高校数学・新課程を考える会

平成24年度の高校1年生から変わる数学の教育課程についての勉強会のための準備用ページです。

高校数学・新課程研修会2013冬

2013年2月の研修会についてです。
詳しいプログラムについては追ってお知らせいたします。


・「高校数学・新課程統計研修会2013冬」広島
 主催:
 高校数学・新課程を考える会
 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所
 日本統計学会 統計教育委員会
 日程:2013年2月10日 10:00~16:30
 会場:広島市留学生会館2階ホール (JR広島駅から徒歩5分)
 (事前申込みは不要です)
 講演内容:
 <午前の部>10:00~11:50
  ・「新学習指導要領における概要と要点」(仮)
       文部科学省初等中等教育局 視学官・長尾 篤志

  ・「問題解決のプロセスを意識した統計教育の必要性」
       慶應義塾大学教授 渡辺 美智子

 <午後の部>13:00~16:30(途中、休憩有り)
  ・「文部科学省・総務省後援:生徒参加型データ活用授業支援サイト
    センサス@スクールを活用した「データの分析」指導」
       愛知教育大学 青山和裕

  ・「シミュレーション器材(パッティング機)を用いたデータの分析授業実践報告:
   データの適切な採取から回帰分析と2群比較まで」
       兵庫県立加古川北高等学校 数学科 林宏樹

  ・「生徒の活動を重視した「データの分析」の授業実践」
       広島大学附属中・高等学校 数学科教諭 橋本三嗣

  ・「小学校授業例Ⅰ:測ってまなぶ,折り紙を活用したデータと品質教材」
       社団法人・日本品質管理学会TQE(Total Quality Education)特別
委員会委員
       財団法人・日本科学技術連盟QCサークル上級指導士 前川 恒久

  ・「新課程下における大学受験の対応とその対策」
       高校数学・新課程を考える会 事務局長 大淵智勝



・「高校数学・新課程統計研修会2013冬」→現在、中止の方向で検討中です。
 会場:統計数理研究所(立川)

高校数学I「データの分析」の授業

(2012年10月6日更新)

高校数学I「データの分析」についての授業の動画をdailymotionにアップロードいたしました。
特に公開制限を設けてはいませんので、無料でご覧いただけます。

これから随時、撮影&アップロードする予定です。
授業を計画する際の参考になさっていただければ幸いです。

高校数学I「データの分析」
(本編)
第1回「代表値」~「平均」でいいんですか?(19分15秒)
--データについて、平均値、中央値、最頻値
第2回「要約」~代表1人だけじゃ、心許ない(17分43秒)
--四分位数、箱ひげ図
第3回「3つの値で要約」~入試を左右するとんでもない「要約」(19分31秒)
--標準偏差、分散、偏差値
・第4回「相関」~やっぱり関係が知りたい!

(オプション)
No.1「ヒストグラムと累積度数グラフ」~その「ヒストグラム」は大丈夫?(18分11秒)
--ヒストグラム、累積度数グラフ
・箱ひげ図と外れ値
・データの「間違った見方」
・世論調査の伝え方


サルマン・カーン氏(Salman Khan)の「ビデオによる教育の再発見」をヒントに、卓上を写すカメラにより撮影をした授業となっております。

事務局長挨拶

(2012年8月11日更新)

「高校数学・新課程を考える会」は、2011年8月に開催されました「高校数学・新課程勉強会2011」を実施するために作られた会です。

本来は8月の勉強会にてその役割を終える予定ではありましたが、新課程についての各方面からの関心に応えるためにその活動を続けていくこととなりました。

新課程が開始されることに際し、もっともポイントとなることは、「脱ゆとり」と称されることに関していかに対応できるかということと思われます。

昨今の数学教育の現状は「大学受験」において合格点を取ることに終始し、そのため、有能な生徒の集まる進学校においても「三角関数の合成は、公式を覚えてあてはめろ」などといった教育がまかり通っているようです。

数学教育においては「論理的思考力を付けさせる」という大義名分を持っているはずなのですが、それが全く達成されていない現状は憂慮すべき事態であり、それが新課程体制に至っても続くのであれば、この国における教育に未来はありません。

「数学を教える」ことを「合格点を取らせるため」ではなく、「人材を作る」ことにシフトをするためには、大きな戦いを強いられることになるかとは思われます。

しかし、何よりも「数学教育」を健全化するために、弊会は尽力を尽くしたいと思っております。

数学が高校における「主要教科」から消えないためにも…。


なお、各イベントの事務に関しては小生のみで行っているところがあります故、いただいた質問や予約についての返答の遅延などがあると思いますが、その点につきましてはご容赦いただければと存じます。


これからも弊会の活動に対しまして、ご理解、ご協力をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

   2012年8月11日
   高校数学・新課程を考える会 事務局長・大淵 智勝
プロフィール

shinkatei

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