2010年12月05日

登山・・・阿蘇・鷲ヶ峰・北壁Dフェース(阿蘇市)

何時ものメンバー 今日も根子岳の主が仕事で参加できないので

 阿蘇を止めて久しぶりに陶ヶ岳に行こうかと言っていたら・・・

 凧さんが天気が良いので鷲に登ろうとの提案あり。

 異論無く大賛成で

 又、また、又、鷲ヶ峰に登る事になりました

 メンバーは私と相棒と凧さん、そして若宮山岳会のY田さんの4人です。

 57号線から仙酔峡に曲がった所で

 凧さんが後ろの車がK川さん達だったのを発見する。


素晴らしい天気 結局仙酔峡駐車場でK川さん、S藤さん、りゅうさんの3人と合流。

 何故か?7人で一緒に鷲ヶ峰まで登る事になりました。

 しかし今日は素晴らしい天気

 しかも視界が良い

 仙酔峡から九重がこれほどハッキリ見えたのは初めてのです。


谷には氷もある 
 何時ものように関門で一休みする。

 赤ガレ谷を見ると

 少し氷が付いてる

 今年は厳冬でアイスクライミングが出来るように期待しながら見ていた。

第一キレットから登る 落石注意のガレ場を登り

 第1キレットまで登り

 ジャンダルムの丘に到着する。





遠くまで良く見える 素晴らしい天気

 凄い眺望

 この景色だけ見ても来て良かった

 でもここからは行ってはいけません





鷲ヶ峰 鷲ヶ峰を見ると先発隊がいる

 北稜を登る3人と

 多分???

 北壁を登ろうとしている3人が見える

 初めて見ました私達以外で

 北壁に登るパーティ

 後で直ぐ分かったのですが

 さんらく会の方々でした。

 定番の動画をどうぞ













ミッチーさんDフェース核心登る 北壁のグループが手を振っている

 顔が広い凧さんの知り合い

 何故か?「ドライバーさん」との声が聞こえる

 何で私と分かるの????

