11DJcVelvUIAE0ats

肌寒い雨の週末となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

あっという間に寒くなり、風邪を引きやすい時期なので気を付けて下さい。

こんな時は、可愛いペットのM奴隷を連れて露天風呂付きの部屋でマッタリと

調教三昧と行きたいものです。

さあ、本日は新シリーズが始まります。

今回のお話は、8年程前に3年程飼っていたペットのお話です。

最後までごゆっくりとお楽しみ下さい。

 

貴女も中イキや連続イキなどをしたいのですか?

憧れの快楽地獄へ行けますからね。

しかし、いい加減な気持ちでは中イキなんてできません。
人生の最高の時間を無駄にしてませんか?

ご相談やご質問もお受けしております。お気軽にどうぞ。


10月になって新しい商品も出ている様です。

地獄丸使用の快楽地獄責め調教用マシン等
欲しかったあのアダルトグッズを手に入れましょう!
地獄丸のお勧めは
究極のローター「乳クリローター・FiFi2(子機付き)」です!
クリトリスや乳首を調教できるダブルローターです!これは素晴らしいです♪

地獄丸使用の調教道具1 NIGHT HEAVENからも他には無い物が発売されています!!

また、私の一押しのショップは、安くて信頼の出来る
NLSのアダルトショップです!
こちらで良い物を探してみては如何でしょうか?

2人でも責めにも使えるバイブレータの、

2X RCダブルバイブレーターが人気ですよ!


【その1】




私が趣味でやっている車のレースが今年も筑波から始まった。

ショップのオーナーが今年も新しいRQの女の子を3名雇った。

その中に、今回ご紹介する奏が居たのだった。

 

奏は、3人の中でも一番幼い顔をしていたが、スタイルは抜群で人気のRQだった。

しかし、サーキットやショップのイベントで何度も会っているうちに親しくなり、

一緒に食事を行ったり、送って行ったりするうちに色々な話を聞く間柄になった。

 

ある日、打ち上げパーティーの帰りに相当酔っぱらった奏を送っていく羽目になった。

車でマンションに送る道中、酔った勢いなのか奏は自分の性癖の話をしだした。

よくよく聞いてみると、自分はMだと言うのだ。

 

それに、元々SMに興味はあったけれど、これまでチャンスがなかった奏。

話を聞いてみると、どうやらRQをしているくせにコスプレが好きで、

普段からよく自宅やコミケでコスプレを楽しんでいたらしい。

そんな話で盛り上がっているうちに、気が付けば二人はホテルで寝そべっていた。

 

「酔った勢いとはいえ、本当に良いの?」

 

少し考えていたが、奏は私を見詰めて頷いた・・・


 

調教用乳責めマシン
地獄丸使用の調教用乳責めマシンです!

INMI クリトラルシュティムレーター
クリ責めマシンとして秀逸です。

何回かデートを重ねて行くうちに、私は少しずつ拘束したり寸止めしたりして様子を見た。

すると、3回目のデートの時についに奏が正体を現した。

 

「いつも私に色々命じたり、我慢させたりするでしょう?どうしてですか?」

 

ホテルのソファーで真面目顔をして聞く奏。

 

「それは、奏がこういうの好きだって好きだって思ったからだよ」

 

顔を真っ赤にして俯く奏。

 

「そ、そんな・・で、でもそんな事判るんですか?」

 

私は、その時の奏の恥じらいながらも嬉しそうな顔をしたのを見逃さなかった。

 

「だってこうされるの好きだろう?」

 

「ぁっ!なっ・ぁああ!」

 

私は、奏の両腕を掴むと頭の後ろに持ち上げたままソファーに押し倒した。

そして、片腕で奏の両手首を掴むと、余った右手を服の中に入れて胸を鷲掴みにする。

そのまま首元を噛んでから舐め上げて耳元で囁いた。

 

「こうやって自由を奪われて、陵辱されるのが好きなんだよな?お前は!」

 

「いやぁ――っ!ぁああん・・んんぁあ・・・ぁ・・ぅうん・・うぁあ・・だめぇ!」

 

体をよじらせて私から離れようとするが、耳を噛まれると力を失い感じ始めた。

 

