めざましニャンズ

千葉の養鶏場の床下からたった二匹出てきて、養鶏場のお兄さんに命を救われ、家族の方々の愛情に育まれ離乳まで育ててもらった慎之助と小町。 我が家に来て12年。 そんな二匹の、めざましニャンズぶりを紹介します。

GWいかがお過ごしですか?

先月の入院か騒動から、こまちゃんもチックンも元気に過ごしてくれています。

今日はこまちゃんとチックンの理解力を考えてみました。

人間の言葉をどれだけ理解しているか。どれくらいお利口さんか。

まずは、小町。

名前→〇
あだ名(えーちゃん)→〇
いい子いい子→〇※言われるとゴロゴロ言います。
ごはん→〇
ちゅーる→〇
おちゅわり(お座り)→〇
チューするよ(注射するよ)→〇
おいで→〇
それはちっちゃんの!(慎のご飯を食べたとき)→〇

次に慎之助さん。
名前→〇
あだ名(ちっちゃん、チックン、チッチー、まんじゅう)→△※多いので仕方ないか
いい子いい子→△※あまり言われないので果たして?
ごはん→〇
ちゅーる→×
おちゅわり(お座り)→△
しみしみー(目薬するよ)→△
おいで→〇
これ誰がしたん?!(いたずらしたとき)→〇

ふむ、まぁこんな感じですかね。
一目瞭然、こまちゃんの方が理解力は高いですね〜

20170427_015820308_iOS

あたち、お利口さんだもん。

20170427_015851424_iOS

頭ちっちゃいけど賢いねぇ、こまちゃん。

20170427_015858464_iOS

いい子、いい子。

20170113_150743472_iOS

チックンは、まぁ、おバカさんだけど優しいもんね。

20170113_150758510_iOS
20170113_150811256_iOS

ヘッドロックかけられようと、こまちゃんの側で寝るのが好きだよね。

こまちゃんを構うことの方が多いけど、慎のことも同じように大好きだよと言っています。
分かってくれてるかなぁ(笑)。

今日も読んでいただきありがとうございます。
応援してね。→
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

えー書こうかどうかどうしようかと悩んでいたのですが、簡単に書きますね。

実は4月13日から、こまちゃんのおしっこの回数が激減(1日1回)となり、嘔吐が続く状態になりました。

でも元気と食欲があったので、インスリン注射をスキップして様子をみていたところ、15日の朝から急に元気がなく、食事も欲しがらなくなりました。(どひゃーー)


15日の朝一番で病院に連れて行き、血糖値検査と血液検査を行いました。

体重:6.12kg(少し減ってます)
血糖値:
273

高血糖状態ですが、以前の400越までの状態ではありません。
なのに、まったく元気がない。
大好きなチュールもあまり食べない(口につけてあげるとようやく少し食べる具合)。

血液検査の結果は特に重篤な数値を示すものはなく、高血糖に伴うものと思われました。

先生から「この様子だと、一度お預かりして挿管して血糖値の変遷をみた方がいいかもしれません。」と言われました。

どうしようか、どうしようか悩んで、連れて帰りました。
その日の夕方まで様子を見て、嘔吐が続くようなら夜に入院させるつもりでした。
先生も同意してくれたのでそうしました。

インスリンを1単位打って、先日いただいたエネルギーちゅーるを食べさせて様子見。
チックンはちゅーるにもうウキウキ、喜んで食べますがこまちゃんは少しずつしか食べませんでした。

夕方6時半まで様子をみて、嘔吐がなかったので入院を回避しました。

その日の夜に撮ったこまちゃんです。

KIMG0090 1

ずっとこんな様子で寝ていました。

KIMG0091


こんなに元気のない小町でしたが、驚いたことがあります。
それは私が動くとこ動くとこついてくるんです。(普段よりもっとベッタリでした)
「しんどいしんどいね、ちょっと待っててね」とトイレに立ったときも、私の姿が見えるところまで移動して ました。

先日くるねこさんのブログで、猫医者が(べったりだったのは)「痛くて不安だったからだろう」と言っていた場面を見て、あぁ、こまちゃんも不安だったんだなと思いました。

で、その夜から寝室ではなくリビングで一緒に寝ることにしました。(すぐに起きれるように)

ここ数日、早朝の嘔吐の音で飛び起きていたのですが16日の朝は静かでした。

「こま、調子どう?ご飯食べる?」と聞くと
「ごあーん」と元気に鳴く小町。
でも、いつも食べているカリカリの糖コントロールをあげてもイヤイヤします。

そんなときは、やっぱりちゅーる!!
もう喜んで食べてくれました。チックンにあげさせないくらい!

おぉぉ!元気になった!!(号泣)

次の日、仕事から帰ってから先生に報告しに行きました。


その後、食欲も戻り、カリカリも食べるようになって元気になりました。

今回、正直「その時」を覚悟しなければいけないのかと思いました。
寝ているこまちゃんをさすりながら泣きました。

元気になってくれて本当に感謝です。

で、その後もリビングでまだ寝ています。もちろんこまちゃんと一緒です。

今日も読んでいただきありがとうございます。
応援してね。→
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ 

先日、仕事中の私の後ろでガサゴソ音が。。。

ふと振り返ると

KIMG0093

 
プチプチの袋に顔を突っ込んで遊ぶこの男。

「ちっちゃん、何してん」と笑いながらカメラに手を伸ばした私です。
もうホンマおバカなんだからぁ。

今日も読んでいただきありがとうございます。
応援してね。→
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
 

先日、こまちゃんの注射針を購入した際、慎さんの目薬を出してもらいました。

チックンは、大きな病気もせず、すくすく健康に育ってくれていますが、ちびっ子の頃から目くそ(目ヤニ)が出る子でした。

今まで3,4回くらい目薬を出してもらっています。

先月頃から目にこびりつくような黒い目くそが出て、お湯に濡らしたティッシュで取ったりしていたのですが、もう頑固なこと!取れやしない。

KIMG0086 1

「男前が台無しやで、ちっちゃん」と言ってやります。
「シミシミ(目薬)ーするよー」と目薬を袋から出そうものなら、サササーと逃げるチックン。
でも、おかげでだいぶ少なくなりました。

慎さんは、目くそ鼻くそ男なのですが、取ってやると男前なんですよ(親ばか)

KIMG0218

ほら、優雅でしょ(笑)→実は何も考えていない状態。

KIMG0216
 
目くそが無いとこんなに男前なの。

KIMG0215

まんまるで二重あごでモフモフなの。

KIMG0222

精悍でしょ!(笑) →単に眠いだけの状態。

KIMG0077 1

この丸い後頭部が大好き。 

KIMG0195

こんなおバカでサービス精神豊富なところも大好き。

さて、今日もそんな慎さんをとっつかまえてシミシミーします。
(嫌われませんように)
今日も読んでいただきありがとうございます。
応援してね。→
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

 

我が家の猫ベッドは発砲スチロール製。

昔、りんごが入っていたものです(笑)。

ちびっ子の頃からずっと使っていてもう何代目かしらん。

暖かくて、サイズもよくて慎も小町もとっても気に入ってるみたいです。

特に寒い季節は人気で、電気行火を入れてやると、こまちゃんはすぐに入ってフミフミを堪能し寝始めます。

慎は毎度後からやってきて一緒に寝たがります。

でもこまちゃんが起きているときに入ろうとすると反撃されています。

どうぞご覧ください(笑)。


この攻防がしばらく続いて、それからふたりでくっついて寝てくれます。

良かったねぇ、慎。
今日も読んでいただきありがとうございます。
応援してね。→
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

 

このページのトップヘ