July 11, 2007

今週のスペシャルゲスト!

ステッカー




こんばんわ。

雨降ってますね。





先週の初放送では、たくさんのメールファックス、
本当に有り難うございました!

今日は午後からスタジオにて番組制作会議。
より良い番組にするためにチームR&Vは努力致します(^^)b

でもって、速報!

今週の金曜日、お昼12時からの2時間、
生放送でお送りする「DJ★shin Rhythm & Voice」

第二週目にして超大物ゲストがやってきてしまいました!

80年代〜90年代に日本をその渦に巻き込んだ
あの【T-BOLAN】のドラマー【Kaz】こと
「青木和義」さんです!(現在DOG STARのリーダー/Drs)

shin&Kaz


実は先日、ある知人をきっかけに
コンタクトをさせていただく機会があり、
お互いに意気投合し、番組出演が決定!
しかも早速今週ですですですっ!




そして本日、僕の番組の制作会議にも
お越しいただき、たっぷり約2時間程、
お話しさせていただきました(感激。)

世代も同じで、好きな音楽性もリンクしていて、
とても楽しい時間。


やはり出逢いによって作られたこの時間。

青木さんと話していた時間、本当に出逢いに感謝でした。
ひとつ上のアニキって感じで最高な人だ。

ほんと今週の放送が楽しみです!


是非、聴ける方は、
DJ★shin の【 Rhythm & Voice 】
JR岐阜駅のアクティブG3F「FMわっち」
サテライトスタジオより2時間生放送!!

株式会社シティエフエム岐阜【FM WATCH】周波数78.5Mhz
http://www.fm-watch.jp/home/home.html

本日の制作会議の模様はこちら!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓FMわっちのブログ!
http://fmwatch.blogspot.com/
  
Posted by shins_cafe at 01:12Comments(1)TrackBack(0)DJ 

July 04, 2007

いよいよ新番組スタート!

こんばんわ←(は:笑)

ちょっとお久しぶりでございます!

なかなか忙しくて、日記アップできませんでしたが、
日々、新番組の構成と、CM、スポンサーとの打合せ、
でもって、本業の仕事の打合せ等で、
まだまだ儲かりませんが、投資投資〜〜〜〜!
で頑張っています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さてさて、いよいよ明後日、7月6日!
【 DJ★shinの Rhythm & Voice 】(リズム&ヴォイス) 
---------------------------------------------------
★岐阜駅のアクティブG3Fの
サテライトスタジオより生放送が始まります!!

毎週金曜日、正午〜午後2時 2時間生放送!!
株式会社シティエフエム岐阜【FM WATCH】周波数78.5Mhz
http://www.fm-watch.jp/home/home.html


★【 Rhythm & Voice 】は?

私、DJ★shinこと「中島シンジ」がお送りする、
「音楽」と「情報」。
そしてなによりも「頑張っている人達」を応援するラジオ番組。

☆毎週ひとつのテーマで、リスナーとコミュニケーション!
 自分たちが知らなかった情報や、共感できるエピソードなど、
 楽しい時間をお約束〜。


岐阜県の小さなFM局ですが、リスナーは約80万人!! 
DJ★shinの視点で電波の可能性を見つけて、
地元岐阜県だけでなく、全国で「頑張っている」人の情報を
それぞれの住んでいる街への「架け橋」になるように頑張るぞ!

スタジオは、JR岐阜駅高架下にある「アクティブG」3F
サテライトスタジオでDJブースはガラス張り!
皆さん目の前でミキシングですから、緊張します。

ですが、時間があったら逢いに来て下さい(^^)


★☆★☆更に!★☆★☆

番組のアシスタントが決定!!
「青木春菜」・・・・・・DJネーム【HAL】
という、可愛い可愛い女の子(^^)b

彼女も現在、自分の夢の実現に向けて頑張ってます。
●番組の進行サポート
●DJ★shinの話し相手(笑)
●午後1時頃から「HAL's Dialy」のトーク・・・ 
など、など、

僕と一緒に番組を盛り上げてくれますのでお楽しみに!

※おそらく俺より「HAL」目当てのリスナーが増える!
ははは〜、いいのです、それでいいのです。


とにかく頑張っていれば、いろいろな出逢いがあり、
その出逢いをどう活かすかは、その人次第。
彼女も自分の力でこのアシスタントの座を
ゲットしたのであります。
もちろんお世話になった方々がいてくれての事だけど、

でも、やっぱ「自力。」自分の力です。はい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

番組では、金曜日の初放送!に対して、
「応援メール」を待っています!

是非、メール下さいね!!!