「はぁ・・はぁ・ぁあ・・ぁ・うう・・ぁ・・あんあん・・ぁああっ・・」

 

私は、首筋から耳周りに下を這わせながら、卑猥な言葉を浴びせかける。

 

「ほら~!こんなに感じて・・お前が望んでいるのは、私に調教される事だろう?」

 

奏は、首をひねって避けようと必死になっている。

 

「ぁあはぅ・・ああ・・いやぁ~・・だめ・・そんな・・ぁああん・・」

 

私は更に責め上げながら奏に問いただす。

 

「さあ、どうなんだ?されたいんだろう?調教して下さいって言えよ」

 

激しい声を上げながらヨガリ続ける奏は、それを受入れたらマズイと必死に抵抗する。

しかし、張りの良い綺麗な胸をモロ出しにされ、両手を持ち上げられて乳首を吸われると

更に大きな声で感じ始めるのだった。

 

「ぁああ・・・ゆ、ゆるしてぇ・・あ・ぅはぁ・あ・・んん・・ああん・・」

 

私は、両腕を持ったまま、へその周りや腰を舐め回しながら問いただす。

 

「さぁ!言うんだよ!調教して私を責めて下さいと!」

 

「いやいやぁ~!ぁああ!そこはダメェ!ぁあ・・はぁはぁはぁ・・ぁああ・・

ぁあ・・いやぁ~・・私を責めてぇ~ぁああ!んぁああっ!」

 

遂に自分から責めて欲しいと言い出した奏。

意外とあっけなく調教して欲しいと言うものだから、私は少しがっかりした。

嫌がる女を屈服させる過程が面白いのに、意外と簡単に言われては楽しみも半減だ。

 

「もう降参かい?それじゃ、私の言う事を聞いてもらうからね。いいね?」

 

奏は、頷きながら悶えている。

 

「ぁああ・・・はい・・あぁああ・・ひぃああ・・やめてぇ~!」

 

その日は、両手をガウンに腰紐で縛って虐めまくってやった。

その時の奏の乱れようったら凄かった。

今までに無い様な声を出し、自分が如何に変態でマゾであるかを思い知らされたのだ。

 

最後は、ヘロヘロになってしまいホテルに泊まることに。

翌日は、腹筋やら内腿やらが筋肉痛になっていて苦しんでいたが、

それでも今までに無い快楽を味わい、憧れていたSMも軽く出来た訳だから

満足そうに私の傍らで甘えていた。

 

「次はいつ頃会えますか?」

 

寂しそうな顔で私から離れようとしない奏を愛おしく思いながらも、

次回は一週間後の土日で逢おうと約束して家に帰した。

もちろん次からは本格的な調教をするのだ。

 

早いもので、もう一週間が過ぎていた。

約束の駅まで奏を迎えに行くと、言われた通りにマイクロスカートにニーハイブーツ姿。

胸元を拡げたままのパーカー姿で現れ、車に乗り込むなり私にしがみ付いた。

 

「は、恥かしかったです・・・」

 

震える体をキツク抱き締めてやると、車をホテルへと走らせた。

 

車での駅や電車の中で男達の犯すような視線を浴びながら1時間我慢して来た奏。

それでも私の命令をしっかり守る事は出来た様だ。

ホテルに着くと、広めの部屋をチョイスした。

 

「さあ、これを着てみて。こういうのが好きなんだろう?」

 

それは、女子高生のブルマーとTシャツだった。

今回は色々なコスプレをさせてSM調教をする事にしたのだ。

まず最初は、ブルマー姿になった奏をきっちりと緊縛して縄の味を覚えさせるのと、

鏡の前で責められる自分を晒すことで羞恥を煽っておく。

 

「ぁああ・・縄が喰い込んで・・ぁあ・・ぅう・・ああ・・」

 

肌に食い込む縄の感触に瞳を潤ませる奏。

しかしただ緊縛しただけでは済まさず、そのまま縄の上から体操服を着せて、
全身を緊縛されたままの奏を連れて廊下を首輪にチェーンを付けて散歩させた。

 

