二〇〇七年師走三十一日

OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート「突き抜けろ!限界論」総括編 1

最後に主催者側の整理をして総括にしておく。ファシリテーター?という耳慣れない3名。

ファシリテーターとは・・・
 参加者の心の動きや状況を見ながら、実際にプログラムを進行して行く人のことをファシリテーター(促進者)と呼びます。ファシリテーターの媒介によって、参加者の本来的な学びが促進され、体験したことを次のステップへと、結びつけることが容易になります。


第一部:Sam Karo氏 sam-karoのビジネスイノベーション探求 Revolutions
コメントを書くshinkaiakikazu 2007/12/29 16:37
3人の司会者の中で一番一生懸命に司会をしようとしていたと感じられました。

sam-karo 2007/12/30 21:08
コメントありがとうございます。3人それぞれのキャラ(?)を活かした展開にしたい、というのもあったので、これは私のキャラがそういう感じだったということでしょう。 第2、第3セッションの展開にも影響を与えていたので、そのあたり、最初に出来てよかったです。


第二部:永瀧和貴氏 ネット上に痕跡は見当たらず?
メディア・イノベーションの衝撃―爆発するパーソナル・コンテンツと溶解する新聞型ビジネス

第8部 進化するウェブ広告とメディアの収益構造を考える
〔プレゼンテーション〕祝前伸光・永瀧和貴←注目
メディアビジネスの「コスト」とは何か----
ネットメディアの「非ジャーナリズム」傾倒の理由を考える・川上慎一郎
ジャーナリズムの収益類型・築地達郎



第三部:藤代裕之氏 ガ島通信

「・・・大東亜戦争も開戦から約一年。
雌雄を決したガダルカナル島での戦いは敗北を喫してしまいました。
もっとも、ガ島からの撤退も実際のところは第三次ソロモン海戦の後から真剣に検討されていたそうですが・・・
正式に決定したのは昭和17年12月31日の御前会議での事です。」


ガ島通信は、はてなにもあるのだけれども金をもらって書いている?
別のところの記事のほうが読み応えがある。3人の中で以前から知っていたのはこの人。

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:CNET Japan ブログアワード2007(恵比寿)に参加してきました上編 - livedoor Blog(ブログ)


小飼氏の場合はどういう状況でも大丈夫なのだろうけれども
佐々木氏についてはほとんど話が聞けなかったのが残念でならない。

個人的なランク付けだがdanさんや佐々木さんは
IT分野において年齢・経験が別格だと思う。

もちろん他のパネリストがダメというわけではないのだが
参加者が4名〜5名では多すぎて見切ることが出来ない。

個人的な思いとして佐々木氏に失礼ではないか?というくらい義憤を感じる。
もうちょっとCNETで記事を上げてくれれば助かるのだけれども
その肉声を待ち望んで参加している一人としてここに声を上げておきたい。

テーマ設定・パネルリスト選定・構成の分け方・席の並べ方など
ひとつひとつのちょっとしたことでも運営側は意識をしなければいけないと思う。

ここで考えた夢のカード
続きを読む

二〇〇七年師走三十日

OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート「突き抜けろ!限界論」第三部 1

どう考えてもまとまりそうにない第三部。レポあげるのに悩みましたわ。
自分なりにその人の経歴・著作を色々調べたんですけどね。
あのレポーターとして定評のあるチミンモラスイ?さんでさえ
「突き抜けろ!限界論」@OBIIミーティングにて第三部は流しているのでは?

