相場の事実についていく!! FX

トレードに自分の期待が入るとズルズルと変なトレードに。チャートがあるんだからチャートの事実についていけばいいだけでは?!複雑に考えなければ見えてくる。

【環境認識&トレードプラン】9月26日 -ドル円-

FXで安定して勝っていくためにも、「環境認識」と「トレードプラン」が重要です。
ちゃんとした軸がないと、FXという自由の海原で方向もわからず遭難してしまいます。
FXに正解は無いのですから、間違いを恐れずに考えて、そして検証をするようにしましょう。
そして、同じようなトレード手法や考えを持った仲間たちと、議論できれば最高です。

まずは昨日の振り返り。

日足に関しては大きな動きはないので昨日のものを参考にしてください。

15分足(25日朝時点)
USDJPYM15-002

昨日はこの状態からで、黄色枠の揉み合いを足場に買いならば赤ラインを目標に、売りならば下の黄色ラインを目標に見るのではと書きました。
また、価格が下がってきて、黄色枠に入った場合はトレードを避けたほうが良いという感じで書いたのですが、実はちょっと頭をよぎったのですがカイていないことが一つありました・・・・。


15分足(26日朝時点)
USDJPYM15-0001
結果としては、一旦価格が下落して、黄色枠の上限まで戻ってきました。
が、実はちょっとここが考えどころでした。
買いで入っている人達の直近の目標は赤ラインであり、見ると目標を達成したようにも見えます。
これが赤ライン付近まで届いていないようなら、買いの人達が再度押し目買いをかけてきたかもしれませんが、目標を達成となると押し目買いがかかりにくい状態だったのかもしれないと想像してしまう形となってます。
結果として黄色枠上限でもたついた形となってます。

それと書き忘れたのが、青く塗りつぶした部分です。
黄色枠内にレートが来たらトレードを控えたほうが良いと書いたのですが、黄色枠から上に抜けた勢力があるわけで、黄色枠内の何処かで買いが入る可能性も頭がよぎっておりました。
結局、買いが入ってきたのが見て取れます。
買いが入ったものの再度の上昇をすることができず、一気に下落という動きになりました。


では、本日のトレードプランです。


1時間足(26日朝時点)
USDJPYH1-001

上昇の流れは変わっていない感じですが、一息入れている感じの流れです。
ただ、細かく見ると矢印で示した様に高値が切り下がっているとも見えますので、既に上昇局面は終わったと見る人が出てる感じでもありますが、多くの人は黄色ラインを割ったら上昇局面に疑問符がつくのではないかと思います。

15分足(26日朝時点)
USDJPYM15-0002

直近で見ると大きな下げが昨夜発生していますので、この流れを見ると戻り売りをかけていきたい人がまず考えられます。
戻り売りの人達の目に入るのは、水色ライン、112.0円、オレンジラインでしょうか。
上がり方にもよりますがここらへんが気にかかるポイントに思えます。

一方買いたい人達は、急激な下げからの利確上昇を期待したい所ですが、一気にオレンジまでレートが戻ることもあるかもしれませんが、ちょっとそれは都合が良すぎるので、レートが下に行けないを確認して入っていきたい所です。
よくみると15分足でもWボトム的な形に見えなくのないので早い人はロングを仕掛けているかもしれません。
そう考えると既に買いのタイミングを外したかもしれませんが、再度下に行けない形が出れば入って行きたい所です。
ただ、直近の流れが強い下げなので、そんなに勢い良く上昇はあんまり期待しないほうが良いのかもしれません。

何にしても急激な価格変動が起きた時はヨコヨコ相場になりやすいので、このヨコヨコに決着が付いてからでも遅くないかもしれません。
まあ、乗り遅れたらそれはそれで仕方なし。次を待ちたちと思います。




みなさんは今日はどんなトレードプランをたてましたか。


では、本日もよろしくお願いします。






応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓

FX初心者ランキング

【環境認識&トレードプラン】9月25日 -ドル円-

FXで安定して勝っていくためにも、「環境認識」と「トレードプラン」が重要です。
ちゃんとした軸がないと、FXという自由の海原で方向もわからず遭難してしまいます。
FXに正解は無いのですから、間違いを恐れずに考えて、そして検証をするようにしましょう。
そして、同じようなトレード手法や考えを持った仲間たちと、議論できれば最高です。

9月よりHP更新が止まっており、その件に関してお問合わせなどをいただいておりました。
私としては9月よりは一つの区切りを付けて、新たな内容でスタートを考えていたのですが、告知自体も滞っておりました。

新しい内容もちょっと思い浮かばない点がありましたので従来と同様に環境認識を簡単ながら掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


