札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区、山鼻曙地域石山通付近で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。 鍼灸師としてクリスチャンとして、日頃考えている事を書いていきたいと思っています。 鍼灸ルーム ハピネスのHP: http://www16.plala.or.jp/shinqroom/ メールアドレス: shinqroom(ここに@を入れて下さい)cpost.plala.or.jp TEL: 011-511-7576 なお、私は視覚障害者です。 したがって読みにくい書き方や誤字など有りましたら、お許し下さい。

2015年05月

こんどはジョセファット・ガジマが逮捕ですか


にほんブログ村



2011.8.13に書いた、「クリスチャンは嘘つき」







http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384844.html







と、2011.9.8に書いた、「日本では死者を蘇らせようと派しなかったらしい???(笑)」







http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384849.html







そして今月の17日の、「嘘つきクリスチャン記事 コレクション」







http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384975.html







ても触れた、一説ではこれまで400人の人達を蘇生させたという、タンザニアのジョセファット・ガジマ牧師、逮捕された様です。







ガジマ 警察で事情聴収







http://maranatha.exblog.jp/23110590/







ガジマ 銃器不法所持







http://maranatha.exblog.jp/23110808/







これら村上密牧師のブログに有りましたが、英文のリンク先を示していただけで、私としても英文の記事を直接読む事は難解なだけに、詳しい事は分からないでいました。







そんな中、キリスト教会のカルト化をよく取り上げている、村上密牧師のブログ戸ともに知られるブログ、「現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から」に比較的詳しく取り上げられました。







「タンザニアのオカルト牧師、ジョセファット・ガジマが逮捕」







http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52580561.html







この種のいわゆるリバイバリストは、近年何かとスキャンダルが耐えませんね。







記憶に間違いがなければ、ガジマの集会に行った人のブログをどこかで読んだのですが、







「死人を蘇生させた事が選考していたが、純粋に福音を語っていた」







みたいな事が書かれていました。







純粋に福音を語るには、嘘つき・はったり・ほら吹きまでしないとならないのかと、突っ込みを入れたくなります。(笑)







また、これらガジマの信奉者は、「死人の蘇生」と、キリスト教で言う「永遠の命」を混同している様に感じてしまうのは、はたして私だけでしょうか・







 追記: 他にもこの事について、書いているブログを見つけました。



「今の時代、どう生きる プロテスタント教会が繰返す不祥事」



http://izayatodo.blog.fc2.com/blog-entry-110.html




カフェでの英会話レッスンのご案内


にほんブログ村
これまでも何度か書いていますが、改めてカフェでの英会話レッスンのご案内です。
一応これまで書いたものとしては、
今年の1月21日に書いた
「Preach To The Choir」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52415853.html
昨年の5月2日に書いた、今の講師ではなく、当時の先生の頃ではありますが、
「ビールを飲みに英会話クラスにきているようなもの(笑)」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384979.html
などがあります。
私も参加させていただいて、英語力アップ、英語力を落とさない意味からも役に立っていますので、そこであらためてご案内したいと思います。
(まずは
http://ken2-blog.blogspot.jp/2014/08/dannys-donuts-english.html
に書かれている事を、貼り付けてみます。)

 
毎週火曜日の夜は
サーハビー英会話教室
「DANNY's DONUTS ENGLISH」です!!
ダニーはなかなかのイケメンで(笑)
優しいナイスガイです!
ダニーと一緒にサーハビーで
ドーナツを食べながら、ビールを飲みながら
英会話を楽しみましょう!
DDES
『DANNY's DONUTS ENGLISH』
毎週火曜日
20:00〜21:30
1ドリンク+1ドーナツ+90分英会話レッスン
¥2000+TAX
※月曜日が祝日の場合は水曜日に行う場合があります。
【場所】
CAFE サーハビー
札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
【ご予約・お問い合わせ】
CAFE サーハビー
011-596-0235
info@cafe-sahabi.com
 
(↑以上
http://ken2-blog.blogspot.jp/2014/08/dannys-donuts-english.html
からです。)
 
