2006年06月26日

負けた・・・・

昨日は公式戦。絶好のコンディションとは言えないが、逆にそんなに暑くもなく試合をやるにはちょうど良かったのかもしれない。
最後の最後に雨に降られたが、試合は雨が降る前に全て消化できたので、子供達にとっては良かったと思う。

昨日の公式戦は、8月に行われる大会の予選だった。この大会は市内から予選を勝ち抜いたチームでトーナメントが行われ、市内No.1が決まる大会だ。
市内で70近いソフトボールチームの中から24チームが集まり2日間かけてトーナメントを戦う。
各チームはこの大会への出場を目標に頑張っているはず。(うちもご多分に漏れず目指していますが。)

試合内容は今さら書きたくないので省くが、点数だけを見れば良い試合だったと思うが、内容はあまり良い試合とは言えないような感じだ。
ミスもあったことはあったが、チーム全体がなんかチグハグな感じがした。3回の攻撃の時だけはチームが一体となっていたのでビッグイニングを作れたが。
互いにミスが出ている中、相手チームのほうがミスが少なかったのでうちが負けた、という印象が強い。

ただ、こういう試合の中でも子供達の成長を感じる部分はあった。4番が2本のホームランを打ったり、練習試合ではほとんどアウトが取れなかった子がアウトにしたり。一番大きかったのは、レフトが抜かれた普通だったらホームランをホーム手前でアウトに出来たことだ。
これも元をただせば単なるレフト前ヒットだったのだが、レフトの緩慢なプレーで抜かれてしまった。その後の中継プレーが全てうまくいったのでアウトにはなったが。

試合自体は負けたが、個々に何らかのきっかけとなるプレーがあったことはあったので、その場で終わらせないで次につなげていって欲しいと思う。
(子供達の自信になってくれればそれが一番いいのだが。)

最後に、私自身けっこう緊張していて相当やかましかった。(反省・・・。)
正直チャンスはあると思っていただけに、変な色気が出てしまったのだろう。
今回の敗戦は全て私の責任ということで。
shinsakusoft at 09:33|この記事のURLComments(0)

2006年06月19日

試合前なのに・・・

先週に引き続き、雨の中の練習となった。
先週は練習試合が雨で流れてしまったため、練習をしないつもりでいたので和気藹々とやっていたが、昨日は翌週の公式戦を控えての練習だったので、いつも通りやるつもりでいた。
しかし、雨なのかなんなのか知らないが、朝からみんなダレているように感じた。
素振り1つとってもしっかりやっている者、ダレているもの様々で、一人でもダレているようであればチームとして連帯責任を負ってもらわないといけない。
責任のなすり合いは出来ても、一人一人がもっと真剣に練習に取り組むといったことがどうもできない。
特に最上級生がそうなので、始末に負えない部分がある。

基本的に集中力が足りない。
集中力がずっと持続できるとは思っていないし、現実に大人だって長時間は無理。
なので、練習の合間にきちんと休憩時間を取っているのだが、休憩せずに遊んでいる。
遊ぶのは勝手なのだが、休む時にきちんと休んでないから集中力も低下する。まあうちの子供達は基本的に飽きっぽい奴が多いようなので・・・。

翌週の試合に向けての練習だったのだが、結局いつも通り怒られて終わってしまった感じである。
子供達がいつ発奮してくれるかと待っているのだが、どうも来週も無理なようだ。
なんとなく怒られ慣れしまったんではないかと考えてしまう。(それはないと思いたいが。)

何にせよ来週は公式戦なので、1つでも勝ってもらうよう子供達にゲキを飛ばしたいと思う。

shinsakusoft at 08:32|この記事のURLComments(0)

2006年06月12日

雨の中・・・

先週は第2週ということで土日の練習。
土日とも練習試合の予定だったが、日曜日は雨のため中止。

土曜日は晴天に恵まれ順調に2試合をこなした。
試合に関しては、そこそこ満足のいく内容だったが、まだまだ物足りない感がある。
技術以前に試合に臨む態度というか気持ちの部分で、ただこなしているみたいに見受けられる。
試合をやるからには勝ちたいとか良いプレーをしたいというような必死さ、というか気持ちが前面に表れるようになってもらいたいのだが・・・。
勝ち負けは別にして一生懸命やった、と自信を持って言える子供が増えてくれるといいのだが、実際には2,3人だろうと思う。