メッセージはこちらから!
http://www.fm-watch.jp/request/request.html

または、785@fm-watch.jp

ファックスは、058-266-9320

◎DJ★shinの「リズムアンドボイス」宛、
             と記入して下さいね〜。

--------------------------------------------
そして!

記念すべき初オンエアーの番組テーマを発表致します!


【  出逢い  】


金曜日は7/6。 そうです、次の土曜日は7月7日。

奇しくもその日は、
僕がラジオDJとしてデビューした日なんです。

皆さんもご存知の通り、織り姫、彦星が出逢える唯一の日が、
七夕なんでござますねぇ〜。

そして、今自分の回りある全ての環境が、
「出逢い」で始まっている真実。

初回のテーマとしてはピッタリ!!


皆さんのメール、
お待ちしていますっ。

      ↑
・・・・・おお、
久しぶりだ(笑)

-------------------------------------------




★ポロリ日記・・・・(不定期連載)



仕事が忙しいのはとても嬉しい。
でも、何よりも大切な
時間が取れないとき。

その有難い仕事を恨んでしまう僕は
まだまだです。

shin  
Posted by shins_cafe at 23:55Comments(1)TrackBack(0)

June 25, 2007

雨はセンタッキ。

よく降る雨だ。

ふと車の窓から見る川が濁ってる。
濁りは汚れだとすれば、
水は、洗ってるね、川を。

さっきまでのアスファルトも、
雨で顔を洗われて気持ち良さそうだ、



・・・と、思えば雨顔が見えてくる。

------------------------------------------------------


去年の2月。
雨の降る夜に、雨の話をした。
雨のあとの風が俺は好きだと。

ちょっと生暖かいけど、穏やかな風がくれる、
ほっとする時間が俺は好きなのです。


夜の雨のアスファルトを写真に収めた人が微笑む瞬間。
雨の中で車の修理を終わらせた時の雨。
冷たさが冷たさではなくなる雨を、
きっと何度か体験してる。

雨の中のサッカー。
雨の中のイベント準備。
雨の中びしょ濡れになって恋人と帰った下宿。
雨の中の犬の散歩。
雨の中で開き直って走り回った駐車場。



決まって後で寒くなるけど、
その後の季節外れのエアコンがくれる暖かさ。

暖かさを感じる為に冷たさがあるように、
僕たちの人生にも嬉しい時、辛いときがある。


でも、かならず「雨」は上がる。

洗濯が終われば雨は自分の家に帰る。



だから雨はセンタッキ  
Posted by shins_cafe at 02:54Comments(0)TrackBack(0)空気。 

June 22, 2007

Just the way you are.   〜50秒のメトロノーム〜

Billy Joel                                    


「ビリー・ジョエル」を初めて知ったのは、13歳。

兄の持っていたアルバム「ナイロンカーテン」が、
机の上に置いてあった。
当時の俺は外国の曲の知識が無く、
ただ異国のジャケット、兄が大人だという感覚しか無かった。

----------------------------------------------------------------

自然にBilly Joelが俺の初めての外タレとなる。
夜な夜な、行った事も無いニューヨークを気取り、
畳の部屋にホワイトインテリアで「亜米利加」を演出し、
窓から見えるブランコのある「山田公園」の水銀灯に都会を重ね、
SONYのハイポジションのカセットテープ46minitsに、
Billyを収め、いつか訪れるだろう、大人な自分に夢を抱き続けていた。

「アレンタウン」という炭坑夫をモチーフにした曲は、
思春期を迎えた回りの奴らの心を奪った。

「プレッシャー」はただただ外国人の声の凄さと、叫ぶという歌い方を知った。

「グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌(レクイエム)」この曲と言うより、
このアルバムの背景にベトナム戦争へのメッセージがあったことを語れるようになったのは、
大学に入ってからだった。


忘れられない、ラジオ番組がある。

   「サントリー/サウンド・マーケット」
      ※1980年代〜90年代までTOKYO FM・JFN系列で夜10時から流れていた番組。

当時の俺にとっては最高の至福の時間だった。
TOTO、オリビア・ニュートン・ジョーン、メンアットワーク、ポリス、
ライオネル・リッチー、そしてクリストファークロス・・・。