という事で、さらに付け加えますと、
ドーナツを食べないで、2ドリンクでもかまいません。
ちなみに私はこれまでも書いている様に、ドーナツ食べないでビール2杯、いや2杯で済まずさらに追加でビールを飲みながらというような、不真面目な生徒です。(笑)
参加者のレベルは様々で、初心者から中級車、上級者の人の参加もありますが、それぞれ参加者はお互いのレベルに気を使ってくれてますので、初心者の方でも気軽に参加出来ると思いますし、実際そのような雰囲気で行われています。
先週は講師のオーストラリア人の友達が、ゲスト参加されました。
という事で、改めて英会話レッスンのご案内をさせていただきました。
世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】

世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】
価格:9,300円(税込、送料別)



一流スポーツ選手の真似をしても

最近ラジオを聴いていて、ふと思い出した事があります。

それは時々素人が、一流スポーツ選手の真似をするといいますか、スポーツ選手と立場が違うのに同じ事をしようとする事です。

基礎を身に付けていないにも関わらず、形だけを真似するとかという事もその一つ・・・・。

私はギターを弾きますが、プロのギターリストは当然基礎を身に付けています。

そのようなプロのギターリストにも、基礎に忠実な手の動かし方をする人と、基礎的な手の動かし方はできて当たり前という事で、オリジナリティーを出すために独自のモーションで弾く人もいます。

しかし、趣味でギターを弾いている人の中には勘違いして、基礎を身に付けないままプロのやり方を形だけ真似する人もいます。

スポーツにおいても同様です。

以前私が勤めていた会社の同僚の話です。

ある日彼は弁当の変わりか何かで、バナナで食事を済ませました。

私は彼にその理由を聞くと、「マラソン選手がよく食べるでしょ・・・」などと言い出しました。

そこで私は彼をからかって、「マラソン選手の食事をするなら、マラソン選手と同じようにトレーニングしなければだめだよ」と言ってやりました。

また、「どうせなら出勤する前にバナナを食べて、走って出勤した方がいいんじゃない」とも付け加えておきました。(笑)

話は変わってこんな例もあります。

時々私は怪しい儲け話の事を書きますが、あるマルチ商法の勧誘文句です。

その会社では、ある一流スポーツ選手のために開発したサプリメントを扱っているという事でした。

一般人と一流スポーツ選手とは立場が違うのですから、そんなサプリメントなどわれわれらが摂取する事など、当然無意味な事です。

まぁ、普通は誇大広告だと思うでしょうが、こんな勧誘文句に騙されてしまう人もどうやらいるようです。




にほんブログ村



鍼灸師の求人情報

嘘つきクリスチャン記事 コレクション


にほんブログ村

昨年当時使っていたブログから、このブログにいこうしましたので、リンク先を書き換えて、上げてみました。















 















April Foolでなくても、病気の癒しとか奇跡だとかとなると、クリスチャンは平気で嘘をつくものです。















もちろんそれら全てが嘘だと言うつもりはけしてありません。















中には実際に劇的な癒しや、奇跡としか考えられないこともあることでしょう。















私も実際そのような体験もあります。















それはそれとして私も認めるところではありますが、実際ありもしないことを、現実に起こったかのごとく平気で嘘を並べ立て信じさせる、これは違うだろうと、私は思うんですけどね。















嘘つきクリスチャンの信奉者に不祥事牧師が少なくないことを考えると、彼らは平気で嘘をつける人種ということですかね。















嘘をついてはいけないことは、十戒の9戒にあるのですけどね。















あなたは隣人について、偽証してはならない。(旧約聖書 「出エジプト記」20章16節 「申命記」5章20節)















