森羅百象

あしゅりんが撮影した生物の写真を掲載しています。




2017/03/25
いつもの壁チェック。
時間がなかったので、ぱっと目に付いたものだけ写真に撮っておいた。
後でみると、この三頭はどうやら同じ種類らしい。
シロテンエダシャクは前翅に白い点があるのだが、個体差があってほとんど白点が見えないものもいる。
こうやって比べると、個体差の幅が分かって面白い。


2017/03/25
東京都 文京区
羽化して程ないモンシロチョウに出くわした。
翅は伸びていたが、まだへにゃんへにゃんで弾力がなく、風にあおられてへろへろと揺れていた。


街の片隅でひっそりと展開されるスペクタクル。


愛媛県
クサギカメムシは成虫越冬するので、春先の暖かい日には姿を見ることができる。
地味だけど、よく見ると複雑な色合いをしているのがわかる。


2016/10/01
神奈川県
イネ科やスゲなどで汁を吸っているのをよく見る。
よく似た仲間にクロスジヒゲナガカメムシがいるが、それには前翅の革質部に黒くて太い条が入っているので分かりやすい。


2016/10/01
神奈川県
ヒメナガカメムシの仲間はよく似たものが多く、これまでうまく見分ける事ができなかった。
『日本原色カメムシ図鑑Ⅲ』に見分け方チャートが掲載されているので、それを使って何とか見当を付けた。
ありがたい。


2016/10/01
神奈川県
ナナホシテントウは意外と撮影することがない。
よく見かけるのだが、それゆえに「また今度でいいや」となりがちなのだろうと思う。
でも、やはりいい形、いい模様の昆虫だよなあ。


2016/10/01
神奈川県
ヒシバッタはかなり小型で地味なのでぱっと見には目に付かない。
たまたま見つけて近寄っても、ぴんぴんと飛び跳ねて逃げるので写真に撮るのが大変だ。
なんとかここまで近付いたが、この一瞬後にはどこかへ行っていた。
多分トウカイコバネヒシバッタだと思うが、確証は取れていない。

このページのトップヘ