iPhone 4利用時に購入したアルミバンパー。決して安い買い物ではないのでiPhone 4Sでも有効活用したいところですが、悲しいことにiPhone 4と4Sではマナーボタン・ボリュームボタンの位置が微妙に異なっており、Apple純正バンパーすら買い換えが必要な状況です。

というわけでiPhone 4用に購入したアルミバンパー3種類をiPhone 4Sで利用できるのか実際に試して見ました。

000


まずは初代Vapor4。
DSC03253

なかなかクール。
DSC03249

DSC03250

ボタン部分。広めにスペースを取ってあるので問題なし。
DSC03251

Vaporシリーズは共通してマナーボタン周りが大きく空いているので、基本的にiPhone 4/4S両対応として利用できます。


続いてe13ctron S4
DSC03264

白と赤の組合せはちょっと新鮮。
DSC03254

DSC03255

ボタン部分。マナーボタンにパーツがかぶさってますが、マナーモードの切り替えは可能です。
DSC03256

マナーモードを解除したところ。
DSC03257

斜めから見たところ。
DSC03259

上側のパーツを外して見ました。マナーボタンとバンパーは触れるか触れないかのギリギリのところ…。
DSC03262

ギリギリ浮いてる…?
DSC03263

機能的には問題有りませんが、マナーボタンが少し隠れている状態はデザイン的にちょっと微妙です…。ちなみにe13ctronからはs4の他にVerizonモデルのs4vシリーズも発売していますので、そちらであればiPhone 4Sにジャストフィットします。
 e13ctron s4 & s4v aluminum cases


最後はCLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone4。装着できた…。
DSC03265

DSC03266

ボタン部分。
DSC03267

マナーボタンを切り替えたところ。きちんと操作できます。
DSC03269

バンパーを外してみたところ、マナーボタンのパーツはこんな感じでくっついてました。
DSC03270

DSC03271

DSC03272

マナーボタン用パーツの中心がずれていますが普通に操作可能です。ボリュームボタンやスリープボタンも問題なし。これは予想外…。あくまで筆者が試した範囲であることをご理解して頂いた上で、常用に問題はなさそうです。
ちなみにメーカー直販のディーフ楽天市場店ではいつのまにか対応機種がiPhone 4/4Sになっています。これは公式に両対応という認識っぽいですね…。

リミテッドエディション(楽天)とか個人的にかなり惹かれますが、底面部のエッジが強烈すぎて底面小指支え派の筆者には使えないのが悲しい…。
02

気になる方はレビュー記事をご参照下さい(*・ω・)ノ
 『CLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone4』 レビュー