October 27, 2005

インネンをつけるヤクザの心理

満員電車に乗ったときの事。長時間乗らないといけないのに
空席がなくて困った。

その時、一つだけ席が空いていた。誰も座ろうとしない。
なぜ?

その理由とは、隣の人は白いズボンに白のエナメルの靴、
黒のワイシャツに白のネクタイ、サングラスをかけた男が
足を投げ出して眠っていた。

どう見てもかたぎの人間とは思えないその男の隣が空いていたのは
「その男のパーソナルスペースにうっかり侵入してインネンでも
つけられたら大変だ」という心理が働いている。

その男は、他人が自分のパーソナルスペースに入ってくる事
にとても敏感に反応を示すタイプなんですね。

パーソナルスペースは個人個人で範囲が違います。

自分は何も感じない距離であっても、他人はとても不愉快な
距離であったりします。

その時、運悪くかたぎの人でなければ、「おい!こら!」って
インネンをかけられるんです。

一生懸命自分のパーソナルスペースを守ろうとしているんですね。


shinri_2005 at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 26, 2005

喫茶店で隅に座りたくなる心理

みなさんも経験があるでしょう。喫茶店やレストランに入って
まず、どこに座ろうかと見回しますよね。

一番最初は窓際を見ます。そこが一杯だと次に壁際を
探すはずです。

喫茶店やレストランはまず、窓際からうまり、壁際へと
うまっていきます。

そして真中あたりの席はいつも空席という状態がよく
あります。

なぜ、隅っこの席に群れたがるのだろうか。

「窓際の席は景色が見えて良いから」という理由だけでは
人が隅っこにこだわる行動が理解できない。

これは、中央部分では衆人環視の真っ只中にさらされてしまうが、
隅っこだと自分のなわばりを守りやすいという心理が働く。

「他人とのかかわりをもちたくない」「一人だけでいたい」と
思っている人は壁際の席を選び、「自分達のグループの席に
他人が同席するのを積極的に拒否する」人が部屋の奥にあるテーブル
を選ぶ。

人間には常に自分がどこに位置しているかをわきまえようとする
習性、というより、動物の本能に近いものがある。

実験用のねずみなどを箱の中にしばらく入れておくと、ほとんどの
ねずみは箱の壁際か隅っこにうずくまってしまう。

人間もそれと同じなんですね。



shinri_2005 at 14:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

成績を上げる簡単な心理学

学校の成績を簡単に上げる方法があります。
それは、教室では前の方に座るだけです。

これで成績は上がるんです。

アメリカでの実験結果から、前に座ると授業中の
発言が多く、授業に積極的に参加するようになり、
結果として成績が上がってきたとの事。

前に座ると言う事は、教師の近くであるし、教師と
視線が合いやすく、内職もできないし、居眠りも
できない。教師からいつも見られているという
心理が働くわけです。

この心理はちょうど、子供達が家庭教師に教わる
時の状況と似ているのである。

見に覚えがありませんか?
一番後ろの席が一番気楽だったなぁ〜!

成績を上げたい諸君!積極的に前に座ろう!
自動的?に成績が上がっていく?!

shinri_2005 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 19, 2005

彼と彼女の親密度は?(・_・?) ン?

彼と彼女の親密度を計る方法をご紹介しよう。(~▽~@)♪♪♪

一番簡単なのは、二人の間の距離を目測してみる事。
歩く時、肩と肩の距離が20センチ。これは
親しい人同士の標準的距離である。

男女のカップルがこの距離よりも接近して
歩いていればかなり親密な関係と言える。

逆にこの距離よりも離れて歩いていれば
それほど親しくないか付き合って間もない
関係と言える。(#+_+)

これを利用して、あるカップルが以前より
離れて歩いたり、話をしていれば、二人の
関係が冷めてきた証拠。

このカップルのいずれかに片思いをしている
のであれば、チャンス!
アプローチしてみる価値あり!(^。^/) ウフ♪

shinri_2005 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

恋人が真剣に結婚を考えているか?☆★☆★☆★

現在付き合っている彼または彼女が真剣に結婚を
考えているかどうか心配している人、居ると思います。
  V(○⌒∇⌒○)

付き合い初めの頃の話題は、趣味や旅行・TVや友人
知人・スポーツなどの会話が多いもの。

親しくなってくると話題が変わってきます。

自分自身の、よりプライベートな話題が出るように
なれば信頼関係が出来上がってきた証拠。

男は女ほど自分のプライベートな事を話題に
しない。その男性が自分の身体や性格、金銭の
事を話題にするようになれば、相手の女性を
信頼している証拠です。

そして相手の自宅に招待されるようになります。
このなわばりに招待されるということは、家族の
一員に準じた扱いを受ける事を意味する。

応接間から居間や個室まで入れてくれる様になれば
あなたは家族からも歓迎されている事になる。

居間や個室まで入れてくれれば、結婚が前提条件に
なっていると考えてよいといえる。
♪O(^^O)(O^^O)(O^^)O♪



shinri_2005 at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

満員電車内の心理

満員電車に乗った事ありますか?
その中での光景を思い出してみてください。

空いている時は何も感じないのですが、だんだん
混雑してくると、不快感やなんともいえない息苦しさ
を感じてきます。

乗客同士の体が接触しだすと腕組をしたり、目を
閉じてタヌキ寝入りをしたり、毎日見慣れている
はずの車内広告をじ〜っと見つめたりする人が
多くなります。

あなたも経験無いですか?
一枚の広告を何度も読み返している事・・・

これは、他人が自分の体に異常接近することから
起こります。

腕組をしたり、他の乗客に無関心を装ったり
してこの不快感を乗り切っているのは、
満員電車に乗る人達の知恵でもあるんです。

この不快感も自分のパーソナルスペースを
侵される事で起こるんですね。



shinri_2005 at 10:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

August 18, 2005

パーソナルスペースって?

パーソナルスペースって知ってますか?
「個人空間」とか「私有空間」と訳されています。
簡単に解釈すると、他人が近づいてきて不快だなと
感じる距離なんですね。

このパーソナルスペースはなんと年齢によっても
変化するんです。

20歳前後の同姓ペアのパーソナルスペースは
50歳前後の同姓ペアのパーソナルスペースより
小さいんです。
また、20歳前後の女性ペアは、他のどのペアよりも
パーソナルスペースが小さい事が解ってます。

アメリカの研究では、パーソナルスペースは
年齢とともに大きくなり、40歳がピークになります。
そして再び小さくなるそうです。

なぜか?これについては後日ご紹介します。

shinri_2005 at 16:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

他人のなわばりには出来るだけ侵入しない

なわばりは自分の家の中やその周り、学校や職場だけでなく
公共の場にも沢山あります。

公共のなわばりには先着順の原則というものがあります。
これは、先に来た人から順になわばりを作っていきます。
こんな体験ないですか?
運動会の場所とりがわかり易いですね。
私物でなわばりをはる人もいますね。

公共の場では、「他人のなわばりに侵入しない」という
暗黙のルールが作られているんですね。

それを侵されると、侵された方は怒ってしまうんです。

夏の風物詩の花火大会でもよく見かけます。
立っているだけなんですが、じわりじわり隣の人が
寄ってきたり、前に入られようものなら、怒り心頭!

たとえば、合い席をする場合などは「よろしいですか?」と
相手のなわばりを尊重する気持ちを持って承諾をもとめると
世の中も平和になるんじゃないでしょうか?

shinri_2005 at 15:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)