August 12, 2016

2016夏その2

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

shinostruck at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2016

24日目。

今日は早朝からほとんど休まず
フルで働きましたーーーー。12時間!
熱中症に気をつけねば。

もともと効率というものを知らないわたしがお年頃になって
ますます時間をかけて仕事をしています。
30代40代の1.5倍はかけているのでは、、、、、?
よく
忙しいねー!
と言われますが
いえいえ、
時間をたくさんかけているのです。
より丁寧に仕事ができているに違いない。と信じ
頑張ります。

お休みも仕事も混ぜこぜな
夏休み日記はこれにて終了しようかな。

ありがとうございます。

ここ3年間の統計だと
2週間過ぎるともぞもぞ
してくるみたいです。
そして気づいたのですが
何もしていない!という焦りは
何の役にも立っていない!
に繋がるようです。
何かの役に立っていたいのですねいつも。

でもー。 続く?imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage


夏休み写真その1。

1週間くらい自然に身を委ねていると
自分はこの自然の一部なんだ。と
感じることができる。
ある説によるとそう感じるのには3日
必要だと。




日常でもそう感じて生きていこう。


shinostruck at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2016

17日目。

春江おばあちゃんが
天国に召されました。
102歳。

新聞記者だったというおじいちゃんは
終戦間際に戦死して
第二次世界大戦後の
激動の日本で女ひとり
ふたりの子どもを育てあげ
自立し自由に生き抜いた女性。

どこにでもある嫁姑の確執。
私は母への遠慮から
おばあちゃんとは
一定の距離を保つ感じでここまでずっと。

施設から病院に移っての数ヶ月
母は毎日2回
おばあちゃんのところに。

もしかしたら母がいちばんかなしんでいるのかもしれない。

3週間くらい前に
母と交替しごはんを食べさせに
病院に通った時は
(そう!ごはんをきちんと口から食べていた!)
まだまだきっと大丈夫だなあ。と安心して
仙台を離れたのだけれど。

おばあちゃんに花を届ける度
(母も庭の花を届けていたから
いつも花がおばあちゃんの側に。)
おばあちゃんの顔や手を撫でて
じーっとおばあちゃんを見ていた。
ほとんど骨と皮のちいさなおばあちゃんを。
眠っていることが多かったけど
目を覚まし目が合うと
とても愛らしい笑顔でうなずく。
わたしが誰かはわかっていなかったかもしれないけれど。

その笑顔のおかげか
看護師さんからはいつもあたたかく
接していただいていた。


続く。





shinostruck at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 31, 2016

14日目。

クリアになった途端
また途方に暮れる繰り返し。
参ったなー。
でも大丈夫。
すべてのタイミングは完璧だから。
ここでいう完璧とは
最高の。という意味ではない。
起きることが起きるだけだから
いいも悪いもない。
そう
タイミングにいいも悪いもないのだ。

ずーっとタイミング悪いなわたし。と
生きてきたからな。あ、バランスも。
バランスも然り。
バランスを取ろうとすればするほど
バランスは崩れる。

わたしたちの手の届くところには
完璧なタイミングもバランスも
ないのだ。

そこで
今日はなんとなく
ファスティングデーに決まりました。

明日は市場だし
なんだかんだいって
いい感じです。

image

写真はファスティング中に
握った7種類の具材入り玄米おにぎり。
そんなこともできるようになりました。
まだまだ意志は弱いけどー。

おなか空き過ぎる前に早く眠ろう。
明日は444に起きるー。



shinostruck at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 30, 2016

13日目。

この世界は不思議なことばかり。
不思議なことだけでできている。


天文台のスタッフが

天文学的にも
地球は奇跡の星。

と話していた。


まだ10%も解明されていない宇宙には
きっと限りはないのだろうな。
限りのない世界なら
きっと不思議も不思議ではないのだろう。
奇跡も奇跡ではなくなる。



太陽を米粒ひとつとして
学校にあるプールを満杯にした
16個分くらいが今わたしたちがいる銀河。
そのまた2000個分が宇宙、、、。



これも天文台で聞いた話しだけど
メモした紙を失くし
うろ覚えなわたし、、、。
数字間違えてたらごめんなさい!


わたしたちの想像を超えたところに
わたしたちは存在する。


さらに。
宇宙の誕生を起点に
わたしたちの誕生の歴史を見てみると
宇宙は137億年
ひとは
まだ4時間の生まれたて!

ひとりひとりの一生は
どのくらいになるかというと80歳として
0.1秒ー。一瞬。一瞬もない?


