2006年09月28日

PIT PARTY /FSW

サーキット。
独特の高揚がある。
ゲートをくぐると何かをはやし立てるかの様なそんなワクワク感がこみ上げてきた。

昨年リニューアルしてすっかり生まれ変わった富士スピードウェイ(FSW).。
20年ほど前、その存続さえままならぬ頃一度足を踏み入れた。厳しい自然条件の下、舗装はひびが入り荒れていた。
今の日本の自動車事情が大人になったとは決して言えないけれど、少なくともモータースポーツは日本の地で再び根付くことができたのかもしれない。


PIT PARTY
今シーズンが最後のF1メインスポンサーとなるMILD SEVENが主催する一大イベント。


一緒に行ってくれるお仲間さんから連絡が入る。
「朝6時に合流ネ」
えーーーっ!
でも頑張って早起きした。
朝日を受けた景色が綺麗だった。お互い早起きご苦労様。

御殿場ICを降りるとルノー車なんていやしない。
やはり人が集まらないのか・・・・? いや、まわりの車がみなFSWに向かってる。
7時過ぎでこの通り!
そうだ、これはルノーのイベントではない。
純粋にF1ファンのイベントなのだ。
メインイベント開始までにはかなり時間がある。そうこうしているうちに会場に到着したお仲間さん達と次々顔を合わせる。
一度スタンドの一角に腰を下ろすがどうやらここにじっとしている必要はなさそうだ。
なにやらピットの中があわただしくなってきた。

ウワンワーーン・・  何かに火が入ったようだ。明らかにフォーミュラーの音。
暫くして更に甲高い音が響き渡る。ワワワワーーーーン! これぞR25V10サウンド!
お仲間さんの早起き英断のおかげでバスでコースを回るサーキットライドのチケットは手に入れることができた。

9時45分集合。急いで向かう。
バスがゆっくりと走り出す。車内のモニターにはコースに沿った片山右京の解説VTRが映し出され一つ一つ説明していく。1コーナーを過ぎると急な下り。富士山の裾野に位置する風光明媚なFSWは晴れれば天国、しかしいったん雨が降ると富士山にしみこんだ水が溢れ出し地獄と化す。こうなるとドライでは全開のコーナーを自転車並みの速度まで落とさなくてはならないという。
自然条件の厳しさは相変わらずだ。
バスが戻ってくるとちょうど短パン姿のアロンソが歩いていた。
こういう姿はフツーの男の子だね。
一般に先駆けて先ずはプレスを乗せて
駆け上がってくる2シーターフォーミュラー

これが終るといよいよメインイベント。
ピットから先ほどのひときわ高い音が響く。
ゆっくりそ姿を現したマシンのインテークにエラのようなスリットが光る。
R25だ。
ドライバーは来期のルノーを操るヘイキ・コバライネン。

全開のF1マシンがストレートを駆け抜ける。 
速い!!
速すぎてカメラのファインダーになかなか収まらない。
仲間達と撮れた撮れないと一喜一憂。撮る方も真剣勝負。

これがF1マシンなのか・・・
R25のパフォーマンスが終るとフィジケラ、アロンソが観客に手を振りながらメインスタンド前を凱旋。
改めて3人のドライバーの紹介。


3人のドライバー、今度はチームカラーのメガーヌRSに乗り込む。
このメガーヌ、既にph2。
最初はパイロンスラローム・・・・あれ?なんか様子が怪しくなってきたよ
テール トゥ ノーズで追いかけっこになってしまった。
完全にアツクなってるF1ドライバー。
向きを変え・・・何やらやりそうな気配   3台揃ってジリジリ・・・・・
1台飛び出してまだ引っ張ってるこの2台。 くるんくるんスピンターンですか!
大喜びの会場は大声援と拍手喝采。
超一流の遊びはホンキ。
後で整備の人が心配そうに車の下を覗き込んでいた。
お遊びの跡がくっきり→
この後一般参加者が同乗できる抽選会。
かすかな期待を抱いていたけれど当然惨敗
案の定後でイベンターの不手際が露呈した(苦笑)

けれど、今は考ない。
得るものは多かった。見たいもの以上のものも見れた。お仲間達と盛り上がった。土産話もできた。Inoueさんが欲しがっていたポロシャツも買えた。

