札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区、山鼻曙地域石山通付近で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。 鍼灸師としてクリスチャンとして、日頃考えている事を書いていきたいと思っています。 鍼灸ルーム ハピネスのHP: http://www16.plala.or.jp/shinqroom/ メールアドレス: shinqroom(ここに@を入れて下さい)cpost.plala.or.jp TEL: 011-511-7576 なお、私は視覚障害者です。 したがって読みにくい書き方や誤字など有りましたら、お許し下さい。

2009年12月

冬至は過ぎたけど、カボチャを食べる

伝統的に冬至の日にはカボチャとアズキの煮た物を食べるという事ですが、ひねくれものの私としては、わざわざその日を避けたりします。(笑)
まぁ、確かに昔の人が経験的にこの次期の健康食とするようになったのでしょう。
カボチャを収穫して、この時期に食べると味がいいという事もあるようですが、カボチャそのものが日持ちする事ですし、冬季の野菜不足にならないようにするための知恵でもあったでしょう。
実際カロチンが多い事から、風邪の予防にもいいようですし・・・・。
さて、昨夜、アズキ昆布カボチャを作りました。
上にも書いたように、ひねくりものの私という事で、冬至をわざわざ避けて食べました。
こちら北海道では、これからだんだん地物のカボチャがなかなか手に入れにくくなるかと思います。
感謝しつつ、よく味わって食べたいものです。
という事で、一応これまでに何度か書いた「アズキ昆布カボチャ」について、今回も載せておきます。

マクロビオティックでは、アズキと昆布の煮たものが、肝臓・腎臓・糖尿病に良いとされています。
それにカボチャも一緒に煮ると、なお良いです。
今はカボチャの収穫時期で、国産のカボチャが手に入りますが、温室栽培や輸入野菜はなるべく口にはしたくないですので、普段はアズキと昆布だけにしています。
それでもそれなりの効能があります。
さて、作り方ですが、まず国産のアズキを用意してください。
健康面でもそうですが、外国産のアズキは味が良くないそうで、結局砂糖や調味料を多く使いたくなる事と思います。
実際、有名なお菓子屋さんが、アズキを国産から外国産に変えたところ、常連の客から苦情が殺到した事があったそうです。
無農薬のアズキならなお良いですが、値段もそれなりにするでしょうし、実際無農薬アズキがなかなか手に入らない事もあるようです。
私も必ずしも無農薬のアズキを買っている訳ではありません。
ただ、なるべく地元に近い所で取れた物を食するのが健康に良いとされていますので、私は必ず北海道産のアズキに拘っています。
とは言え、本格的に玄米菜食による食事療法で病気を治そうとするのであれば、やはり無農薬のアズキという事になるでしょうが、ここではあまり硬く考えないで、あくまでも体に良いとされる食べ物という事にします。
という事で、アズキを一合用意してください。
それと、5センチ四方の生昆布一枚。
その昆布を鍋に敷きます。
そこにアズキ一合を入れます。
そして、三合の水を加えます。
それを弱火で2時間煮ます。
時間をかけないで早くしたいのでしたら、圧力鍋でもいいそうです。
これがアズキ昆布です。
さらにアズキと同量のカボチャを適当に切って鍋に入れます。
その際、少々水を加えた方がいいかと思います。
カボチャが煮えたら、それで出来上がりです。
調味料は使っていませんが、素材が良ければ、アズキとカボチャの甘さが程好くマッチして、それなりに美味しく食べられるものです。
この量を、玄米ご飯と一緒に三度に分けて食べます。
実際この方法を、私の知っている人、JR札幌駅北口の所で、食べ処 ・飲み処・話し処「身土不二(シンドフジ)」↓
http://shindofuji.info/contents/index_h.html
↑の代表されている石沢文則先生が、人工透析を医者に宣告された人にこの食事療法を指導して、その人は人工透析を免れたとの事です。
と、一応このような事なのですが、普段私が食べる場合、マクロビオティックによる病気治しを目的としている訳ではないので、このような本格的な作り方はしていません。
以前私はぼろアパートに住んでいましたので、冬場は石油ストーブを焚いてました。
そのストーブの上に薬缶を乗せてお湯を沸かす事が出来ましたので、鍋をストーブの上に置いてアズキを炊いてました。
アズキを炊くにはちょうどいい熱さでして、何よりもガスの節約になります。
それと、生昆布を用意するのは面倒ですので、出し昆布を適当に手で砕いてアズキと焚いています。
また、夏場もそうですし、今は石油ストーブではありませんので、その代わりに炊飯器で炊いています。
この前、アズキが炊けた後、初めてカボチャを入れて炊飯器で炊いてみましたが、うまくいきました。
それから、本来調味料は全く使わないのですが、時として塩を少々入れてもいます。
ちなみに、私は化学塩は使いません。
自然海塩を使っていますが、その中でも比較的安い「ハカタの塩」を使っています。
なお、砂糖は体を冷やす方向に働くので、砂糖は使わないでください。
ましてや白砂糖は、体の害にもなります。
という事で、時々アズキ昆布、この時期にはカボチャを炊飯器で炊いて、おかずの一品、あるいはビールのつまみとして食べています。(笑)
男の一人暮らしとしては、炊飯器をうまく使う事も一つの方法です。