歩くたびに股に食い込む縄に足元がおぼつかなくなるが、

理由はそれだけではなくパンティーの中に仕込んだローターが

絶え間ない刺激を奏へ与え続けていたからだった。

 

「ぅう・・恥ずかしい・・・見られちゃう・・」

 

そう言いながら俯きながら引かれて廊下を何度も往復させらられる。

本当は、外に連れ出したいのだが・・・

今回は、廊下を歩く事で許してやった。

 

「良し!今回はこれくらいにするか。戻るぞ!」

 

「は、はい・・・」

 

部屋に戻ってきた奏のパンティーにはエロい染みがくっきり滲みでているのだが、

恥かしがる彼女を押さえつけM字開脚で緊縛調教を開始した。

鏡に向って股を広げたままオナニーを命じると、

羞恥を感じながらも先程までの苛めで疼いていたマンコは、

激しく動く指を陰液で濡らすのみだ。

そしてそんな奏にセーラー服を手渡すと恥ずかしそうに着替え始めるのだった・・・

 

 

次回へ続く・・・


 

 

如何でしたか今回の調教は?

奏は、憧れていた調教を受けられて幸せそうでしたが、

初めての体験でしたので、それはもう恥ずかしがりました。

それでも必死にやってしまうところがとても可愛いペットでした。

さあ、次回は更に奏を本格的に責めていく場面を書いて参ります。

次の更新をお楽しみに!

本家


SM Blogも、絶賛連載開始しております!**死ぬほど感じ隊!**『とある快楽師の調教物語』もよろしく!

【お知らせ】

元祖!「死ぬほど感じ隊!」は、こちらをクリック!
死ぬほど感じ隊!の入口⇒http://zigokumaru69.blog.fc2.com/
別冊「死ぬほど感じ隊!」快楽地獄指南書(SMとイキの基本とM女ケア)は、
ここをクリック
別冊入口⇒ 
http://zigokumaru.blog52.fc2.com/

★地獄丸へのSM調教志願は
LlNEの zigokumaru かmailで zigoku69sm@gmail.com まで
 悪戯や冷やかしは厳禁。短期間の調教やお試し調教は致しません。

これから調教志願する人は必ずこの下にあるリンクから調教の募集要項参照ください 
しかしながら、あくまでも参考として観て下さい。すぐに全部出来なくてもOKです。
 http://zigokumaru.blog52.fc2.com/blog-entry-8.html


【注意喚起】

ちなみに上記Blogは極一部にフィクション?が含まれております。くれぐれも18歳未満の当Blogへの立ち入り閲覧等を固く禁止致します。また、医療類似行為・虐待行為・は、法律等医師・薬事法違反・傷害罪等となり各種の法律等で固く禁止されております。 当Blogでは、如何なる犯罪行為・違反行為・違法行為・迷惑行為等を禁止します。また、警察当局及び関係機関の検挙・処罰の対象になりますので、決して類似行為等を絶対行わないで下さい! 当Blogに書かれている内容を実践したりして、無理な行為・怪我・障害・傷害・処罰されたり、法律を犯す行為があって事件事故・傷害等があっても当方は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。皆様の常識ある行動言動をお願いします ※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。 報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。 当サイトの映像・画像・引用文章は著作権法32条で保護されています。


【著作権法32条】

公表された著作物は、 引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内 で行なわれるものでなければならない。 ※著作権法遵守について 2012年10月より施行されました改正著作権法において、違法ダウンロードに対する罰則が制定されました。 違法にアップロードされた動画、音声を、そのことを知った上でダウンロードすることは著作権法に違反し、民事、刑事上の責任を問われる行為となります。 詳しくは文化庁などのサイトをご確認ください。詳しくはこちらをクリック私のBlog「死ぬほど感じ隊!」」では以前より、著作権法に違反しないようにしてまいりました。ウェブサイト上で告知してきましたが、今後も方針は変わりません。 引き続き「Re:死ぬほど感じ隊!」をご利用いただくうえで著作権法を遵守していく事・していただく事を、改めてお願 い致します。 
ローテティング G&Pスポットマシン
ローテティング G&Pスポットマシン

ストンピングラブボール エクスタシーハンドル
ストンピングラブボール エクスタシーハンドル