夕方あたりに一度止んで、また降ってきましたね。

これは雨の曲をたくさん紹介しろと受け取って笑、今回も雨にまつわる曲を紹介したいと思います。

日本の雨の曲代表は、僕にとってはどうしてもこの曲になってしまいます。

少し前の日記でも書いたASKAさんの「はじまりはいつも雨」。

1991年にリリースされたこの曲は、当時は短冊形の8cmシングルで、ASKAさんの光に目を細めた感じがすごく雰囲気が出ていて、淡い緑の色がまたその感じを膨らませていました。

「水のトンネル」や「星をよけて」という表現が出てきますが、こんな表現を思いつくのは彼しかいません、まちがいなく。

昔の音楽の聴き方で、歌詞を片手に是非この曲を楽しんでいただきたい。

深く知れば知る程彼の音楽は輝きを増すと、僕はそう思ってます。

当時のASKAさんの映像でお楽しみ下さい。