別に目新しいものがなくてもいいんですよ。難しくなくてもいい。
ありきたりで解かりやすいものであったとしても着いていくのがやっとなんですよ。
それが多くの参加者に共通するものではないかと思います。

テーマは◆第3セッション(メディアとプラットフォーム)だったはず。

佐々木俊尚様
ロングテールのお陰でインディーズが多く出てきたが
それは職業として成立しない層が連なっているだけ。
最も重要なプラットフォームを司るモデルが日本にあるのか。
任天堂くらいしか、思い当たらない。唯一このテーマに正面から回答。

須田伸様
ルー大柴・ルー語が復活したのは自身の親会社アメブロのおかげ。
ウルフルズも音楽関係者に強いマイスペースにて知られるようになった。
日本人程どう見られているかを気にする民族はいない。ネットは個人を生かす。
プラットフォームとはブログやSNSと解釈しました。メディア=プラットフォーム。

森祐治様
奇をてらっているように思えるがロングテールの横軸の並べ方に疑問。
推測するに標準偏差のような並べ方が基準と考えているのだろうか?
日本人ほど日本的なものに固執する。永住するような人は例外。
テーマから突き抜けた発言が目立った。限界を越えるとはそんなものかも。

山本直人様
ずっとやってきたマーケティングにおいて日本人は多数派かどうかを非常に気にする。
ではネット現象のロングテールについてはどう考えているのか聞きたかった!
日本人の良さであるきめの細かさが逆に不寛容を生んでいる。年金問題など。
家庭内離婚の話は個人的に面白かったけど。要するに心理学でしょうか?

徳力基彦様
マジックミドル?という耳慣れない概念が(笑)と思ったら発祥は自身。
ただブログ検索テクノラティ創業者の引用のようなので後の研究課題。
印象としてはアルファブロガーと同じような響きしか感じられなかったが。
5人目の最後!ちゃぶ台返しをするというくらいだからテーマからは遠ざかる。



「グーグルゾン許すまじ」のようなことを前提として話すにしても
日本に順応してシェアが圧倒的なヤフーや球団買収の日本的な楽天等々
(はてなでも結構)などの個別ケースについての言及が一言でも欲しい。
メディアの収益モデルと個人ブログの稼ぎ方を混同している面も。

「行き詰った日本(人)をどうすべきか」はテーマが大き過ぎる。一晩は必要だ(笑)
ただそんなことにふさわしくない自分なのにパネリストが本気で議論する姿勢から
「ここにいるんだから聞かなきゃいけないな」とは思った(苦笑)

ロングテールと標準偏差だけに的を絞っても良かったと思う。
まあ内部事情では第二部に回される人がこちらに来たりとか。
(時間が早くて参加者が少なかった)第一部に近いテーマもあったし。
結局パネリストが多かったから急遽第三部を作ったのかもね。

結論から言えばテーマ設定がまずかったのだろう。
まあ「来年に向けて前向きに」という了解はあったように思うが…

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:成田税関の篠原告発関連の記事が2ちゃんに晒されてアクセス件数100UP(下) - livedoor Blog(ブログ)


ここで一人取り上げるのはやはり佐々木俊尚氏だろう。あれだけ発言が少なくても(笑)

自分の仕事である貿易の関係から以前の記事を検索していたら
佐々木氏のアスキー時代の記事が引っかかったので挙げておく。

2002年8月8日顔を認識する監視カメラ 関空がひそかに導入していた
2002年8月26日監視カメラ、成田空港にも 財務省は「設置の告示はしない」

国家機密ということを隠れ蓑に甘い汁を吸う構造には説明責任がある。
今年話題になった防衛省の守屋容疑者など枚挙に暇がないはずだ。
私自身も個人的に裁判を抱えているので、証拠を掴んでいくつもりだ。
まっとうでない公務員を一人でも多く罷免させるように調査する。

どうにもまとまらないから脳内メーカー何とかしてくれ続きを読む

OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート「突き抜けろ!限界論」第二部 4

◆第2セッション=ブログということで仮にブログ限界論を知らなくても
全てのパネリストがブロガーでもあるということで共通認識があった。

しかしその中でもやはり弾先生がダントツでしたが(笑)
ブログの炎上をテーマにそれぞれのパネリストを数行で整理。

磯野彰彦様
改心の一撃竹橋発2007年12月24日(月曜日)ケータイの表記について
なぜなら伏線があったから竹橋発2006年08月10日(木曜日)サッカーの見出し

三河徳川氏よ、人のコメント欄に書き込むよりブログをやれ!
また毎日のネットに携わるような人でもこの程度の耐性しかないのかと思う。
個人的に一年前、押し紙問題・黒薮哲哉氏またネット君臨・がんだるふ氏について
毎日新聞本社に電話したときは完全に末期症状だった…もうだめぽ

小越崇広様
はてなブックマーク5人以上ameblo.jp:nippau の注目エントリー
Thu, October 25, 2007 09:18:22mala氏が直接言及していることについて
若者らしく声も大きくてハキハキしていました、でもこの程度が炎上?