にほんブログ村 札幌情報

年末年始休院のお知らせ

年末年始休院のお知らせです。
まことに勝手ながら、今年は12月29日火曜日までの営業とさせていただきます。
来年1月4日月曜日から、通常の営業とさせていただきます。


にほんブログ村 札幌情報

今年も「清しこの夜」のKazuya Version


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
Merry Christmas.
今日はクリスマスイブです。
クリスチャンの人もそうでない人も、共にイエス・キリストの誕生を祝える子の時を感謝します。
まぁ、クリスチャンとしての私の立場としましては、とりあえず皆楽しく食事を楽しんだりする事は良しとしても、特に恋人がどうのだのああだのとなる事に対しては、複雑な気持ちではありますが・・・・。
それはそれとしても、そのような人達のためにもイエス・キリストは来られた事を、主に感謝しています。
私が通っている札幌バプテスト教会におきましても、24日午後7時から、クリスマス賛美礼拝をします。
また、深夜0時からミッドナイトクリスマス礼拝をします。
住所は、札幌市中央区南22条西14丁目1-28、
電車事業所の交差点の所です。
電話:011-561-6990
なお、HPは↓
http://members.jcom.home.ne.jp/jbc-chiws/01sapporo.html
↑です。
関心ある方はぜひいらしてみてください。
さて、表題に入ります。
昨年もこの時期に同じ事をしたのですが、その時の事を知っている人はともかく、今日のタイトルを見て何かと思った人もいる事でしょう。
そう、「清しこの夜」のインストルメンタルのKazuya Versionです。↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/image/user/1198511188.mp3
↑これは20年近く前に、マルチトラックレコーダーを使って録音しました。
ギターにエフェクターをかませてチャイムのような音を作り、何度か重ねて録音しました。
2コーラス目のメロディーはエフェクターを使わず、真空管アンプによるディストーションの音色です。
途中、ギターのハモリもあります。
けして良いできではないし、ノイズも入っているのですが、まぁ、お遊びも兼ねてここに公開しました。
これがネットを通じて世界中に流れてしまうので、恥ずかしい気もしますが、どうぞ笑ってやってください。
それにしても、アドリブっぽく弾いた部分の音がシャープしているのが気になります。(笑)
まぁ、あくまでもお遊びですので・・・・。

