image ヨガの木のポーズ。
目を閉じるとすぐにぐらつく。目を開けていて途中で閉じるからかなあ、とはじめから目を閉じていても
バランスが全然取れない。
バランスを取ろうとしているからなのだろうか。

目で見ている世界でひとは自ずとバランスを取っている。
あたりまえのことなのだろうが
無意識なのだ。
だがそのバランスは
確かなのだろうか。



見えるからこそ
見えないものも多いのだ。

見えないからこそ
見えるものも多いだろう。

純粋に感じることのできる本能的なもの。


「あらしのよるに」
目も鼻も効かない嵐の夜にだからこそ
真の友になったオオカミとヤギ。

はじめから
目で
鼻で
相手を確認できていたら、、、、。

たやすく手に入る不確かな情報より も
何もないところから生まれいずる新しい結びをわたしは愛する。
ゼロは無限大。

「ゼロは全く何も存在しない状態を表すと同時に
何もかもすべてが存在する状態和をも示している。」
マット・フューリー