小飼弾様
ライターで火を点ける仕草!決まってました(笑)
このmala氏は弾先生にも一悶着、実は私がリアルタイムでしたね、これは。
2007.11.21 03:51またdankogaiに絡まれて面倒くさいので解説をする

伊藤春香様
さきっちょ&はあちゅう 恋の悪あが記 Super edition

一番若いはずなのに弾先生よりブロガーの先輩!で耐性がある。
カスタマレビュー20件に目を通されたし。

内田麻理香様
カソウケン(家庭科学総合研究所)へようこそ

人のよさそうな感じ。mixiに書くようなことでさえも本音は書けない?

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』(アキバ)に行ってきました? - livedoor Blog(ブログ)


全三部を合わせてもMVPはやはり弾先生しかいないというのは衆目の一致したところ。

弾語録
他動詞である人を傷つけたんじゃない!
自動詞のその人が傷ついたんだ!、受け手の取り様なんだ。

なぜ傷ついたのか?
それが自分のブログを見たことで傷ついたとしたら
それは自分のブログを勝手に覗き見て傷ついた本人が悪い!
なぜなら自分のブログを見るように誰も(法律でも)強制していないから。

−会場はどっと沸く−(この辺は掲示板の管理人としては絶叫ものです)

しかし単に受けを狙ったというのではない。
憲法で言論の自由が保障されているという大原則があるにもかかわらず
個別案件では名誉毀損ということが法律・判例によって積み重なっている。
だからその辺りのバランスは重要ではあるものの原理原則を曲げる
検閲のようなものはもっと大きな間違いである。

コメントがウザイということに対する余裕のかまし
磯野彰彦氏が粘着質の人が沢山いるということに対して
dankogai氏は普通の人は99%はコメントに反応しない!と。
沢山いるように見えるだけなのだと、自意識過剰なのだと!
訂正?で「コメントに反応するような人(1%)には粘着質の人が沢山いる」

結局実証して調べたけどコメントする人って三河徳川氏だけじゃん!

色をなしているようにみえたのは
ブログ限界論者上原氏より旧来型ではないかということについて
「王様の耳はロバの耳」とブログで言うなかれ
三平方の定理は昔から真実で将来も変わりようがない。
その人本人の将来を思えばこその常識的見解である。

元服して名前を変えてもいいと言っている弾先生に旧来型は禁句か?

蛇足の脳内メーカー続きを読む

Profile

shinkai★

ライブドアヘビーユーザーとしてメール・ブログ・掲示板をメイン使用。
ニュース・グルメ・ピクス・RSSリーダー・クリップ・Wiki・地図・リスログ・ナレッジもサブ活用。

訪問者数

    御来訪を心より感謝申し上げます。

    編集に偏りのある不定期更新で
    自分本位なセンターブロガー!

    いわゆる「中の人」とは対立概念。
    そこそこの中堅ブログとはほぼ同義。

    記事エントリー総数は1000以上
    容量は1GB=1024MBに達し
    更新は停止しています。



    記事検索
    最新記事
    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    livedoor 天気
    メンバーリスト
    ギャラリー
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    • バニーガール風ゴスロリファッションのメッカ原宿で山本梓のコスプレ
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    楽天市場
    フリーエリア

    あわせて読みたい
    携帯百景 - shinkai
    アクセスランキング
    • ライブドアブログ


    中国遊歩人の香港バナー にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ 海外生活.jp香港