スパムコメントに警告する

いきなり「スパムコメントに警告する」というタイトルにしましたが、多くのスパムコメントは自動巡回ソフトのようなものを使って書き込みをしている事ですから、どれだけ当事者がこれを読むか分かりませんね。
最近これまで以上に迷惑極まらない宣伝スパムコメントが目立ちます。
殆どはアダルト系や出会い系サイトの宣伝で、それらは上に書いたような自動巡回ソフトを使っている事でしょう。
もちろん、こちらとしてはアクセスブロックをかけていますが、今後関係機関に通報する事も考えていますので、警告しておきます。
その他、出会い系やアダルト系以外にも、怪しい儲け話の勧誘目的と思われるものもありました。
一見宣伝目的でないように思えても、内容が不自然だったりするので、明らかに勧誘ページに誘導する意図だという事が、すぐ分かります。
その他、アフィリエイトの誘導だったり、商業宣伝もしばしば書き込まれます。
マナーを守らないスパム宣伝行為は、その会社の品位が問われる事をよく知るべきです。
やはり、最低限このブログの筆者である私との対話を目的とするのでなければ、コメントは意味を成しません。
もちろん、コメントの投稿者がお互い交流をする事も、いい事です。
私と立場を異にするコメントであっても、最低限のマナーを弁えてくれるのであれば、それはそれで歓迎します。
以前、2008.6.15に私と信仰を異にするエホバの証人の方が書き込みされた事があります。↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=1467084
↑彼は彼自身のブログにリンクしましたが、マナーが成ってますので、リンク先が私のクリスチャンとしての信仰と異にするエホバの証人の立場で書かれたブログであっても、コメントを削除しようとは全く思いませんでした。
むしろ、書き込みしていただいて、私としては嬉しかったです。
という事で、コメントに際しては、最低限のマナーを守っていただきたいと思います。
また、悪質な書き込みに対しては、削除する事に留まらず、それ相応の対応を考えていますので、よく考えてから書き込みするよう、警告しておきます。
場合によっては、その会社に直接電話して抗議する事もありえます。

にほんブログ村 札幌情報

元久保田早紀さん、NHKラジオに出演してました

今日子全11時過ぎ、患者さんが帰られた後、たまたまNHKラジオ第一放送を聴いていたら、元の名は久保田早紀、今は本名で活動している久米小百合さんが出演していました。
そのNHKの番組「ラジオビタミン」のHP↓
http://www.nhk.or.jp/vitamin/song/index.html
↑から引用しますと、
「1979年、久保田早紀として「異邦人」の大ヒットをとばした久米小百合さん。現在は、主にキリスト教会やミッションスクールを中心に、教会音楽家として、音楽・言葉・絵画を組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートを展開しています。」
との事・・・・。
というか、彼女は私が通っている教会が所属する日本バプテスト連盟に連なる教会員という事もあり、私が教会に行くようになって間もなく、彼女がすでにクリスチャンに成った事は聞いてました。
wikipedia↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%B1%B3%E5%B0%8F%E7%99%BE%E5%90%88
↑から引用しますと、
「1981年にめじろ台のキリスト教会でプロテスタントのバプテスマ(浸礼での洗礼)を受ける。」
「1984年、久米大作との結婚をきっかけに、久保田早紀としての商業活動を中止する。 その後は、本名で音楽伝道者として活動。」
と書かれています。
今日の番組では、彼女は賛美歌を身近に感じてもらえるために活動しているような事を、話しておられました。
途中で久米さんのアルバム「天使のパン」の話になり、
番組のパーソナリティーが、「人はパンだけで生きるものではない」(新約聖書「マタイによる福音書4章4節」)
と言ったところ、久米さんは、
「ジャムもバターも必要ですね・・・・」
などと、冗談を交えてました。(笑)
クラシック音楽をはじめ、洋楽ではゴスペルなども含めて、賛美歌が身近でありますが、日本では「賛美歌」となると、「硬苦しい宗教音楽」といったようなイメージを持つ人も少なくないかもしれません。
宗教的に押し付けがましくなるのではなく、やはり賛美歌が身近になってもらいたいと、私も思うしだいです。
最後に、彼女のyoutubeを見つけましたので紹介しておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=doBVmnzrZL0
なお、久米小百合さんのオフィシャルサイトは↓
http://www.missionphotos.info/
↑です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ

オリオンビール

この前オリオンビールをインターネットで購入して飲んでみました。
オリオンビールは沖縄のビール会社としてよく知られていますが、私が購入した物は、アサヒビールから出されているようでした。
これはどういう事なのか調べてみたところ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB
↑奄美諸島を除く沖縄県外は、アサヒビールに販売委託をしているとの事でした。
さて、今回オリオンビールを飲むのは初めてではありませんが、軽めの味ですので、やはり暑い南国向きという感じですね。
こちらでも真夏ならいいかもしれませんが、やはりビールはそこの土地の気候風土に合った味に作られています。
オリオンビールは沖縄で飲むから美味しいのだ」と、ある人が言っていたのを思い出しましたが、やはりそうなのでしょうね。
10数年前にインドネシアに行ってきましたが、インドネシアで飲むインドネシアのビールは、日本で飲むインドネシアのビールと全く違って、美味しかった事を思い出しました。
まぁそれでも沖縄の事をイメージしながらオリオンビールを飲む事も、それはそれでいいですけどね。

