2009年07月21日

私たちは、緑をふやし、きれいなまちをつくります。<1>

私の住むまちの憲章です。

この記事は、2007年1月5日のその後を書いたものです。

ヒマラヤ杉が消えた3枚組←写真1は、樹木が切られる前(上)と後(下)です。
数十本のまちの保存樹木がきられました。年輪を数えた人によると300いじょうあったそうです。














←写真2は、売りに出された「欅の保存樹木」で、約7万円とか。ただし、処理代が30万円かかるとかで、買い手は現れなかったようです。









←写真3は、切られた切り株と整地された後です。










※ここには現在、住宅が数戸建設中です。
追って、ご報告いたします。



shinrabansyouxyz at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月05日

今日は「世界環境デー」― エセ環境論者に騙されるな!

3910b4fe.jpgレジ袋はゴミ焼却炉の貴重な燃料だ。

6月5日は世界環境デーだ。
1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、同年12月15日に日本とセネガルの共同提案により、国連総会で世界環境デーとして制定した。
日本では平成5年(1993)、「環境基本法」の制定時に、「環境の日」を定めた。
6月の一カ月間は、環境月間として、毎年、環境省や地方自治体、スーパーなどがバカの一つ覚えの「レジ袋削減・有料化」の大キャンペーンを唱えている。
アホ臭。
レジ袋の何処が環境に悪いのか。
誰がレジ袋をゴミにしているのか。
家庭から出た生ゴミを燃すために、わざわざ灯軽油や生ガスを使えと言うのか。
まさか、馬鹿な自治体がレジ袋を生ゴミと一緒に燃さないで、埋め立てているのか。
レジ袋やペットボトルを燃さない自治体のゴミ焼却場の現状を見てみるが良い。
東京・○○地区の焼却場は、貴重な油やガスを使って生ゴミをもしているのだ。

敢えて言う。
今日は「世界環境デー」。
お役所などの戯言に惑わされることなく
環境によいレジ袋、ペットボトルは、ゴミ焼却炉の貴重な燃料と言うことを知るべきだ。



shinrabansyouxyz at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月01日

本日から内容一新します。

これまでご愛用頂きました
森羅万象◇天地人・愛◇
の内容を一新します。

間もなく、新しいブログが登場します。

ご期待下さい。



shinrabansyouxyz at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月29日

ニリン草の群生地にマンションが・・・今と8ヶ月前の状況

807d78a3.jpg
昨年は春先から初夏にかけて、ニリン草が群生していた傾斜林(国有地)、入札で不動産会社に落札され、マンションが建つことになって、今、青々と繁っていた樹木が切り倒され、赤土が無惨な姿で露出している。
白い可憐なニリン草が群生していた面影など、何処にもない。

shinrabansyouxyz at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月25日

史跡・うけら庵跡―江戸時代の文化交流の場を偲ぶ

93fb50f2.jpg「うけら」とは、平安時代に武蔵野台地上に繁殖していたキク科の野草の花名で、葉集にも歌われているそうだ。
わが町の文化財に、史跡「うけら庵跡」がある。庵はもと墓守の僧を置くために作られたもので、六畳二間の小さなものだ。この庵のある敷地内に、大地主鈴木家の墓所がある。庵は天明初期に鈴木家六代目松蔭の手によって建てられた。江戸末期(1804〜1830)、大田蜀山人、北川眞顔など当時の著名な文人墨客が集まり、詩歌の会など文化交流の場として栄えた(写真 法

現在の「うけら庵」は、平成元年(1989)に鈴木家の現当主が再建したもの(写真◆砲如⊇顕饅蠅箸靴道箸錣譴討い襪修Δ澄

うけら庵の横に、銀杏の古木がある(写真◆法この銀杏に巻き付いて、空一杯にアクロバット的格好で枝を張っているは、何の木だろう(写真)。
多分、銀杏の樹齢は200年以上は経つと思われる。市内のお寺には樹齢750年の大銀杏もあるが・・・

[写真:撮影=2007年3月15日]

[参考]:http://www001.upp.so-net.ne.jp/Miya_ke01/kiyo/manyoh/kanto/ukera.htm

[蛇足] 修い泙倭瓦見られないが、昭和の末頃まではこの辺りでも(和光市本町)「うけら」の花が見られたという。
「うけら」はキク科に属する丈が60堕度の多年草で、秋になると清楚な花(頭上花)を咲かせる(写真)。薬草としても知られている。
なお、「うけら」は「おけら」ともいう。

[蛇足]◆宗屬Δ韻蕁廚魃咾鵑惜葉集。第14巻に詠み人知らずの三首があるそうだ。
1. 恋しけば袖も振らむを、武蔵野の、うけらが花の、色に出(づ)な、ゆめ
2. 我が背子(せこ)を、あどかも言はむ、武蔵野の、うけらが花の、時なきものを
3. 安齊可潟(あせかがた)、潮干(しほひ)のゆたに、思へらば、うけらが花の、色に出めやも





shinrabansyouxyz at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月22日

根津神社・文京つつじまつり― 文京区が根津神社「神苑整備事業費=宗教活動」の寄付金集めに一役!