日曜日は練習試合が雨のため中止になった。
普通ならこれで解散なのだが、子供達が練習したいということで練習をした。
雨でろくな練習も出来ないので、素振りやノックをしたがこれがビックリで、普段の練習では出ないようなプレーが続出。
2人1組でフライを取る練習をしたのだが、こっちが指示をしなくても声の掛け合いやカバーリングが出来ていた。
まあ、元々解散する予定でいたのであまり厳しくはしないで、たまには怒らないでやろうと思っていたので、声があまり出ていなくても仕方ないかな、と思っていたのだが。
しかし、普段教えている我々からしてみれば複雑な心境ではある。
怒ってもあまり声が出ない子供達が、自分たちから率先して声を出しているからである。
ただ逆に考えればこれだけ出来るということがわかったので、これからの練習で昨日みたいに声が出なければ、今まで以上に厳しくなるだろう。
(こっちからしてみれば、これだけ出来るということで、基準が上がったので。)

これから子供達はもっと大変になるだろうけど、ある意味自業自得(?)

shinsakusoft at 09:11|この記事のURLComments(0)

2006年06月05日

今季初勝利!

2週間ぶりの練習がいきなりの練習試合。
試合前の1時間ちょっとで感覚を取り戻せるわけもないが、それでもやるしかない状況で子供達はよく頑張ったと思う。
一応みんな自主的に練習をしているようで、少しずつではあるが練習の成果が見て取れる。
あとはそれをいかに試合につなげるかが課題だが。

今年のチームは点差的に大敗がない。昨年度のチームの初戦は0-30という情けなさを通り越してあきれるほどの点差がついたが、今年は10点差をつけられて負けた試合はまだない。
(今のところはだが。)
ただこれからの練習試合や公式戦で強いチームとあたることはあるので、その中でいかに子供達が失点を抑えて点数を取っていくかが見ものである。

昨日は4試合を行い、結果的には1勝2敗1分。
この練習試合を組んだ目的は勝ち負けではなく、あくまで練習の一環という位置づけで普段の練習では教えられない試合の中での動きを練習試合の中で教えていくことだった。
なので勝敗は二の次。もちろん勝ったという結果が出たことは良かったとは思うが、試合の中で選手がやらないといけないことを教えるという本来の目的に関しては、まだまだ足りない。これは試合数をこなせば出来てくるだろうは思うが。

私にとっては昨日の4試合というのは収穫の多い試合だった。良かった点・悪かった点いろんなことが見えて、今のチームとしての課題が見えてきたからだ。
私個人にとっては今のチームの課題を見つけることと、今月末の公式戦で対戦する相手チームを見ることの2つが目的だったので、私にとっては有意義な一日となった。
ただ課題が見えれば見えるほど、やることが山積みで悩みも増えたが・・・。

これから公式戦までの3週間でどこまで課題が解消できるかわからないけど、とにかく1つづつ潰していって、いい結果を残すよう努力をしたいと思う。
そして、公式戦での1勝をめざして子供達には更なる努力を期待しましょう。

shinsakusoft at 09:03|この記事のURLComments(0)

2006年05月22日

今季初の公式戦

昨日は今季初の公式戦が行われた。
4月の新チームからこの約2ヶ月の間、練習試合も2試合しかせず、ひたすら基本練習ばかりを繰り返してきた中で、子供達がいかに出来るかを見るには絶好の機会となった。
この日の1回戦は、先月練習試合を行った青空さん。
試合はうちが先制点をいい形で取れたのだが、守備時にエラー連発で逆転、中押しされ結局は逆転負け・・・。
点数だけで言えば2−7だが、内容的には惨敗という印象。

練習では守備練習に時間を割いて、とにかく子供達にボールを触らせる時間を多くしたが、やはり気持ちの面で練習と試合では全く変わってしまった。
わかっていたこととはいえ、ここまで変わるとは正直思わなかった。昨日出た子供達の中には昨年からレギュラーで出ていた子や控えで出ていた子もいるので、その子らは大丈夫かななんて楽観的に思っていた部分はあったのだが。
やはりメンバーが変われば全く別のチームになるわけで、その子らにも責任感が出てきたのではないかと、いいように解釈したい。