にほんブログ村 札幌情報

O Come All Ya Faithful(今回はマイケル・スウィート)

12.13に、私が好きなクリスチャンハードロックバンドのSTRYPERによるクリスマスの賛美歌である「O Come All Ye Faithful」を紹介しましたが、今回はそのSTRYPERのボーカリスト
Michael Sweet(マイケル・スウィート)のソロによる「O Come All Ye Faithful」です。↓
http://www.youtube.com/watch?v=-3-eDBnSuOw
↑これをー彼の事を知らないで聴いたならば、彼がハードロック・ヘビーメタルのボーカリストとは思えないでしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ

今年最後の東洋はり医学会札幌支部の例会

昨日は、今年最後の東洋はり医学会札幌支部の例会でした。
支部の運営に関して今年を振り返ってみれば、今年から副総務部長として一役員としての役割を担い、慣れないながら一年が経ちました。
数ヶ月前からは、総務部長が体調を崩され、それこそ慣れないなりに総務の仕事を部長抜きでする事になりました。
それまで部長に任せきりで、「副総務部長」とは名ばかりな状態でした。
おそらく来年度は、正式に私が総務部長としての役に付く事になるでしょう。
今年度で、40年間支部員としておられた大先生が退会する事になりました。
中途失明で盲学校に入学、そして新旧の資格を取得され、経絡治療はり専門家として長年臨床をされてきましたが、数年前体調を崩されて臨床から離れたものの、札幌支部の例会の場、そして電話などで私の相談にも乗って下さいました。
臨床から離れたものの、札幌市内では経絡治療家として臨床経験豊かな先生の一人でもありましたから、良きアドバイザーという感じでした。
もう90歳近いお年の方です。
20年前に私が札幌支部に入会した頃は、先生は総務部長でした。
それが、今ではこの私が総務部長のしての役を担おうとしています。
この数年来役員の世代交代が進み、支部運営の中心になっているものは、私を含め入会20年前後の支部員です。
このように、鍼灸学校では殆ど教えてもらえない日本の伝統鍼灸でもある「経絡治療」が、東洋はり医学会の本部および海外も含め各地の支部で、先輩から後輩に伝えられ、私も曲りなりにも経絡治療はり専門で臨床を行っている、それもやりがいのある仕事をさせていただいている事に、先輩方に感謝しています。
また、札幌支部においてこのような大先生の後、われわれらがそれを受け継いでいる事を思うと、なんだか考え深いものです。
まだ決まった訳ではありませんが、来春から一年間、月に一度東京に行く事になるかもしれません。
本部が行っている地方支部活性化のためのプログラムに参加しようかどうか、支部長と話をしているところです。
さて、例会の後は居酒屋で忘年会、そして今月入会した一人の新会員の歓迎会も兼ねました。
ざっくばらんに話をしながらの、楽しい時を過ごしました。
鍼灸師の求人情報
にほんブログ村 札幌情報