そこでこれまで書いたものから、嘘つきクリスチャンに関係するものを、思いつきであげてみることにしました。















まず、2011.8.13に書いた、「クリスチャンは嘘つき」↓















http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384844.html















↑と、2011.9.8に書いた、「日本では死者を蘇らせようと派しなかったらしい???(笑)」↓















http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384849.html















↑ですが、一説ではこれまで400人の人達を蘇生させたという、タンザニアのジョセファット・ガジマ氏。















今世紀最大の嘘つきはったりほら吹きだと、私は思っています。















次に、2012.10.10で書いた、ピーター・ワーグナーの偽預言」↓















http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384940.html















↑彼は西暦2000年が終わるまでに、日本のクリスチャン人口が一千万人になると言いました。















私は実際それを聞いてますし、録音テープも持ってます。















次に、2013.2.7に書いた、「リバイバルジャパン 未だにカルロス・アナコンディアを取り上げているとは・・・・???」↓















http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384951.html















↑これも嘘つきの部類でしょう。















良い事ばかり書いて、私がアナコンディア氏の集会で危険な体験をしたにもかかわらず、そのような都合の悪いことは取り上げようとはしません。



そもそもアナコンディア氏を通して起きたとされる奇跡そのものが、アルゼンチンではどうか知らないが、少なくとも日本の感覚では嘘つきの部類でしょう。



ちなみに、先ほど確認したら、リンク先のリバイバルジャパンの記事は、リンク切れになってました。



どうしても読みたい人は、直接バックナンバーを取り寄せるなどされることを、お奨めします。



さらに追加して、



「札幌でのアナコンディア集会に対する二つの対照的な記事を書きましたが、リンク切れになってました。



幸いログを取ってましたので、直接記事を貼り付けました。



http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52385007.html



関連して、

「カルロス・アナコンディア氏の集会での体験(1)」は↓

http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384274.html

こちらです。

と、クリスチャンであるこの私が、クリスチャンを嘘つき呼ばわりしてしまいました。(笑)

世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】

世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】
価格:9,300円(税込、送料別)




豚にコンビニ弁当を与えて死産

2006年11月23日に
「コンビニ弁当は体に良く無い」↓
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384331.html
↑として、賞味期限切れのコンビニ弁当を豚に与えたところ、その豚が死産を起こすようになったという記事が、西日本新聞に載ったらしいということを書きました。
その後もその記事の原文がネット上に存在しないかと思ってましたが、この前たまたまネットサーフィンしていたら、たまたま見つけました。
(↓以下、
http://www.harmonicslife.net/Blog/2005/SavedPages/SickPigs/SickPigs.html

西日本新聞
食卓の向こう側・第2部「命」つなぐために<3>中食 ラベルを見ていますか―連載
20040319付 朝刊掲載
 二年ほど前、福岡県内の養豚農家で“事件”が起きた。
 母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。
 「えさだ」。ピンときた農場主は、穀物など元のえさに変えた。徐々にお産は正常に戻ったが、二十五頭の母豚が被害に遭い、農場主は生まれるべき約二百五十頭の子豚をフイにした。
 母豚が食べたのは、賞味期限が切れた、あるコンビニの弁当やおにぎりなど。「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が得」と考えた回収業者が持ち込んだ。期限切れとはいえ、腐っているわけではない。「ちょっとつまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。
 肥育用の子豚に与えれば、肉質にむらがでる。そこで母豚に、それだけを毎日三キロ与えた。農場主の計算では月二十万円のえさ代が浮くはずだったが、百十四日(豚の妊娠期間)後、予期せぬ結果が待っていた。
 原因はわからない。だが、予兆はあった。与え始めて間もなく、母豚がぶくぶく太ったのだ。すぐに量を減らした。
 豚の体の構造は人間に近い。「人間でいえば、三食すべてをコンビニ弁当にしたのと同じこと。それでは栄養バランスが崩れてしまう」と、福岡県栄養士会長で中村学園短大教授の城田知子。
 一般的なコンビニ弁当は高脂質で、濃いめの味付け、少ない野菜。毎食これで済ませたら…。
 家庭にはない食品添加物も入っている。「腐る」という自然の摂理から逃れるには、何らかの形で人の手を加えなければならない。例えば、おにぎりを「夏場
で製造後四十八時間もつ」ようにするには、添加物などの“テクニック”が要る。だが、そのおかげで、私たちはいつでもどこでも、おにぎりをほおばることが
できるのだ。
(中略。)
 平和が戻った養豚農家。昨年は約二千頭の子豚が、母豚の腹から当たり前のように生まれてきた。
 「豚体実験はもうこりごりだ」。農場主はうんざりした顔で言った。(敬称略)
(攻略。)

(↑以上です。)
  
コンビニ弁当が添加物だらけで体に良くないことは、今さら言うまでもない話ではありますが、正直なところ、たまにコンビニ弁当やおにぎり等を食べると、確かに美味しいですね。(笑)


にほんブログ村



鍼灸師の求人情報

月別アーカイブ
プロフィール

shinqroom

QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