iPhone X、Galaxy S9 plusに引き続き、10万円超えのHuaweiフラッグシップ端末「Huawei P20 Pro」を購入してみました。まずは外観からチェックしていきます。

tweetPic_1609
HUAWEI P20 Pro Smartphone | Android Phones | HUAWEI Global


今回も毎度おなじみのEtorenから購入。Etorenは輸入消費税/関税込みなので、あとから関税を収める必要がないので楽です。本体価格は送料込で$977.00=約¥105,000。高いすな…。今や端末価格の10万超えが当たり前になってしまいました。

P20 Proの基本的なスペックをおさらいしておきます。

端末 Huawei P20 Pro Dual Sim 128GB
OS Android 8.1 Oreo
CPU Octa-core (4x2.4 GHz Cortex-A73 & 4x1.8 GHz Cortex-A53)
RAM 6GB
寸法 155 x 73.9 x 7.8 mm
重量 180g
バッテリー4000mAh
ディスプレイ 6.1インチ 1080 x 2244px (18.7:9)
カメラ 背面 12MP (f/1.5-2.4、26mm) + 12MP (f/2.4、52mm)
カメラ 前面 8 MP (f/1.7、25mm)
動画撮影 2160p(30fps)、1080p(60fps)、720p(960fps)
外部メモリ
なし
防水・防塵性能
IP67


カラバリはブラック/ブルー/トワイライトの3色。トワイライトが今回の一押しカラーのようですが、在庫がないしどうせケースするのでブラックをチョイス。
各カラバリのイメージは Android Authority によるレビュー動画をご参照ください。




大手メディアによる記事も合わせてご紹介。

トリプルレンズ搭載スマホ「Huawei P20 Pro」の海外版が入荷、実売12万円越え | AKIBA PC Hotline!
「HUAWEI P20 Pro」のカメラはスマートフォン史上最強 - 日経トレンディネット

iPhone Xを上回った? 3眼+AIカメラの「HUAWEI P20 Pro」実機レビュー | BUSINESS INSIDER JAPAN
HUAWEI P20の「ノッチを隠す」機能は地味ながら新トレンドとなる予感 - Engadget 日本版




鏡面でカッコイイけど指紋が目立つボディ

早速P20 Proの外観をチェックしていきましょう。なんといってもP20 Proの魅力はクールな背面デザイン。鏡面仕様のピカピカボディと3眼レンズが個性を放ちます。

DSC00853
 シンプルで美しい背面デザイン。メーカーロゴやLEICAロゴは横向きになっています。


DSC00856
 ご覧の通りバッチリ反射します。電車内等での利用時には注意が必要ですね…。


DSC00813
 撮影用にキレイに拭いていますが、指紋が付くとご覧の有様。ケースは必須か…。


DSC00858
 デザインも美しいLEICA監修の3眼レンズ。


DSC00841DSC00842
DSC00843DSC00844
 液晶面には最初から光沢タイプの保護フィルムが貼ってあります。


DSC00849
 液晶上部はフロントカメラとスピーカー部分がノッチ仕様に。


DSC00847DSC00848
 左側面にSIMスロット、右側にボリュームとロックボタン。USBはTypeCです。


DSC00857
 レンズはそれなりに出っ張っています。


■ 標準付属のTPUケース

今回購入したP20 Proには標準でTPUケースが付属しています。国内で販売される場合に付属するかは不明ですが、こちらも合わせてチェックしておきます。

DSC00860
 いたって標準的なデザインのクリアTPUケース。


DSC00865
DSC00863
 液晶面よりギリギリ前面に出ています。


DSC00861DSC00862
 背面はドットパターン加工されていますが、若干のモアレが発生します。


標準でこういったケースが付属している点はありがたいのですが、このケースを装着するとせっかくの鏡面デザインが台無し。とはいえケースをしないと指紋でベタベタ…。なんとももどかしい限りです。

次回以降、カメラの実例やS9+との比較、ソフトウェアレビュー等をご紹介してく予定です。





当ブログ及び著者は技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用して下さい。技適法律に反した利用について、当ブログ及び著者は一切責任を負いませんのでご注意下さい。