Stryper- O Come All Ye Faithful

クリスマスが近いという事で、クリスマスに因んだ賛美歌です。
これまでも紹介している、私が大好きなクリスチャンハードロックバンドのSTRYPERです。
日本でよく使われている「日本キリスト教団の賛美歌集では111番の「神の御子は今宵しも」。
私が通っている日本バプテスト連盟の「新生讃美歌」では157番「来れ 友よ喜びもて」です。
youtubeで、STRYPERがこれを演奏しているものを見つけました。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=BMCksLF2168
多くの場合↑彼らの曲自体がメロディアスにも関わらず、ギターの音色がぎんぎんのメタリックな感じですが、この曲のギターはなんだかSTRYPERぼく無いですね。
なんか、彼らのバラードのぎたーの音色とは、かなり違う感じです。
Yngwie Malmsteen(イングヴェイ・マルムスティーン)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3
↑のギターの音色に近いようにも感じて、3コーラスの盛り上がりの部分では、それこそ一瞬イングベイぽく早弾きするのかと思ってしまいました。
と、何度か聴き帰してみると、けっこうスティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4
↑に近い音色かもしれませんね。
普段STRYPERの曲で、このギターリストのオズ・フォックスは、それほどテクニカルなギタープレーを見せびらかす事は、そう多くありません。
しかし、ライブのメンバー紹介の時には、けっこうはでなプレーを聴かせてくれます。
まぁ、今回これはこれでいいのですけど、なんだかそのように感じました。
さて、参考までに、ついでながら英語と日本語の歌詞を載せておきます。
↓↓↓
1.
O come, all ye faithful,
Joyful and triumphant,
O come ye, O come ye to
Bethlehem!
Come and behold Him,
born the King of angels!
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ the Lord.
2.
Sing choirs of angels,
Sing in exultation,
O sing all ye bright hosts of
heav'n above!
Glory to God, All
glory in the highest!
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ the Lord.
3.
Yea, Lord, we greet Thee,
Born this happy morning,
Jesus, to thee be
all glory giv'n;
Word of the Father,
Now in flesh appearing!
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ the Lord.

          日本バプテスト連盟新生讃美歌157「来れ 友よ 喜びもて」↓
http://bap.net/2003/?z=628&f=1
1.
来れ友よ喜びもて
ベツレヘムに急ぎ来よ
見よ王は生まれたもう
(くりかえし)
来りて拝め来りて拝め
来りて拝め主イェスを
2.
歌え歌えみ使いらよ
われらの主をほめまつれ
「いと高き神にさかえ」
3.
今宵イェスは生まれたもう
人となりしみ言よ
汝れに栄光帰するために

      日本キリスト教団賛美歌111「神の御子は今宵しも」↓
http://www.ylw.mmtr.or.jp/~johnkoji/hymn/xmas/Adeste-j.html
神の御子(みこ)は今宵(こよい)しも ベツレヘムに生まれたもう
いざや友よ、もろともに 急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや
処女(おとめ)マリヤ(または『賎の女をば』) 母として 生まれましし嬰児(みどりご)は
まことの神、君の君 急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや
「神に栄えあれかし」と 御使(みつか)いらの声すなり
地なる人もたたえつつ 急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや
とこしなえの御言葉(みことば)は 今ぞ人となり給う
待ち望みし主の民よ おのが幸(さち)を祝わずや
おのが幸を祝わずや

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ

周りは悪霊だらけ

あるカルト問題の専門家の講演を、録音で聴きました。
ある有名な牧師(名前を出してもかまいませんが)の著書に、
「カレーは元々インドの食べ物だから、ヒンズー教の悪霊が付いている。だから、カレーライスを食べる前に祈りをしなければならない・・・・・」
と書かれていたそうです。(笑)
そこで、その事からいろいろ考えてみました。
まず、カレーライスのカレーは分かりました。
「ライス」、これは米・・・・・。
日本の神道では、伝統的に稲作儀礼がなされ、神社に供え物とされますね。
ご飯には神道の悪霊が付いています。(笑)
こちら札幌も寒くなり、石油ストーブをたいています。
石油の多くは、中東諸国から輸入されます。
という事は、石油にイスラムの悪霊が付いているという事ですね。
石油を燃やすと、イスラムの悪霊が、空気中に漂うという事でしょうか。(笑)
化学繊維で作られた衣類、これも石油から作られますから、イスラムの霊を纏っている事なのでしょうか。(笑)
この前、オリオンビールを飲みました。
オリオンビールは、沖縄のビールです。
ゆたの霊が付いていますね。(笑)
近年中国からの輸入品が増えています。
これらには、共産主義の霊が付いています。(笑)
と、考えたら切が在りません。
私達の周りは悪霊だらけです。(笑)
と、当然今回皮肉で書いたのですが、こんなくだらない事を考えている私も、相当暇ですね。(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ

月別アーカイブ
プロフィール

shinqroom

QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