幸運な参加を乗せたRIDE&DRIVEを観て、イベント途中で少し早めに退場することにする。
そう、これから京都まで帰らなくてはならない。

メインスタンドを出るとさっきよりたくさんの人が展示されているネガーヌを覗き込んでいる。
・・・そうだよ、さっきF1ドライバー達が思い切り遊んでいた車と同じだよ。
心の中でそっと呟く。

F1界にはたとえメーカーと言えどそう簡単に入り込めない事情があるようだ。
それが可能なのはおそらくFERRARIぐらい・・?
でも何かできることはあったはず。協賛できないなら一般参加でツアー組んで乗り込めばいい。駐車場の一角をルノー車で埋め尽くせばいい。営業スタッフも一般参加でみんなと一緒に会場で楽しめば、それだけで充分効果がある。
こんな事をつい考えてしまうのもマイノリティー・ルノー車乗りのおせっかい。

早めの退散なのに既に御殿場インターまでは混んでいた。
サーキットが新しくなって周りの道路も綺麗だけれどやはり狭いしアクセス手段が少なすぎる。
来年本番を迎えたらどうなるのかな?
4時頃やっと東名高速にのることが出来た。
会場で一緒に遊んでくれた皆さま有難う!


FSWちょこっと話、次も続く。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shino_172/50751866
この記事へのトラックバック
日曜日は、こんなイベントに、 ねこさわ氏とラグナで行って来ました。 MILD SEVEN RENAULT F1 TEAM meets ageHa。 ルノーF1チームの冠スポンサーであるマイルドセブンが、 クラブイベント・ageHaと組んで、富士スピードウエィ(FSW)で行われたもので、 要するにDJプ...
PIT PIRTYに狂喜乱舞...でも...【戯れ言日記。<Zaregoto-nikki>】at 2006年09月28日 17:35
そんなわけで行って参りました。 MILD SEVEN RENAULT F1 TEAM meets BLUE ageHa PIT PARTY。 絵日記風に今日の流れを時系列順に。
PIT PARTY!【で、ぶろぐ】at 2006年09月28日 23:04
 今日は、富士スピードウェイで開催されたルノーF1のイベントに行ってきました。しんのすけさんのエスパスが朝5時前に我が家に迎えに来てくれました。途中、しのぶさんとP.Aで待ち合わせて合流し、2台でFSWへ。朝日の眩しい7時前に、無事到着したのでした。エスパス...
MILD SEVEN RENAULT F1 TEAM PIT PARTYに行ってきました【frogface diary】at 2006年09月28日 23:43
この記事へのコメント
おつかれさまでした。
ま、道中の高速代・燃料代、そして駐車料金1,000円であの体験。
今は良い思い出です。(^^;;;
それに、ドライバー達のあのサービス。
あれを色々な国でやりながら、歴戦のグランプリを戦っている・・・。
頭が上がりません。

ルノーにこだわらず、H社やT社のイベントに行ってみるのもいいかもしれませんね。
Posted by でぶん at 2006年09月28日 12:21
本気の遊びを見るだけでも、有意義ですね。

もっといろんな所で、いっぱいイベントして欲しいなぁ。


って、今年でJTは終わりですね。残念。
Posted by yasu at 2006年09月28日 12:31
2年ほど続けて鈴鹿のF1の裏方を見れたんで、あの世界の魑魅魍魎さは良く分かります。(つまり権力と金の世界ということ)○十万するパドックパスもたまたまもらえて今思えばブレーク前のアロン素君とすれ違ったりして(あの時サイン貰っておけば・・・)、本当に金と権力のある人の世界もあるのだな〜と痛感したことがあります。
でも純粋なファンとしての気持ちもあるわけで、そういう意味からは一番安いシートでも心から楽しめる方が良いかな〜
Posted by hirotan at 2006年09月28日 12:41
お疲れ様でした。

本物を見れて、とても楽しかったですね。

>偉大なる野放し
この言葉、あの光景を思い出させてくれて、鳥肌立ちました。仕事中に。w


でぶんさんの仰るとおり、ルノーにこだわらず、こういったイベント言ってみるとホント楽しいのかもしれませんね。
でも、カ○ーラで、モクモクターンやられても・・・^^;
Posted by JIJI at 2006年09月28日 15:06
臨場感のあるレポートをみて、思わず「いきたかった」って思ってます。

前日は、某所で自らが走ってましたが・・・

F1はやっぱり文化で偉大なエンターテイメントですね。
14年ぐらい前にイギリスグランプリ予選の土曜にF1レーサーのロードレース(自転車)を観戦する機会がありました。
その時の優勝はシューマッハで、ほんとにみんな本気で勝負(遊んでいた)姿が印象的でした。