試合後、子供達は「楽しかった!」とは言っていたが、我々からしてみれば不満だらけの試合だった。
試合に負けたことは悔しいが、これは勝負事なのであまり気にはしていない。
それよりも試合に臨む態度、試合中のプレー以外の動きに不満が残る。例えば声が出ていない、行動が遅いなどなど・・・。
しかも試合前に声だけは負けるな、と言ったにもかかわらず、試合開始の整列時から負けている。
うちの特徴はとにかく元気!!これで負けているようでは話しにならない・・・。
チームとして試合経験がほとんどない中で試合をさせた私にも責任はあるので、あまり強くは責められないのだが・・・。

次の公式戦は1ヶ月後。今度は私の中で強化月間ということで練習試合を多く組んで、試合の中での動きを練習させようと思う。
吉とでるか凶と出るかはわからないが、とにかくやってみようと思う。

shinsakusoft at 08:53|この記事のURLComments(0)

2006年04月11日

前途多難・・・

先週は土日の2日間練習を行ったが、淡々と終わってしまった感じだ。
練習内容は守備練習に重点を置き、とにかくボールに触らせるようにしてはいるが、どこかマンネリ化している部分もあるのかもしれない。
子供達は打撃練習が好きなのは知ってはいるが、うちのチームは昔から守備重視でやっているので、どうしても守備練習が多くなってしまう。
また、新年度に入ってから半分くらいの子供達をコンバートしているため、そのポジションを1から覚えてもらわないといけないというのもある。
新6年生がいないため、今の子供達は2年間そのポジションで使えるので、じっくり覚えてもらえればいいのかもしれないが、いかんせん物覚えが悪いため、覚えるまでに時間を要する。一歩一歩進んではいるのだが・・・。

慣れない新監督として3回目の練習をしたが、どうもチクハグになっている。
自分の思いと各スタッフの思い、子供達の思い、一致しているようで微妙にズレているような・・・。
なんだが自分一人で空回りしているではないかと思う今日この頃である・・・。
(客観的に自分を見ると、焦っている感じがある。)
今の子供達には時間はあるので、焦らないでもいいのかもしれないが、今のままでは試合をしても試合にならないのでは、と考えると気ばっかり焦ってしまって。
一方的にやられるのは今の子供達も経験はしているが、なるべくならそういう思いはさせたくない、自分たちでも『試合になる!』ということを実感させたい。そこから子供達に自信が芽生えてくればもっと伸びると思っているのだが。
(まあ、そんなにうまくいくとは思わなくもないが。)

選手同様、こっちも一生懸命頑張るしかない。(としか言えないが。)


shinsakusoft at 09:34|この記事のURLComments(0)

2006年04月03日

新年度開始

昨日から今期の練習を開始した。2週間前まで17人いたのに、今は10人(昨日1人休みのため練習時は9人)なので、すごく子供が少なく感じた。
今年は大柄な子供達はいないため、全体的に小粒。子供達は変わらないんだけど、全体的に違うチームのようにさえ感じてしまった。

毎年、新チームになるとチーム全体に活気がなくなる。
今まで、声を出すにしても最上級生がほとんどで、下級生はあまり声を出さない。(出してはいるんだけど、そこまで大きくないからあまり聞こえない。)
年度が替わっても人が変わるわけではないから、今までと同じでやはり声が出ない。まあこれからみんなに苦労してもらうわけだが・・・。
やってることは今までと変わらないんだけど、やはり人数が減ったせいで今まで以上に声をださないとチームとして活気が出ないだろう。

私自身の監督初日としては、まだまだかなという自己分析。
今までコーチという立場の人間が、いきなり監督という立場に立ったところで表面的に変わるわけではないし。(自覚が足りないだけなんだろうけど。)
それに「監督」と呼ばれてもピンとこない。13年もの間コーチとしか呼ばれてない人がいきなり監督と呼ばれても、というところはある。
まあ、時間が経てば慣れるでしょう。(楽観的?)
気持ちはあくまで”コーチ”として、子供達のために一生懸命やりたいと思う。


イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること

shinsakusoft at 09:04|この記事のURLComments(0)

2006年03月21日

6年生卒業&配置転換

先週末で6年生の行事が全て終わった。
あっという間の1年だったような気がする。年度初めはどうなることかと不安だったが、最後の最後ですごく良いチームなったと思う。
できれば、あと1年このチームでやれたらと思うが・・・。
今年の卒業生はほんとに苦労した1年だったと思う。監督・コーチに怒られ、下級生は言うことを聞かず。それでも1年間頑張って最後には良いチームになったという結果も出たと思う。
この経験は将来絶対生きると思うので、これからも頑張って欲しい。