ひとの
感性や想像、経験
まして概念などというものは
なんとちーっぽけなことか。


ちっぽけな世界には
そろそろさよならしよう。

知る。ということはとても大切で
すべては知ることからはじまるけれど
知れば知るだけ
知らないことはまだまだたくさんある。
と知ることを忘れずに
謙虚さと感謝と愛に満ち
限りない世界にわたしたちが在ることを
知ろう。image








shinostruck at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 29, 2016

12日目。

image

これから東京に。

魂の洗濯、選択は
確認だったりする。
確認は何回してもいい。

クリアに純粋に遂行
そして輝かせるのだ。
輝きは内なるものすべてを
照らし思い出すべき何かをとらえる。
闇の在りかさえ。

光と闇との揺らめきのなか
この繰り返される物語を
味わい尽くす
愛のなかで。

shinostruck at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 22, 2016

5日目。

今日から旅に。
この数日間は
完全休業、完璧休養目指します。
しばらくSNSもお休みです。

どこにいても
いつでも皆さまの世界のLOVE&PEACE
をおもいます。
愛満ちる毎日を。

image写真は昨日のランチが止む得ない事情で延期になり
その代わりにココロを満たそうと
美術館へGO.
こういうストーリーだったのですね。
ありがとうございます。

気づかないふりはしてみたけれど
ほんの一瞬
地球の反対側くらいまで切なさ振り切って
またすぐにフラットに。
切なささえも楽しめるやわらかなひとに
なる。



shinostruck at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 21, 2016

4日目。

慈愛の雨が降る朝
めずらしく444にすっきり起きた。
とても穏やかな気持ち。

ゆるりとヨガをして
ごはんを食べて
冷蔵庫のお掃除をしたら
シャワーを浴びて
LOVEを纏おう。


今日は午前中に
打ち合わせ。

今日のランチには
どんな物語を神様は用意してくださって
いるのだろう。
わたしはすべてを委ね
ただ いまここ に愛に満ちるだけ。
花をいけるときと同じ。
そして信じる。
自分を
世界を
すべてを。image
写真はイヴピアッチェ。とてもよい香り。

shinostruck at 05:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 20, 2016

3日目。

早朝マブからの要請電話で起きがけに
資料を取りに行きがてら
おもいがけずのノーメイクでお散歩。
おかげでお気に入りのパン屋さんではじめてのeat-inでモーニングセットを。
雑誌を読みながら待つ。雑誌を読むのもとても久しぶり。隣の隣に外国人男性がひとり。
ドキドキしながらなんて話しかけようと妄想も、あれ?これって日本人男性に話しかけるのを思えばとても不思議なシチュエーションと気づき気持ちが萎え結果話しかけられず。
もっと英語が話せるなら話しかけたのだろうか、、、。あっ!ノーメイクだから?
むむむ、、、真意はわからず。ともあれ
今日もお掃除と英会話楽しもう。image写真はお散歩途中見つけたいかした葉っぱ。

shinostruck at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2日目。

東京アトリエのお掃除。
お掃除は時間がかかるねー。

お掃除しなければ埃が溜まり
風が流れにくい。滞っている。
決して目には見えないけれど
ココロも同じ。
掃除しなければ
どんどん埃が溜まり
真の自分のおもいを感じにくくなる。

目に見えるものを綺麗にすることで
結果ココロの掃除もしていることになる。


掃除すると本当に気持ちよくてすっきり。

なかなか毎日はできないけれど
それをストレスに感じるのも
おかしな話し。
やらないのがストレスならすぐにやる。すぐにやれないならやれる時にやるしかない。と開き直る。
どうしたってひとは本当にやりたいことを優先してやるのだから。

午後は英会話カフェに。
今日は柄本明ご夫妻が。
おふたりを前に拙すぎる英語で
花をいけるのにセンスも経験も関係ない。
考えない。感じるだけ。花の声を聞いてただいけるだけ。と語るわたしに
真剣に耳を傾けていただきました。
ありがとうございます。

それから
1年に一度くらいマブの付き合いで
お寿司やさんに。
これまた1年に一度くらいのカラオケを
楽しみ帰宅。中森明菜がわたしの声に合っていると教えてもらい気持ちよく歌うましたー。

まだ余力がありDVD鑑賞。
「ヴィンセントが教えてくれたこと」
とてもおもしろかった。泣いた。
お勧めです。image

写真は下北沢の劇場前のポスターのひとつ。お芝居のメッカである下北沢にいながらまだここでは一度も見たことがない。
この夏休み中に見れるかなー。


shinostruck at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)