ちなみに我が日本よりのレポーターは「世界の中野浩一」さんで何かちょっと浮いていました。
Posted by Hypertension De ROSA at 2006年09月28日 23:21
>でぶんさん
お疲れ様でした。
進行がイベンターの思惑通りに行かなかったのは読みの甘さと、
F1をとりまく環境への経験不足もあるでしょう。
せっかくのV10サウンドを大音量のBGMでかき消しているあたりに苦笑しました。
日本ではあまりなじみの無い催しだけに、それこそHとTはしっかり根付かせる義務があるかもしれませんね。
ドライバーは何に観客が喜こぶか、ちゃんとわかっているのでしょう。
本当に頭が上がりません。

>yasuさん
JTは12年間F1のメインスポンサーを継続していたのですね。
時々たばこについてくるF1のおまけがもう無いのが残念です。

またこういう生の体験ができる機会が日本のどこかで開かれますように。
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年09月28日 23:41
ほんとに、楽しかったですね。

F1ドライバーって、世界最高のドライバーであることを、思い知らされた1日でした。あの3人、メガーヌのあのお遊びの後、僕らが車を停めた駐車場の近くでジムカーナを延々とやっていたのですが、まるでレールの上を走っているかのように超高速でパイロンの間をすり抜けていました。
右ハンドルだろうが、関係ないのね。あの人達。

京都までの続き話、楽しみです。お疲れさまでした。
Posted by そらまめ at 2006年09月28日 23:50
>hirotanさん
逆に言うと資金があれば思い通りになるという世界ですね。
今やF1世界は市販車に応用するための技術開発の粋からかけ離れた、
一種の政治と化していますね。

しかしドライバー達の技量は超一流、これに嘘偽りはありません。
だから水面下で何があろうとやはりF1という世界にみなの尊敬の念が寄せられるのでしょう。

若き(今も若いですが)アロンソのサイン貰いそこね残念!!

>JIJIさん
私はまだ生でF1グランプリを観戦したことはなかったのでやはりホンモノを観れた感激は大きかったです。
好き勝手なことをし始めて既に主催側の手に負えなくなった超一流のやんちゃ達の愉快なこと!

T&Hではどんなイベントに仕立てているのでしょう?
こちらも興味あります。

レクサスLSが周ってもなかなか不気味なものがあります(笑)
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年09月29日 01:02
>Hypertension De ROSAさん
F1のレベルの高さを実際に観るできたのは大収穫でした。
イギリスはグッドウッドといい、TVのトップギアといい、車社会は日本より遥かに大人ですもんね。
そこでF1に接することができたのは羨ましい限りです。

特にシューは子供相手のイベントでもアツくなってしまうそうですね(笑)
それだけの競争心がないとトップドライバーの資格はないのかもしれませんね。

>そらまめさん
早朝からありがとうございました。
あのスラロームどころではなくなってしまったスラローム走行(笑)、
やはり車をある程度知っているだけに更に興味深かったですね。
本当、右も左も関係なし!同時にメガーヌRSのパフォーマンスの素晴らしさ、
菱乗りさん以外にも伝わったかも。

次ネタは皆さんも書かれている“素走り落とし”少しふれようと思っています^^ゞ
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年09月29日 06:33
FSWにて。
「おぉ、右ハンドル関係ないのは流石だ!」と口走ったら
「アロンソ、今はイギリスに住んでるんだから右ハンドルのメガーヌ持ってるでしょ〜(笑)」と指摘するうちの鬼嫁ちゃん。
恐るべし・・・。
Posted by でぶん at 2006年09月29日 13:06
どもです!
遅くなりましたが、トラックバックさせて頂きました、とく@「旧型」Twingoな日々、です!

