札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区、山鼻曙地域石山通付近で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。 鍼灸師としてクリスチャンとして、日頃考えている事を書いていきたいと思っています。 鍼灸ルーム ハピネスのHP: http://www16.plala.or.jp/shinqroom/ メールアドレス: shinqroom(ここに@を入れて下さい)cpost.plala.or.jp TEL: 011-511-7576 なお、私は視覚障害者です。 したがって読みにくい書き方や誤字など有りましたら、お許し下さい。

2019年06月

北海道日本ハムファイターズの本投手、建山義紀さんも玄米を食べているらしい


にほんブログ村 クリック宜しくお願いします
プロ野球、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、そしてアメリカメジャーリーグでも活躍した本投手、建山義紀さん。
この前の月曜日、HBCラジオで「建山義紀の「ほな、ウチおいで!」」
http://www.hbc.co.jp/radio/honauchi/
を聞いていたところ、建山さんも玄米をよく食べているそうです。
現役の頃、札幌ドームで「玄米そば」とかを、よく食べていたとのことです。
これまでも書きましたが、ファイターズの選手のなかに、けっこう玄米食をしている人達がいるようです。
それを記しておきますと、
2016年 5月26日に、
「北海道日本ハムファイターズ 田中賢介選手が玄米食」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52457692.html
7月24日に
「北海道日本ハムファイターズ 大野奨太捕手が玄米食」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52461875.html
10月27日に
北海道日本ハムファイターズ 岡大海選手が玄米食
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52468342.html
として書いたとおりです。
まぁ、大野選手と岡選手はそれぞれ、今は他のチームの選手ではありますけどね。
ちなみに前にも書きましたが、私は玄米食を始めてから、もう少しで19年になります。
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52506643.html
私は鍼灸師ですから、鍼灸の効用は今さらながら言うまでもありませんが、普段から栄養価の在るものを摂取する事も大事ですし、時に病気治しに対して食事療法も心がけると、それだけ治療効果は有効という事になります。
まぁ、あまりえらそうな事は言えず、けっこう不摂生も否定出来ない自分ではありますが・・・・。


ダーウィンは晩年、キリスト教信仰を失っていたらしい


にほんブログ村 クリック宜しくおねがいします
中学生の頃、よくダーウィンなど、進化論に関連した本を読んだものでした。
そこでその頃を思い出して、
「ダーウィン」江上生子【著】
を、読んでみました。
何かでダーウィンは、ユニテリアン信仰の影響を受けていた様な事を、呼んだ気がしてましたが、子供の頃、ユニテリアンの牧師が行っていた学校に行っていたとのことです。
そして今回知った事として、晩年ダーウィンは、キリスト教信仰を失っていたとの事です。
一応ダーウィンは、ケンブリッジ大学の神学部を出ており、当初は牧師になるつもりではありました。
ただ、私の記憶では、「ビーグル号航海記」で、南米の黒人奴隷や混血児にが非人道的に扱われている状況を見て、
「キリスト教国がこの様な事で良いのか・・・・・???」
と、疑問をていしてました。
信仰を失った一つの要因として、それもあったのかもなどと、勝手ながら考えたりもしました。
さて、原理主義キリスト教徒は、アンチ進化論者であることがよく知られています。
彼らの中には、
「晩年ダーウィンが進化論を唱えたことを後悔していた」
などと、いうものがいる様です。
しかし、この本にはその様な事は書かれていませんでした。
「種の起源」をあらわした後からのダーウィンの著書からしても、
「晩年ダーウィンが進化論を唱えたことを後悔していた」
とするのは、無理がある様に思えます。
ちなみに、進化論を支持するならクリスチャンではないという事であれば、私はクリスチャンになる事はなかったでしょう。




さっぽろ 教会音楽会

(以下
http://www.horemco.jp/syukaiannai.html
からです。↓)
第23回さっぽろ 教会音楽会
〜教派をこえて ともに祈り 賛美しよう〜
*日時:2019年6月22日(土)
第1部 10:00開場 開演10:30
第2部 13:00開場 開演13:30
*場所:日本バプテスト連盟 札幌バプテスト教会
(札幌市中央区南22条西14丁目
市電・電車事業所前 徒歩1分)
*賛助券:500円(高校生以上)
*主催:さっぽろ教会音楽際実行委員会
*問い合わせ:事務局長 松本昭久 (FAX011-584-1352)
*後援:カトリック札幌司教区・札幌キリスト教連合会・札幌ハ リストス正教会、北海道クリスチャンセンター・北海道マスコ ミ伝道センター<ホレンコ>
(↑以上
http://www.horemco.jp/syukaiannai.html
からです。)
 
