moonstruck花遊び教室でレッスンをするようになって今年で4年目。

お花の活け方、組み合わせなどにはなんの決まりもなく
それぞれ活ける人の感性ですきなようにすればよいのだと思っていたから
レッスンをはじめることになるとは自分でも不思議で
正直とまどいもありました。
お花はただ存在するだけで美しいのですから
形も花の種類も自由でよいのです。だけれど
基本的なことを何も知らないと、ちょっと活けてみるのにも
簡単じゃなかったりして。それならばお花を活ける時のちよっとした工夫を
お伝えして、お花ずきの皆さんともっともっとお花を楽しんでいこうと
考えたのがお教室のはじまりでした。

PHOTO
レッスン前に活ける花は、花やの私にとって
商品ではないある意味、自由奔放な花。
テーマは「リラックス」



レッスン作品 リラックス1リラックス2リラックス3
今では40名の生徒さんに私自身が学ぶことも多く
レッスンすることの楽しさがやっとわかってきたような感じです。
人に何かを教えるということは
自分のまるごとすべてをさらけ出すこと。
今までの人生の時間すべて総動員です。
楽しかったことも、苦しかったこともすべて
花に出てしまうのですから。

「活けたらその花はその人になる」(草月流創始者の言葉)

私の活ける花は
いつもその時の気持ちをまっすぐに映し出します。
そして
大切なことを気づかせてくれるのです。
リラックスすること
受け入れること
素直になること
向き合うこと
思いやること
驕らないこと
・・・・・
日常に流されて忘れそうになっても
花と触れ合う度にきちんと思い出す。
思い出せてよかったなあって
花に、生徒さんに、スタッフに、家族に、関わるすべての人に感謝する。
それでもまだまだ感謝の足りない私は
もっともっと花狂いし続けなくては。