*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..

初めての臨時編です。

さてこれから2ヶ月あまり確定申告の時期に入りますが

弊社税理担当Aさんが是非ブログに訪れる皆さんに税金の事で
役たちたいと言う事で特殊基板製作から急遽特集税版に、臨時編を
設けました。ご存知の方も多いかと思いますが一緒に復習
しましょう

サラリーマンは12月の源泉徴収票をもらい所得税が確定しますが
マイホーム
の購入や高額の医療費がある人は確定申告をすれば
税金
が還付されます。

所得控除というものはいくつかありますが今回は主に医療控除に
ついてお話しましょう。

 

計算式で言うと 医療費控除:
A:支払った医療費(自身、あるいは生計を一にする家族が医療に支出した金額)
B
:(生命保険会社)保険金などで補填される金額

医療控除費=AB100,000円 ですが(この計算式は基本で、
総所得金額によって計算方法は違います)

医療費控除の対象となる医療費は「疾病を治すために支出した費用」
ですのでインフルエンザの予防のための費用は認められません。

眼鏡の購入もお医者さんが指示するものならばですが基本はダメ
レーシック(目の手術)は
と なんだか
・・・こんがらがっちゃいますね。 
参考になれば幸いです。今回は特集税版でしたが
当然美容整形も
人間ドックの費用も基本的にはダメ
。ただし、
そこで疾病が見つかり引き続き治療となればこれは
ドラッグストアー
で買った風薬も

これからも皆さんにお役に立つ情報などを随時臨時編でお届けしたいと
思いますので是非
見てくださいね。

原稿提供 税理担当A U&K 代筆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