10年以上前ですが、鉗子を買いました。

そうです。
手術のシーンなどで血管にくっつけておく、
先っちょをロックできる細長いハサミみたいなアレです。

こんなやつ。


 手芸など、わりと小さな作業をするときに使っています。

鉗子を買う前は、ピンセットでじゅうぶんだと思っていたのですが、
先端はけっこう強い力で布などをつかめて、さらにロックできるので
使ってみたらもう手放せないのでした。


具体的に何に使っているのかというと・・・

IMG_20220925_211450~2[276]
こんな感じのタグを作る時などに使っています。
これはランチョンマットや布巾などの端にループにして縫い込み、
ひっかけて使えるようにするためのパーツです。


鉗子の使い方としては・・・
IMG_20220925_140533~2
細長い布を中表に二つ折りにして端を縫って、

IMG_20220925_140553~2
縫い代を割り、

筒状になった部分に鉗子を差し込んで、
出口側の布を少し折り込んで鉗子の先ではさんでロック。
IMG_20220925_140621~2
しっかり折り込んではさむとうまくいきます。

あとはこのまま・・・
IMG_20220925_140711~2
鉗子を入れた側の布を手で押さえながら、
鉗子をぐいっと引っ張り出します。

裏返りました。
IMG_20220925_140728~2
あとは仕上がりに整えて、お好みでステッチなどを入れれば完成です。

あんまり細いものは無理ですが、
それなりに太さのあるもの(例えばエコバッグの持ち手など)は
鉗子でズバッと裏返せたりして便利です。


こんな作業のほかにも、

ミシンで縫ったところを解きたいときに
上糸か下糸のどちらかを鉗子で固定して引き抜くと早いし、

ウエストゴムを通すときに、通そうとしているゴムの反対側の端を
はさんでおけば、うっかりウエスト内にゴム端を引き込んでしまうのを
防げます。

小さなぬいぐるみを作るのにも、中表に縫ったパーツを
返し口から返すのに使えて超便利でした。

ちなみに私の鉗子の先っちょが変色しているのは
バーナーであぶったからです。
Tピンの先にガラスを溶かし付けてオリジナル待ち針を
作ったときの名残です。


熱く語りましたが、鉗子は使えるコです。
手芸やってる人は1本持ってて損はないです。
個人的には超オススメ。