間近にあの「お遊び」を見たら、確かに欲しくなっちゃいますよね。
>>メガRS

それに何より生「V10」サウンドを聞けた&生「アロンソの走り」を観られたのはいい思い出になりました。
日頃は「走り系」とは全く縁遠いのですが、たまにはモータースポーツ観戦もいいものだと、改めて思ったイベントでした。
Posted by とく@Twingoな日々 at 2006年09月29日 20:53
>でぶんさん
わおっ! 
ご指摘されるまで気がつきませんでした^^;;;
そうですね、英国在住なんですね。
さすが鬼嫁サマ(尊敬)

何卒よろしくお伝えくださいませ<m(__)m>

>とくさん
こちらこそよろしくです。
TBありがとうございます。
やはり最高峰を目の当たりにすると感動と尊敬で気持ちがいっぱいになりますね。
走るF1マシン生で見るのは初めてだったので存在の美しさにゾクっとしました。
F1グランプリのTV観戦もこれから新たな楽しみ方ができそうです。
展示車両のメガーヌがどことなく誇らしげに映りました。

こちらからもTB&blogのブックマークさせていただきますね。
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年09月30日 02:35
 遠路の参加お疲れ様でした。

 ちなみにHは2輪、4輪合わせて春の鈴鹿、秋のもてぎとPR活動怠っておりません。あんまりルノーファンの方は興味ないかと思いますが、毎年地道にやっておりますわよ。皆さん知らないだけ。国産車ファンにも熱い人たちはおりまする。

 でもFSWのアクセス悪すぎ。こんな程度のイベントで道路がこの混み様だったらどうなっちゃうんだろう?またサーキット自体一周が短いのでスタンド仮設するにしても10万人単位の客がさばけるんだろうか?また宿泊施設にしても鈴鹿のように名古屋見たいなアクセスがまだましな周辺大都市がないので大丈夫かいな?といろいろ考えさせられました。

 きっと来年は行けないでしょう。まあ金に物を言わせるT社のお手並み拝見ですね。

 愚痴のかずかずすいません。来週は最後?の鈴鹿見に行ってきます・・・(^ ^)/~~~~~~
Posted by TOMO at 2006年09月30日 21:18
>TOMOさん
お疲れ様でした。
私の場合親戚宅から帰る途中の寄り道だったのでたとえハズレでも失うものが少ないというメリットがありました(爆)

おおっ!大変失礼いたしました。
Hは本社を挙げて取り組まれていますね。
確かに日本に再びF1ブームも巻き起こしたのはHですし、
・・そういえば昔、青山の本社にもF1マシンが登場したりしていましたっけ。
なのでできればもう少しバトン君に本選での順位を・・・

FSWのアクセスと周辺設備にはかなり不安を感じます。
大資金で御殿場線を複々線化する予定でもあるのかな〜(笑)
私も生暖かくお手並み拝見する所存です。
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年10月01日 11:24
もう1週間!早い〜。
楽しかったですね。
いろいろ不満もあれど、イベントが行われた事自体が
有意義であったと思っています。
>大資金
道路とか作ったり御殿場線複線化したり
ほんとにしちゃいそうでこわいですが
よく考えたらインフラ整備だからもう間に合わないですねw

とりあえず12月3日にはニスモフェスがあるので
またFISCO(日産の場合FSWとは呼びたくない!)へ
行けたらいいなと思います。
Posted by ie at 2006年10月01日 18:30
>ieさん
1週間経つんですね〜
私もまだ心のエンジンがアイドリング状態でサーキット熱の
オイルが全身に周っています(笑)

>>インフラ整備
きっと便乗して周りが勝手に設備投資してくれるだろうと
考えていたりして>大企業様
ついでに富士急行も傘下に入れたりして ^^;

>>FISCO(日産の場合FSWとは呼びたくない!)
激しく同意!
ニスモフェス・・今年中にもう一回関東遠征か?(爆)
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年10月02日 09:13
そういえば、R30に『RSターボFISCO』ってありませんでしたっけ?
Posted by サボテンGT-E・S at 2006年10月08日 14:18
>サボテンGT-E・Sさん(HN受け〜)
記憶に無かったのでググってみましたがよく解りませんでした^^;
シルエットフォーミュラーのTURBO-Cなら覚えています。
当時のR30のCMにもワンシーン出てきていました。

それにしてもサボテンさんの記憶力と旧車の知識には
いつも脱帽です。
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年10月09日 08:47
あ、済みません。シルビア/ガゼールっぽいです。
ターボC言われてそんな気が・・・・

ただ単に過去ネタ好きなだけです、ワタシ^^
Posted by サボテンZS-E・X at 2006年10月09日 13:40
>サボテンZS-E・X さん
シルビアにあるみたいですね。
ということはガゼールにもアリですね(笑)

サボテンさんの書き込みで思い出す事多しですσ^^
Posted by しのぶくん@脳内自由人 at 2006年10月12日 01:24