笛と指揮の日々

フルートと指揮をしている小山真之輔の日記です

中国で食べたもの

image

中国行きの機内食はまさかのうなぎ。深セン航空機内食。

_1130230

中国に到着してからの晩ご飯は中国のしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶのタレは自分で作るので、ゴマダレでもいいし辛いものでもいい。

_1130271

しゃぶしゃぶの〆は麺。実演で麺を伸ばしてくれます。

_1130299

翌日13日の昼食は中国音楽院の近くにあるレストランで北京ダックをいただきました。

_1130302

中国の豆腐。硬さは木綿豆腐くらい。薬味をつけて食べます。薬味の皿の左下は沖縄の豆腐ように似た味でした。

_1130305


_1130306


_1130309

そして待ちに待った北京ダック。米粉で作った皮?に巻いてたべました。美味しい。好吃

_1130415

14日の朝食はホテルのバイキング。中国に来てから食べ過ぎているので朝食はあっさりで。コーヒーが・・・

_1130438

いよいよ出国です。北京空港で食べた水餃子が美味しかった。

image

日本行きの機内食。ビーフヌードル。味は・・・食べれなくはない。深セン航空機内食

北京での食はどれも満足でした。日本で食べている中華料理よりはあっさりして辛い?感じがしましたが、中華料理といっても広東や四川などがあるみたいなので、中国の食は深い。

好吃

ブログを更新したものの

ブログを更新して画像も載せたのですが、ブログにアクセスができないので、ちゃんと投稿出来てるのだろうか・・・これは日本に帰ってからのお楽しみということにしておきます。
ホテルは凄い快適。それではおやすみなさい。

追記
中国のインターネット

中国では日本で普段使っているようなSNSは使えない。ライン、Twitter、Facebook、gmailなどなど。
僕はメールはgmailのみしか使ってないのでメールに関してはお手上げで、もちろんsnsでの情報発信もできない。
このブログ(ライブドアブログ)を試してみると閲覧は出来ない(もしくはしにくい)ものの投稿は出来たので、このブログを投稿するとツイッターにも更新お知らせがツイートされるという設定にして出国した。

ブログ経由でのツイートはうまくいったようです。

中国でのwi-fiはホテルのみで、本番やリハーサルでも忙しかったのでホテルに帰ってきてから写真などをアップしました。モバイルwi-fiをレンタルしようかと悩みましたが、普段使っているSNSなどが使えないからべつにいいかということでフリーwi-fiのみでした。

中国国外のVPNを使ってSNSにアクセスする方法もあるみたいなので、次回中国に行く機会があれば挑戦してみます。

中国のトイレ
空港とホテルのトイレは標準で問題なく使えます。中国音楽院での本番で一番困ったのはトイレです。紙がない。どこにもない。コンビニで買おうか?と思っても中国はコンビニがないので買う事も出来ない。北京ですらそんな感じなので、旅行の際にはポケットティッシュを多めに持っていく事をオススメします。
お知らせ
ホームページを作りました。まだまだ内容が充実していませんが、これから色々と載せていこうと思います。よろしくお願いします。

ホームページのURLはこちら
小山真之輔

京都市立芸術大学卒業。
これまでに長岡京市民管弦楽団、プリモパッソオーケストラ、オーケストラアンサンブル京都、奈良交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、オペラプラザ京都などを指揮。

フルートを山田はじめ、大嶋義実、瀬尾和紀、室内楽を朝比奈千足、渡辺潤也、村上哲の各氏に師事。またジュゼッペ・ノヴァのマスタークラスを受講。
シュガーホール新人演奏会入選。
フルートアンサンブル「アンサンブル・リュネット」のメンバーとして第16回日本フルートコンヴェンションコンクール・アンサンブルアワード部門において第1位を受賞。
Studio N.A.Tより3枚のアルバムをリリース

眼鏡の生産地として世界的に知られる福井県鯖江市より「さばえブランド大使」に認定されている。