私が通っている札幌バプテスト教会で行われるのですが、残念ながら私は仕事なので、行くことが出来ません。


にほんブログ村 クリック宜しくおねがいします

がん治療に対する鍼灸治療

鍼灸治療のがんに対してということで、2014年10月4日に、「鍼灸専門外来を大学病院に開設」としての新聞記事を、取り上げました。↓
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52384718.html
新聞記事本文はこちらです。↓
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20100714153556446
(リンク切れになってしまいました。)
その時にも触れましたが、私としては思うところもないではありませんが、それはそれとして、鍼灸治療の効果がそれ相応に認められたという意味で、有意義なことです。
私が所属している、経絡治療による鍼灸の研究団体である「東洋はり医学会」の初代会長であられた故、福島弘道(フクシマコウドウ)先生は、皮膚がんになった時、抗がん剤の副作用に苦しみ「これではがんが治る前に体が持たない・・・」と思い、主治医と喧嘩して、退院手続きもせずにスリッパのままで病院を飛び出し、その後は自分の体に命がけではりをしてがんを治したという事を、よく講義の中で言っておられました。
抗がん剤の副作用による免疫力低下に対しては、私がここで言うまでもなく、よく言われていることでもあります。
とはいうものの、私の立場では、当鍼灸院に来られた患者さんに対して、抗がん剤を止めるように言う立場にはないことは、言うまでもありません。
実際、抗がん剤治療をはじめとしての現代医療でがんを克服した人も、いるにはいることも事実です。
しかし、私の臨床経験からして、抗がん剤に対する副作用が、鍼灸治療によって軽く住むということも、自信を持って言えます。
ただ、それは「気」を重視したはりでなければなりません。
多くの鍼灸師は、現代医学に基づいたはりをしています。
少数派ではありますが、伝統的な東洋医学の理論に基づいたはりでなければなりません。
それはそれとして、緩和ケアという意味合いからだと、現代医学に基づく刺激治療的なはりでも、それなりの効果はあるとは思いますが、一応 その事を付け加えておきます。

P.S: さらに今後は、「びわの葉エキスによる温灸」の応用もしていくつもりです。

にほんブログ村 クリック宜しくお願いします


「日本ばちかん巡り」を読みました(バチカン市国とは全く関係有りません)

「日本ばちかん巡り」(山口文憲著)を読みました
けしてローマカトリック本山の、バチカン市国とは全く関係有りません。
日本の新宗教の本山めぐりのルポということで、それをこの著者が、バチカンにこじつけたというところでしょうか。
印象に残っているところを、幾つか書いてみます。

オウム真理教事件の6年後、教団跡地の上九一色村。
殆ど更地になっ、跡形もないのですが、一部公演の様になった土地があり、碑が建てられていますが、あまり人が訪れることがないみたいです。
ただ、白光真宏会のピースポール
http://worldpeace-jp.org/peacepole/
が、片隅に立てられていたとか・・・・。
 
天理教。
私がまだ小さかった頃、親の知り合いの信者と一緒に天理市まで行って、天理教の病院の眼科に入院しました。
うすうすその頃の記憶があり、その頃を思い出しながら読みました。
 
金光教。
ここの近くに金光教の教会が在り、そこの教会長さんのブログやfacebookを時々読んでいることもあり、興味深かったです。
 
天照皇大神宮教。
これまでも新宗教関連の本を読んでて、時々触れられている本がありました。
「踊る宗教」としてよく知られている様ですが、近年は特別なイベントの時でないと、踊ることはないようです。

辯天宗。
智辯学園は、高校野球でよく知られてますね。
われらが日本ハムファイターズの西川選手は、智辯和歌山の出身ですね。
 
松緑神道大和山。
私が学生の頃、先輩がこの信者だった事を思い出します。
彼は本山が在る、青森県に就職したと聞いています。
 
その他、大本、世界救世教、真如苑、崇教真光、これらが興味深かったです。
ネット上だけでは知る事が出来ない事が、この本には多く書かれていたと思います。
その意味からも、宗教ウォッチャーの私として、意義在るものでした。


にほんブログ村 クリック宜しくおねがいします

月別アーカイブ
プロフィール

shinqroom

QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