このとき「AOR」というジャンルも知らず、
ただ甘く切ない、英語の魅力に取り付かれていた。



あるとき、エレピの前奏で始まる、
俺にとっての運命的な曲を聴く事になる。

優しく、美しい、ベージュ色のイントロは、自然に俺の目を閉じさせた。

その時、耳になじんだ艶やかな声が唄を奏で始めた。


ビリージョエルだ。

ハッキリとした発音、巻き舌のニューヨーカーなまりのその歌声と、
フィル・ウッズによるアルトサックス・ソロ。

曲名は「Just the way you are 〜素顔のままで〜」

     今のままの君でずっといてほしい、
     髪の色も変えなくて良いし、
     粋な会話も望まない...今のままの君でいてほしい。


なぜ、こんなに美しい曲が作れるんだろう。
歌詞の意味はわからない、わからないが涙が出た。


今でも俺の宝。

そして俺がFMパーソナリティになる原点を作ってくれた曲。



深夜の冷たい空気の中、涼しげに流れるエレピとサックス。

今夜俺は、
この曲が似合う人と過ごした。

家に戻り、デスクの窓から夜の景色を見ながら、
遠い昔に公園の水銀灯を眺めながら過ごした
あの夜の空気を思い出した。

幼い頃とは風貌も変わり、
大人として仕事に追われ、
ここ数年、自分の素顔を見せなかった。

素顔を見せられる幸せを忘れていた。

純粋に心から笑顔が出る幸せを、
ふとした瞬間に伝わる優しさがどれだけ嬉しかったか。


迷いの中で、まだ素顔になりきれていなかった俺に、

突然やってきた、50秒・・・・。

1秒の速さは気持ちによって変わってしまう。
俺の1秒をスローダウンさせてくれた心のメトロノーム。

手首の脈が刻むそのリズム。

それは幼い頃、泣きじゃくる俺の背中を
ポン、ポン、ポン・・・と、叩いてくれた母の手であり、 
そのまま眠りにつかせてくれた子守唄だった。


車の中、1人夜の街を走る。

すると、FMから聞こえて来たあの曲。

心の中の「50秒のメトロノーム」がリズムを刻む。
寂しげな夜のエンディングドライブに、穏やかなひとときが訪れる・・・。


「 Just the way you are  〜素顔のままで〜 」


20数年後の今日。
細い手首が思い出させてくれた「素顔」
心のメトロノームが思い出させてくれた「大切な曲」。


ずっと心に仕舞っていた、大切な曲。

もしかしたら、
今なら唄えるのかもしれない。




  
Posted by shins_cafe at 06:18Comments(0)TrackBack(0)新たな時間へ。 

June 19, 2007

COCORO〜心〜嬉しく

朝日

どれだけぶりだろう。

時間が止まっていた訳ではなく、
時間の上で僕が動いて。



数えきれない出逢いと出来事の中で、
僕はグルグル走っている。 そう今も変わらない。


--------------------------------------------------------

ふと気付けば、風が柔らかくなっている。

山の椅子に座り、
人々の生きる大地を見下ろすとき、僕は「生きる」事を実感する。

たまに朝早く、山の椅子に腰掛ける。

そこから見える朝霞の中にあるたくさんの想い出。
ぼくが生きて来た殆どの歴史が刻まれている。

神社の裏の幼き想い出。
夕暮れに寂しげに眺めた西の山。
夢に描いた高層ビルが現実になったダウンタウン。
若さを発散させたコンクリートと地下と闇。

背伸びをする事で自分を主張し、
それが染み付きはがれない。

今でも瘡蓋となって共存している。




あるとき、
突然「舞い降りた」あの「鳥」の事を思う。


光が消えて時間が経つ。
影が足下に戻った。
自分が地に立ったと実感した時、

あの「鳥」に逢いたくなった。

自分の中の「鎧」が外れ、
着飾る事も無く、着替えも持たず、
逢いに行った。

鳥は遠くへ行かず、
近くに居てくれた。

その鳥は、やさしく柔らかな翼を持つ。

突然やってきた僕に動じる事無く、
黙って僕を受入れてくれた。


人生が流れる時間は人それぞれ。
僕には僕の時間がある。
生きるペース。
心の速度。

柔らかな翼を持つ鳥は、
僕のCOCOROの波長によく似合う。


僕の心は、
今笑っている。


今日もあの「鳥」はゆっくり空を舞う。
自分のスピードを保ち、優しく鳴きながら、
いつもの軌道を、ゆっくりと。


そして僕は、
今日も山の椅子に座り、遠くからそれを感じる。

今度はいつ逢えるのだろう。


これからの人生のスピード。
これからの人生の色。
鳥が思い出させてくれた僕のCOCOROの色、形、そして重さ。



僕の心は、   今笑っている。


こんなに嬉しいことはない。













  
Posted by shins_cafe at 06:37Comments(0)TrackBack(0)新たな時間へ。