高校数学・新課程を考える会

平成24年度の高校1年生から変わる数学の教育課程についての勉強会のための準備用ページです。

事務局長挨拶

(2012年8月11日更新)

「高校数学・新課程を考える会」は、2011年8月に開催されました「高校数学・新課程勉強会2011」を実施するために作られた会です。

本来は8月の勉強会にてその役割を終える予定ではありましたが、新課程についての各方面からの関心に応えるためにその活動を続けていくこととなりました。

新課程が開始されることに際し、もっともポイントとなることは、「脱ゆとり」と称されることに関していかに対応できるかということと思われます。

昨今の数学教育の現状は「大学受験」において合格点を取ることに終始し、そのため、有能な生徒の集まる進学校においても「三角関数の合成は、公式を覚えてあてはめろ」などといった教育がまかり通っているようです。

数学教育においては「論理的思考力を付けさせる」という大義名分を持っているはずなのですが、それが全く達成されていない現状は憂慮すべき事態であり、それが新課程体制に至っても続くのであれば、この国における教育に未来はありません。

「数学を教える」ことを「合格点を取らせるため」ではなく、「人材を作る」ことにシフトをするためには、大きな戦いを強いられることになるかとは思われます。

しかし、何よりも「数学教育」を健全化するために、弊会は尽力を尽くしたいと思っております。

数学が高校における「主要教科」から消えないためにも…。


なお、各イベントの事務に関しては小生のみで行っているところがあります故、いただいた質問や予約についての返答の遅延などがあると思いますが、その点につきましてはご容赦いただければと存じます。


これからも弊会の活動に対しまして、ご理解、ご協力をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

   2012年8月11日
   高校数学・新課程を考える会 事務局長・大淵 智勝

「高校数学・新課程研修会2012夏」~動き始めた新課程~

(2012年7月23日・更新)

「高校数学・新課程研修会2012夏」~動き始めた新課程~

主催:
 高校数学・新課程を考える会
 統計関連学会連合統計教育推進委員会
 日本統計学会統計教育委員会
 立教大学社会情報教育研究センター

日時:
 2012年7月29日(日) 10:00~17:00 (途中, 休憩含む)

場所:
 立教大学池袋キャンパス マキムホール2階 M201

費用:
 資料代として1000円 (事前予約等不要)

内容:
 <午前の部>
 ・「数学的活動を通して,使える数学を!」
    文部科学省初等中等教育局 視学官・長尾 篤志
 ・「科学の文法からの高校新課程数学への期待」
    情報・システム研究機構 統計数理研究所副所長
          データ科学研究系教授・椿 広計
 <午後の部>
 ・「数学から何を学ぶか
   --追体験・再構成・新発見の無限ループに陥って小さな喜びを感じる日々」
    明治大学 理工学部数学科 准教授・矢崎 成俊
 ・「高校現場における対応」(仮)
    東京大学教育学部附属中等教育学校 教諭・細矢 和博
 ・「新課程下における大学受験とその対策」
    高校数学・新課程を考える会 事務局長/予備校講師・大淵 智勝
 ・e-Statを利用した中高の授業実例
    総務省統計局
 ・統計検定の紹介
    実践女子大学 人間社会学部 准教授・竹内 光悦
 ・パネルディスカッション


 本年4月から実際に始まった数学の新課程について、その運用を始めとした
具体的なことを考えていきたいと思います。
 そのため、今回は研修会の最後にパネルディスカッションを実施いたします。
 是非ともご参加ください!


<お問い合わせ>
パソコンから→http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P62522594
携帯から→http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P62522594

「シンポジウムCRET特別講演会」のご案内

3月1日のシンポジウムについてのご案内です。
お問い合わせは、下記にあるメールアドレスへお願いいたします。

#####
<シンポジウムCRET特別講演会>
「大人に求められる数理能力と統計スキル~国際的スキルフレームワークと初等中等教育への示唆~」

OECD/PIACC開発者でもあるGal氏をお招きし、いま国際的に求められるスキルフレームワークとは何か、そこから導かれるnumeracyの特徴やねらい、そのアセスメント手法(CBT)などをご講演いただきます。

※参加は無料です。詳細は下記をご確認ください。

日 時: 2012年3月1日(木) 14:30~16:30
 14:30~16:00 講演
 16:00~16:30 質疑応答
 ※同時通訳付き
場 所: 国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木オリンピックセンター)
国際交流棟 国際会議室
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

題 目: 「大人に求められる数理能力と統計スキル: 国際的スキルフレームワークと初等中等教育への示唆」
Needed adult numeracy and critical statistical skills: A view from internation al skill frameworks, and implications for younger age education

講 師: Iddo Gal氏(President-Elect of the IASE,Chair of the Expert Group on Numeracy oflarge-scale OECD survey on adult competencies)
Ph.D. イスラエル ハイファ大学社会福祉・健康科学学部
Department of Human Services, Faculty of Social welfare and Health Sciences, University of Haifa, Israel

[研究領域]

サービスマネージメントと心理学 Service management and organizational psycholog y.
人材活性化 Empowerment of workers and clients in human service organizations.
大人のニューメラシー、数学リテラシー、統計リテラシー、統計的推論スキル
Development and assessment of adult numeracy / mathematical literacy, statisti cal literacy, and statistical reasoning skills.
大人の学びとスキル遷移 Adult learning and skill transfer.
参加費: 無料

◆参加方法 CRET特別講演会に関心をお寄せいただきありがとうございます。参加ご希
望の方は、当日直接会場へお越しいただき、受付にてお申し込みください。(事前申し
込みは不要です。)

受付:14:00~ ※お名刺を忘れずにお持ちください。万が一会場定員に達した場合は
、お断りする場合があります。どうぞご了承ください。

CRET特別講演会に関するお問い合わせは、info@cret.or.jp まで。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