まずは環境認識から。


日足(25日朝時点)
USDJPYDaily-001
大きなレンジの状態と言えます。
意識される青いラインで反発して、日足レベルでは上昇。目指すのは上側の青ラインというところでしょうか。
ただ、私は日足トレーダーではないので、日足はこれぐらいで。

1時間足(25日朝時点)
USDJPYH1-001
上昇トレンドを描きながら、推移しています。
ちなみに1時間で上昇の流れに疑問符がつくのは黄ラインを割った辺りと見ています。
ただ、1時間足のお話なので短期ではもうちょっと違うかと思います。
1時間足なのでの流れは大きな流れは上昇と見ていますので、1時間足レベルの人から見ると下がってくれば押し目買いを狙いたいと言う所です。
一方で短期的なトレーダーとしてはどうかという点です。

15分足(25日朝時点)
USDJPYM15-001

15分足で見ると、赤矢印の上昇が目に入りますので、買いたい人は、これの押し目買いを拾いたい所です。
(既に押し目買いが入っているのかも・・・・)
買いとしては高値を更新していきたいのですから、上限の赤ラインを超えることが目的となりますので、これが超えられないとなれば買い勢の利確(売り)が入ってくると思います。
一方で売っている人も当然いるわけで、赤ラインを背景に売っている人達にとっては、どんどん下がって欲しいわけですが、さすがに売る背景とした赤ラインを超えられるとまずいという事とですから、大きな流れとしてはこの赤ラインが直近の大きな攻防戦になると見ています。

USDJPYM15-002

現在の状況で見ると、黄色枠を一つの揉み合いと見た場合にはここを足場に考えることもできるかと思います。
今朝は窓開けもあり、黄色の揉み合いを上に抜けたので、黄色枠を足場にした押し目買いも考えられる所です。(その時の直近の目標は赤ライン付近)
逆に黄色い揉み合いを下抜けた場合も考えて起きたい所です。
黄色枠内に価格が入って枠内を出る気配がない場合はちょっとトレードを身長にすることが良いのかもと見ています。

今後は売りと買いのことを交えながら記載していければと思っております。



みなさんは今日はどんなトレードプランをたてましたか。


では、本日もよろしくお願いします。






応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓

FX初心者ランキング

【環境認識&トレードプラン】8月31日 -ドル円-

FXで安定して勝っていくためにも、「環境認識」と「トレードプラン」が重要です。
ちゃんとした軸がないと、FXという自由の海原で方向もわからず遭難してしまいます。
FXに正解は無いのですから、間違いを恐れずに考えて、そして検証をするようにしましょう。
そして、同じようなトレード手法や考えを持った仲間たちと、議論できれば最高です。


本日もよろしくお願いします。


まずは、昨日の振り返りです。

30分足(31日朝時点)
USDJPYM30-001

昨日はオレンジのラインをきれいに抜いて、その後に押し目をつけての上昇となりました。
比較的わかりやすい感じだった?
頭から尻尾まで取れる事は難しいので、一つの波を取れれば上出来かと思います。




本日のトレードプランです。

1時間足(31日朝時点)
USDJPYM30-001
オレンジラインを超えてきたことや、短期的に上昇の流れとなったこともあり、このまま上昇の流れが継続しそうな印象を受けます。
慌てて売りを考える必要はないかと言う印象です。

4時間足(31日朝時点)
USDJPYH4-001
買いの流れが続くと考えた場合の目標としては、4時間足で見る所の赤色ラインがまずは目に入ってくると思います。
ただ、気をつけたいのはかなり買われている印象もありますので、できれば大きな押しを待って入れたらベストにも思います。(願望)
と言っても勢いがあるときは一気に行きますのでその点は注意しながら行きたいと思います。
今日は指標も多いので、それをきっかけに流れが加速することも考えれます。


みなさんは今日はどんなトレードプランをたてましたか。


では、本日もよろしくお願いします。






応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓

FX初心者ランキング
市場に期待して参入してボコボコに。ボコボコになりながら、ある日 気づく。期待を持って市場を見てはダメだということに。市場の事実についていくのみ。
メッセージ

名前
メール
本文
おすすめ証券会社



安定して低いスプレッドは
超!魅力的!!
おすすめ証券会社



ガォー!と吠えるけど、使い勝手が良いツール。
おすすめの書籍
CD版なら手が開いてる時に聞けるので楽です。
なぜか、おすすめ担々麺・・・
応援クリックお願いします
注意事項
当ブログで記事は、私的な見解です。投資に関しましては、各自のご判断でお願い致します。 また、当記事が提供する情報で損失が発生した場合については一切責任を負いませんのでご了承ください。
  • ライブドアブログ