September 22, 2011

FLOWER DISPLAY

love 029
love 035
ヴァンドームさんにお花を
いけさせていただきました
ありがとうございます!




<Flower & Display moonStruck >

植物を たった1輪飾るだけで、その空間は劇的に変わる

植物 は 生だから
植物 は 命だから
植物 は 一期一会だから

植物のもつ存在感はどんなつくりもの?(オブジェ)にもかなわない
オーラがあります。
そしてその存在自体がアート。ゆえに、素朴。
素朴だからこそ、その素材を生かしきるシンプルな表現方法が大切です。
「圧倒的にシンプルであることは 秀でるための最良の方法である」と
シャンパーニュの作り手の広告コピーがうたうように、
英語のことわざ「 simple is best  」 が長く支持されているように、
シンプルであることは、見る人のココロにまっすぐに深く届きます。

そして。
どんなディスプレイでも最も大切なことは 「間」と考えています。
「間」とは
バランスの取れすぎていない微妙なバランス、危ういバランス、
そこから生まれる緊張感、
その人、その人それぞれが感じる心地よさ。

日本の美的感性には 「間」 が大切なポイントになっています。
書も茶も、能も間があっての緊張感から生まれる美しさ。
日本ならではの「間」の文化。
海外のひとが捉え、惹かれているZEN と「間」は近いように思います

見るひとに 間 を与えるディスプレイを空間に配することで
お客様とディスプレイとの距離感に緊張感が生まれ、
間 を感じることでしょう。
それぞれが感じたその 間 から、ディスプレイとの 間 だけではなく
インテリア、お客様とスタッフ、スタッフ同士、、、
空間すべてが繋がっていく一体感
その一体感は、特別であり、癖になる。
自分とまわりのすべてのものとの 間 を楽しんでいただけたら。


shinostruck at 12:30│Comments(0)TrackBack(0) love | display

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字