも応援を頼んで打ち合わせとリハ。
お世話になりました。
CIMG5152CIMG5165








        <<プログラム>>
BlogPaintBlogPaint








ラブリーなイラストは、みなとみらいでご一緒しているFさんの手描き。当初はグレベがなかったのでお願いして描いていただきました。Fさんはコントラのスタンドや立奏台、それにコントラケースも手作りされてしまう方。才能のある方はいらっしゃるものです。

第1部はリコーダーの華やかだった時代の曲、またはリコーダーのためにかかれた曲。第2部はアレンジモノです。

進行は、なんだかいつもの訪問演奏の時とあまり変わり映えがしない感じでした。ただやはり特別な第1回ということで、衣装は頑張りました。

<第1部>
やはり私たちは古い曲が苦手なんだなあ。いつものお座敷と思ってリラックスしていこうと言っていたのですが、思いのほか多くのお客様に来ていただいてやはりちょっと硬くなってしまいました。特にフレスコバルディは大事故やっぱりこのタイプの曲は課題が残ります。
「白鳥」は8feetです。音程がちょっと危うい。
「パッチワーク」は一昨年のチャリンジャーフェスティバルの全体合奏の曲。もう吹くこともないと思っていましたが、まさかの再登場。4分の4拍子と4分の5拍子が何回も入れ替わり、まさにパッチワークのように各パートが半拍ずれてかみ合って行く曲で、最初はなかなか最後まで到達しませんでした。実は本番も中で小さい事故があったのですが、あの状況で本筋に戻っていけるようになったのは成長したなあと思います((笑))
「空想の花束」は結成当時を思い出しながら。テンポ揺れたけれど良い曲だ~
CIMG5175CIMG5187









<第2部>
まあ私たちの真骨頂はこちらですね
CIMG5208まずはお色直しして。

  「忍者マーチ」です。
  赤影、白影、青影、白馬の白山
CIMG5219 








CIMG5224「暴れん坊将軍」といえば、砂浜を吉宗公が白馬に乗って登場するシーン。
蹄の音…当然“お椀”ですね。波の音はオーシャンドラム。

 やはり時代劇を締めくくるのは水戸黄門。上品で素晴らしいご老公さまでした。「かげろうお銀」もお供します。
CIMG5233








ここまではいつものお座敷モード。
今回はここでちょっとイベントをしてみました。
「水戸黄門」テーマを演奏後、会場の照明を全部消して真っ暗に。


照明が点くと…
        CIMG5242
衣装早変わりで会場が少しどよめいてくれたので心の中で『よしっ』と思いました羽織ものを脱いだだけなんですけどね(*^_^*)。
ここからは大人の雰囲気で。
「リベルタンゴ」は自分たちのテンポを見つけるのが大変でした。カッコイイ曲です。
個人的には一番緊張感が高かったのが「大きな古時計」。最初の頃は家族に「全然ジャズっぽくない」とも言われたし、気持ちばかり先走って指はもつれるし。でもすごく好きな編曲なので私なりに頑張りました。ちょっと失敗もあったけれど低音に支えられて気持ち良かったです。
「Take Five」はこれからも十八番と言われるようになりたい。

アンコールは「Rock around the Clock」でした。

寒い中未熟な私たちのために多くの方が来てくださいました。想像していた以上で感動で気持ちが高揚しています。
本当にありがとうございました。

『第1回 ラスト☆コンサート』などというふざけたタイトルをつけたのは、「これで最後かもしれないと思ってがんばろうね」という決死の覚悟からですが、決死の覚悟は何回しても良いだろうということで、当然第2回、第3回を目指します。
またお時間のご都合のつく方は応援しに来ていただけたら幸せです。

そしてそして…

第2回の前に……来年5月ですが……横浜人形の家で……

あの「積志リコーダーカルテット」さんとジョイントコンサートをさせていただくことが決まりました

ココだけの話、私の生まれて初めてのファンレター(ファンメール)は積志さんなのです
もう舞い上がっていますが、良い演奏ができるように頑張ります。










チラシできました!

    Rio第1回コンサートチラシ

はじめてネットで注文したら、背景色が思ったより薄くて、私たちのグループのような静かで上品な仕上がりになってしまいました。

でもチラシの束を見るとちょっとわくわくしますね。

11月25日(金) 大倉山記念館ホール 17:30  開演です。
お近くでご都合のつく方、よろしければお越しください

   

強化練習!


昨日はRioの初単独コンサートに向けての強化練習日。
お弁当とおやつ持参でちょくちょく休憩入れながら9時間!

いやあ、吹いた吹いた♪
おやつ食べ食べがんばりました(*^_^*)

14100241_621564438012718_5427499296110412333_n14199432_621564448012717_2047030158056822694_n






コンサートは
11月25日(金) 17:30開場 18:00開演
          大倉山記念館

お近くの方でご都合のつく方、ぜひお越しください<m(__)m>









心躍る1週間でした!


いろいろな意味で感動の1週間でした。


★Yokohama Recorder Ensemble Festival
 吉澤先生指導のみなとみらいリコーダーコンソート(21名)メンバーとして参加。このグループでは約5年間バスとコントラでしたが、昨年秋よりソプラノへ。今回はボワモルティエのコンチェルトF-Durとローゼンヘックの「ハンブルクの一日」を吹きました。
 ボワモルティエでは3楽章のA1ソロを吹かせてもらいました。A2ソロとの掛け合いで直前までかなり危ういところがあったのですが、本番ではなんとか止まらずに演奏できて本当に良かった。
ソロに入る直前に「大丈夫だろうか…」という皆さんの緊張感を肌で感じていたので(実はリハで大きく破たんしていた(笑))、その箇所を過ぎたところのtuttiでのほっとした音がかえって曲の大団円に向けて全員の意識の統一感を出したような気がします(言ってみれば全体の仕上がりに貢献したわけですね)。
 それにしてもソリストの興奮を味わわせていただきました。団員の皆さま、ご心配をおかけしましたが支えていただきありがとうございました。


★旧友と再会
メリーランド時代の友人が15年ぶりに訪ねてきてくれました。
最初に会ったのはもう25年も昔。つらつら思い出してみると、ホールチキンを焼き始めたのも、カレーに茄子を入れ始めたのも、ケーキを焼き始めたのも、フローズンマルガリータを飲み始めたのも彼女とが最初だったんだなあ。
コスモポリタンの彼女はきらきらしていてやっぱり素敵でした。


★今年もリコオケ合宿に向けて準備中
河村組幹事筋4人で合宿の下見に行ってきました。4人いると交渉ごともなかなか良い感じに進められますね。
関係者のみなさま、今しばらくお待ちくださいませ。




そして…ひっそりと告知…


ホールが予約できた!


11月にRioの単独コンサートをします。
もしごご都合が合うようでしたら、ぜひ応援にきてください。
詳細はまた<m(__)m>

かなりわくわくどきどき…です

<追記>
分かっているなら日にちと場所を書きなさいとご指摘を受けたので…

日時:11月25日(金)夕方頃
場所:大倉山記念館
入場無料




記事検索