5ef768cb.jpg
5月10日に、東京・文京区にある根津神社(写真 砲法△弔弔犬鮓に出かけた。事前に見た文京区のHPでは、「 第38回 」が、平成19年4月7日〜5月6日まで根津神社で開催とあった。
また、知人から、文京つつじまつりの期間は、入苑料200円が取られると聞いた。何でも、境内のつつじが植えられているコーナーの入り口にテントを張って、2人の女性職員が有無を言わせず徴収すると言う。
徴収の言い訳は「神苑整備事業ご寄進」と言うことだが、有無を言わせずに徴収して、何が「ご寄進」だ。

5月10日は、文京つつじまつりも終わり、入苑料徴収のテントも職員もなく(写真◆法▲魁璽福柴り口にロープが張られ、「つつじまつりは終了しました。さびしいつつじを・・・・」のビラが留められてあった。
しかし、つつじは盛りは過ぎたとは言え、まだ、十分に見応えはあった。
2000坪のつつじ苑には、約50種3000株のつつじがあると言う。つつじの種類が多ので、開花時期も異なるため、早咲きから遅咲きへと長期間つつじを楽しむことができるとか。
ただ、気になるのは根津神社という宗教法人の活動を、文京区が宣伝していることである。

根津神社の境内は、静まりかえっていて、木々も青々と茂っていたが、頂けないのは、つつじ苑は住居地と接していて、つつじが美しさが半減されることだ。仕方ないのだろうか。

[蛇足]― 根津神社は、今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建している。
江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座した。
明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社だとか。(根津神社のHPから)


shinrabansyouxyz at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月18日

toto、史上最高の売り上げを記録―一攫千金を夢見る行列

cb350abb.jpg
東京メトロ・有楽町新線池袋駅改札口を出ると長蛇の列があった。列を手繰っていくとガードマンがいて、整理をしていた。
列は西口地下街の宝くじ売り場まで続いていた。
宝くじ売り場で、totoを売っているのだ。
向かって左がドリームジャンボ宝くじで、右がtoto売り場だ。

ドリームジャンボ宝くじは、一等2億円が37本、二等1億円が74本だ。
totoは6億円が3〜4本だ
宝くじの方が率はいいと思うのだが・・・

なのに、ドリームジャンボ宝くじを買う人はなし、totoは100人以上の行列。
なぜだろう?

[Webニュース19:45]は以下の通り。
第278回スポーツ振興くじ(サッカーくじ、通称toto)の売り上げが18日午後7時半現在で50億円を超え、01年5月12〜18日に販売した第12回の38億7248万円を大幅に更新し、史上最高を記録した。
1等が最大6億円になる「ビッグ」が爆発的に売れているのが理由。「ビッグ」は18日だけで20億円を超える売り上げを記録した。

[写真:撮影=2007年5月18日]

shinrabansyouxyz at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月15日

あのザクロ酒を飲んだ−−−−葉っぱ臭い味がした。

6214d417.jpg琥珀色のザクロ酒は葉っぱ臭かった。

shinrabansyouxyz at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月11日

明治29年に建った洋館、 旧岩崎邸庭園に行った。

993947a8.jpg5月10日に、東京・湯島にある三菱財閥の創始者・岩崎家本邸を見学した。
彼は、明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物でもある。

洋館の設計は、お雇い外国人として明治10年(1877)年に来日した英国人ジョサイア・コンドルである。建設当時(明治29年)は、1万5千坪の敷地に和洋20棟もの大小の建物があったという。現在は5千坪の敷地に、洋館・撞球室・和館の3棟だけになっている。
木造2階建・地下室付きの洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築で、ジャコビアン様式の装飾が採りいれられており、当時の他の西洋建築にはない繊細なデザインが、往事を偲ばせる(明治時代の男性用の小便器もある)。
洋館と結合された和館は、書院造りを基調にされていて、広間には著名な日本画などもあり、500円を払うとそこでお茶とお菓子を嗜むことが出来る。お客がいると広間には入れず、廊下から中を覗くだけだ。
別棟に、コンドル設計の撞球室がある。スイスの山小屋風の造りの木造建築で、洋館から地下道でつながっているとか。
庭園は和洋併置式とされ、「芝庭」をもつ近代庭園の初期の形を残しているという。

一般に公開されるようになった。る
昭和36年(1961)に洋館と撞球室が重要文化財に指定。同44年に和館大広間は洋館東脇にある袖塀とともに、平成11年(1999)に煉瓦塀を含めた屋敷全体と実測図がそれぞれ重要文化財に指定されたそうだ。

庭園内外には数十人の老若男女の絵描きいた。今時の絵の具はチューブでなくガラス瓶入っていることを知った。
また、緑色のジャンバーを着たボランティアが気安く説明したり、質問に答えてくれる。

[写真]\橘牝り口(填め込みは異国情緒が漂う) 庭園側から ジャコビアン様式の装飾 ぅ好ぅ垢了馨屋風の撞球室

[蛇足] Д献腑汽ぅ◆Ε灰鵐疋襦1852-1920)は明治期、開国したばかりの日本に、初めて本格的な西洋建築を伝えた人物で、ニコライ堂や鹿鳴館など建築物を残した。門下には東京駅を設計した辰野金吾、迎賓館や東京国立博物館の表慶館を設計した片山東熊をはじめ、多くの日本を代表する建築家がいるという。

蛇足]◆Т篋衞鐶析困療‖陲任△辰神鏡…躅爐蓮△修慮紂関東大震災では近隣住民の避難場所となり大勢の住民が助かったと言う。それを受けて大正13年に当時の東京市に庭園が寄贈され、昭和7年(1932)に開園した。


shinrabansyouxyz at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月08日

白い煙りを吹き上げる浅間山より高い鯉のぼり〜

c9477ef5.jpg
今年も五月の連休に出かけた。
浅間山は平成16年(2004)9月の噴火以来、白煙を上げている。
これは、2年半以上続いている浅間の姿である。

今年は、昨年と様子が違っていた。
鬼押出し園(台)の駐車場の横に、鯉のぼりが設置されたことである。
浅間山より高く、泳いでいる。

♪ 山よりたかい こいのぼり
  大きいまごいは お父さん
  小さいひごいは 子供たち
  おもしろそうに 泳いでる〜



shinrabansyouxyz at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)