2017年02月16日

508903979508903969







           半期の授業の最後に、好きな本を英語で紹介するブック・トークに選ばれた本です。

このほかORT stage 9のGreen Island [ペーパーバック]Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2) [ペーパーバック]Magic Adventures Graded Comic Readers Level 1 Set (6冊・CD付き) 英語のコミック・リーダー [単行本(ソフトカバー)]も選ばれました。

理系男子学生も絵本を楽しんでくれました。


shino32 at 17:24コメント(0)多読非常勤 

2017年01月27日

木曜日の多読クラブにいらっしゃるメンバーには
幼稚園や小学校で絵本の読み聞かせをしている絵本通の方が
いらっしゃって、ときどき気に入っている絵本や人気の絵本を
紹介してくださいます^^

Aさんオススメは「ウエズレーの国」。

自分が小さい頃読んだら憧れただろう世界が描かれていて
何度もページをめくりたくなる本です。

ウエズレーの国
ポール・フライシュマン
あすなろ書房
1999-07



原書を購入しました。
Weslandia
Paul Fleischman
Candlewick
2002-08-01

 (928語)

Bさんに紹介していただいたのは100かいシリーズ。
下の階から100階に向かって10階ずつ縦に進んでいく本で、
3年続けて読み聞かせをしている人気の本だそうです。

それぞれのページに細かい工夫があって、
一度だけでは見逃しているところがたくさんあったので、
戻って何度も絵を確認しました^^

英語版は見つかりませんでしたが、ドイツ語と中国語の翻訳本は
出版されています。






shino32 at 08:57コメント(0)多読大人の多読 

2017年01月26日

男子学生の多い学校で多読授業を受け持って
ほぼ10年になります。

もともと読書が好きな学生、嫌いな学生
英語が得意な学生、苦手意識のある学生、
やさしい絵本を喜ぶ学生、ノンフィクションしか読まない(と主張する)学生
などいろいろいます。

幸い、勤務校には蔵書が多いので、定番本や人気シリーズで
それぞれの好みにあいそうな本を紹介したり、自宅の本を持参して
個別に話し対応していますが、学生達はだんだん飽きてきます。

そこでちょっと趣向を変えようと、
1月に入ってからはこんな風に声かけしてみると、予想以上に
手にしてくれたので書いてみます。

続きを読む

shino32 at 16:02コメント(0)多読非常勤 

2016年10月13日

Scholasticのカタログをみて気になっていたCharlie and Lola。

多読クラブにいらっしゃっているAさんから
お子さん達がオーストラリアでよく見ていて大好きだったと聞いて
アマゾンやYoutubeを検索すると、
本もCDもDVDもたくさん見つかりました。

イギリスのDVDは我が家では視聴できないので、まずはこちらのCDを購入。




5話分の音声が入っています。(We honestly can look after your dog/
My wobbly tooth must not ever never fall out/
I've won, No I've won, No I've won/
Whoops! But it wasn't me/ Snow is my favourite and my best)

そのなかの1話がこちら。下にYoutubeのアニメーションを貼りました。
お茶目なLolaと、妹思いのCharlie、そしてお友達との日常が描かれています。

アニメがほぼ10分。絵本の音声は7分くらい。CD音声はアニメの声優さんのものです。
絵本の文字通りではないところもあるので、リスニング力アップにもよさそう。






https://www.youtube.com/watch?v=h5cU9nxKzKc



shino32 at 10:26コメント(0)多読多聴 

2016年10月06日

夏休みの台湾旅行中、ホテルそばのブックカフェに行ってきました。

一階にカフェがあり、ファッション雑誌や旅行関係の書籍、ベストセラーの類が
置かれていました。日本語のもの、日本の本を翻訳したものもちらほら。

地下には思いがけずたくさんの英語の本があったので、家族には先に帰ってもらって
ゆっくり散策。

Eric Carleのコーナー、Yummy Yuckyの赤ちゃんシリーズコーナー、
そして、韓国の出版社JY BooksのCDコーナーもありました。
こちらのCDは評判がよいので、我が家にある絵本で音源がないものを
思い出して、数枚購入。
朗読音声のほか、歌やエコーチャンツなども入っていて楽しく聞けます。

Anthony Browneのコーナーでは豊富な本に目移りしながら選んできたのがこちら。

Changes
Anthony Browne
Walker Books Ltd
2008-06-02



8月、札幌で行われた多読セミナーで「絵を読む」ことの大切さを学んできました。
が、癖はなかなかぬけないもので、絵をみているつもりでも、
文字を追って先へ先へと進んでしまいます。

Changesは何度も絵を見直しました。
絵をじっくりみながら読むと、表紙の男の子の複雑な気持ちが
じんわりわかってくると思います。



shino32 at 11:09コメント(0)多読多聴 
Since Nov. 12, 2005
je-pu-pu 無料カウンタ
Recent Comments
Shopping
Amazonライブリンク
Profile
カフェ
2004年9月から多読をはじめ、
英語の絵本や児童書が
たくさん集まりました。

多くの人にやさしい英語の本を
紹介したいと思っています。
  • ライブドアブログ