 不思議でしたが・・・

 ミッチーさんでした

 でも北壁の取り付き点が分からないようで

 右往左往されてる

 こちらから大声で教えるが・・・

 遠いのでハッキリ伝わらない

 準備が出来ている凧さんとY田さんが先に赤壁登って近づいて教えに行くが

 取り付き点が分かったようで登り始めた

相棒と凧さん中央ルンゼ 安心して私と相棒がゆっくり赤壁を登った。

 K川さん達も続く

 北壁を登る為に誰と組むか

 Dフェースは1Pしか登っていない私とリベンジのY田さんと登る事になった

 Dフェースは先発隊がいるので下で待機する。

 相棒は初めて凧さんはリベンジで中央クラックを登り始めた。













K川さん達は匂坂ルート ミッチーさんが核心の2P目を登った所で

 私が1Pを登り始める(何故なら2Pは絶対リード出来ない

 何とか・・・1P終了点のテラスに到着

 テラスでお話した可愛い娘がヒマワリさんでした。

 足元を見ると3人共アプローチシューズ(実際は沢靴)だそうです。

 これで2P目を登るとはミッチーさん凄い 凄すぎです

 赤壁を登り終えたK川組に

 私が匂坂ルートが空いてる事を告げると

 K川組は匂坂ルートを登り始めた

 相棒、凧さん、K川組とさんらく会の方々はラリナガ繋がりのようだ

 私はミッチーさんと綾吉さんは分かるが他の人は多分初対面です。

九重が良く見える いよいよ私達の番です

 私はビレイするだけ

 リードは勇気ある4kg減量したY田さんです

 フェイスに出て問題の3ピン上で・・・

 前回と同じで場所で 滑落

 再度チャレンジするが・・・ 滑落

 もう少しだが・・・ 滑落

 私は諦めて得意の「撤退」を提案するが・・・諦めないY田さん

 とんでもない事を言い出す「私に3ピンまで登って体を押してくれ

2P最上部 本当に二人居れるの・・・

 恐る恐る 渋々 登り始める

 厳しい フェースに出る時 私も滑落
 
 直ぐにフリーで登るのを諦めてアッセンダーを取り出すが・・・

 設置と登るのに手間取る

 3ピンまで登るが・・・2人居れる所ではない

 ここからY田さんの肩を使って私に登れと

恐すぎ何で・・・私はビレイ役なのに・・・ブツブツ

 トライしたが・・・あと一歩出す勇気が無く諦める

 私が再び「撤退」を提案するが・・・

 Y田さん手足が回復した言い出す

 そしてもう一度チャレンジ

 私がY田さんの足を押さえて

 お〜 見事 上の穴に登る

 腐れピンでビレイしてもらい私が2P目終了点まで登る

 本当に死ななくて良かった

 私が3P目をビレイしている時、西稜の肩からミッチーさんが挨拶して
下山して行った。

 壁を登っているのが私達だけに成ってしまいました

 3P目は問題なく終了点に到着

 無事クライミング終了しました

鷲ヶ峰山頂 何でも有りでしたが

 私はDフェース初めて登り大満足です

 Y田さんは課題がクリアー出来ずに不満そうでした

 遅い遅い鷲ヶ峰山頂に到着

 K川さん達は居るが・・・

 相棒と凧さんが居ない

 私達を心配して先に降りたそうです。

 遅い昼食を食べる

 それにしても今日は素晴らしい天気   大眺望です

山頂の眺望2遠く雲仙も見える山頂の眺望1

 
 
 

 

 

 
 素晴らしい景色にしばし見とれる

 名残惜しいが・・・下山しないと暗くなる

整備されている 私とY田さん、K川さんS藤さんそしてりゅうさんの5人で下山開始

 下山途中懸垂下降する支点が

 丈夫なリングに変わっていた

 整備された方々に感謝、感謝です

日が暮れていく 関門まで降りたところで薄暗くなってましたが・・・

 何とか下山する。

 駐車場で相棒と凧さんが待っていた。

 かんぽの宿に直行かと思いきや・・・誰かが時間が無い

 そのまま帰福しました。

 今日で北壁は3ルートを経験しましたが・・・

 課題は多い・・・特にDフェースはまだ私には無理のようです。


 

 
 

 
 

人気ブログランキング

   

ランキング参加中ですワンクリックお願いします



 私も 電子タバコ で禁煙しました

 そして Store Miichan通販生活してます


 



shinoji2001 at 23:05│Comments(8)クライミング登山 |  阿蘇鷲ヶ峰

この記事へのコメント

1. Posted by スナフキン   2010年12月09日 21:24
ご無沙汰しています。

私は10月にロードバイクで大転倒してしまい、
手を骨折したり、肩を脱臼したりで大変でした。
職業柄、怪我をしては
飯が食えないと痛感いたしました。(笑)

クライミングのレベルアップは物凄いですね。
恐ろしくて、着いていく事は不可能ですが、
縦走でもする時がありましたら
ご一緒させてくださいね。

それではまた・・・・。

2. Posted by みっちぃ☆はやぶさ   2010年12月10日 00:12
ちは!
鷲ヶ峰ではお世話になりました!

はじめての北壁、とても楽しく登れました
アリガトウゴザイマス。

これからも、いろんなとこでお会いできるのを楽しみにしてます。

これからも、ヨロシクお願いします!
3. Posted by 登るタクシードライバー   2010年12月10日 03:04
 スナフキンさん こんばんは。

怪我で仕事出来なかったのでしょうか?
私も怪我が一番恐いので気を付けます。

根子岳逆縦走したい人もいるので
白猫縦走も楽しいので行くと思います。

ではまたの参加を歓迎します。
4. Posted by 登るタクシードライバー   2010年12月10日 03:10
 ミッチーさん こんばんは。

何もお世話してませんが・・・
アプローチシューズでDフェース登るなんて
凄すぎです!

でも天気が良くて素晴らしい条件でした。
北壁卒業しなくて匂坂コースも登ってみてください。

こちらこそ宜しくお願いします。


5. Posted by クライマーDon   2010年12月10日 07:40
12月5日、天気はよかったですね!
私は都合で本匠でしたが、鷲はすごいですね。

12日はよろしければ参加させてください。
6. Posted by ひまわり   2010年12月17日 07:06
タクシーさん、先日は大変お世話になりました。
周囲の話題やブログでは名前は知っていたものの、初めてお話できて光栄でした^^あんな狭いテラスでしたが(笑)
また、スリング回収をお願いして申し訳なかったです!ありがとうございました!
昨日、S藤さんからラリナガで受け取りました!!
今後ともよろしくお願いします☆☆
7. Posted by 登るタクシードライバー   2010年12月18日 04:57
 ひまわりさん こんばんは。

我々が手間取って山頂でスリング渡せずにすみません。
私はラリナガには行けませんが
また何処かの山でお会いしましょう!
8. Posted by テファニー 結婚指輪   2013年11月10日 00:53
He turned frightened eyes about the room to find outwhere that wee, little voice had come from and he sawno one! He looked under the bench--no one! He peepedinside the closet--no one! He searched among the shavings--no one! He opened the door to look up and downthe street--and still no one!
テファニー 結婚指輪 http://atn-factory.jp/tiffanyco.php

コメントする

名前
URL
 
  絵文字