タイトルに書いたように来季から一部スタッフの配置転換が行われる。
内部昇格ってやつで、なんと私が”監督”ということになってしまった。(現監督は”総監督”になる。)
今まで、自称”監督代行”ということでやってきたが、いざ監督という肩書きをもらってしまうと、どうしてよいやら・・・。
客観的に見れば今までと何ら変わりはないのだが。この3年間、監督が仕事でいない時は私がやっていたので、それが毎週続くだけ、ということなんだろうけど。
今まで、練習試合等で監督がいなかった時に誰が30番を付けるか、ということでスタッフ内でじゃんけんをしたこともあったが。(ようは誰も付けたくない。)
今後は30番を背負うことになるんだろうけど、こっそり新総監督に付けてしまえ!みたいに思っていたりもする。

まあ、頼りない監督だけど、子供達に負けないくらい一生懸命やりたいと思う。
子供の人数も少ないので、とにかくチームを消滅させないようにしないと。


バレンタイン監督の人材活用術―低迷するロッテ・マリーンズを劇的に変えた男の指導法

shinsakusoft at 10:30|この記事のURLComments(0)

2006年03月15日

今年最後の大会

先週、今年度最後の大会が行われた。
結果は、久々に1回戦負けで、閉会式の行われる15時まで暇だった・・・。
うちは第一試合のため9時試合開始で終わったのが10時すぎ。そこから15時までの間何をしていいものやら、と思ったものの、何だかんだ言っているうちに閉会式になった。
ここ最近は、試合には負けても1回戦で負けることがなく、だいたい3試合は出来ていたので、時間を持て余すことはなかったのだが。
負けるとほんと暇。

試合内容については、接戦だったが、やはりうちらしさが出てしまった。
初回にホームランでさい先良く先制したものの、3回に追いつかれ逆転。最後も粘って2死3,2塁という一打逆転の場面を作ったものの1本が出ずに試合終了。
選手は一生懸命頑張っていたので、非常に残念な結果だと思う。
それでも、6年生2人が1本ずつホームランを打ったので、良い思い出にはなっただろう。
逆に打てなかった6年生は悔しい思いをしただろうが。

今年のチームはこれで終わり。
毎年最後の最後で良いチームになるのだが、それも試合が終わってからそう思う。
もっと客観的にチームを見ればもっと早く気付くのだろうが、どうもそれができない。
今後はもう少し早く気付いてあげるようにしたいと思う。

6年生諸君、ご苦労様!!
shinsakusoft at 09:26|この記事のURLComments(0)

2006年03月06日

6年生最後(?)の練習

3月に入って、6年生はいよいよ卒業。ソフトでの活動も最後の大会と練習を残すのみとなった。
来週の日曜日が大会となるので、練習をするのは今度の土曜日が最後となる。(雨で土曜日が流れればもう練習はできないが。)

今年のお別れ大会は例年より1週間遅いため、最後の最後まで気を抜かずに練習できるのはいいのだが、試合以外のスケジュールが全部1週間ずれるため、やりくりに苦労しているようだ。
お別れ大会も予備日が設けられているが、翌週はソフト部のほうでお別れ会があり、仮に12日が雨になると全部の予定が1週間ずれる。毎年雨で流れたことはないので、晴れることを期待するしかない。

来週は6年生にとって最後の大会となるので、ぜひ悔いの残らない試合をしてほしいと思う。
我々スタッフもこの日ばかりは怒らずにいたいと思うのだが。(選手がダラけていたら当然怒るが。)
結果はどうであれ、一生懸命プレーしてくれればいいと思う。また6年生は一生懸命プレーするのは当然で、今までの成長をしっかりと見せて欲しい。

毎年、この大会で一番良いチーム状態になるのがスタッフにとっては複雑なところもある。どうしてこういうプレーをもっと早くやってくれないのか、と思うこともしばしば。
でも、それが子供なんだろうと割り切っているところもあるのが自分自身不思議な感覚もあるが。
なんにせよ、一生懸命プレーをしてくれればそれで良い。
できれば、勝って”優勝”してくれればいいのだが。

shinsakusoft at 08:36|この記事のURLComments(0)

2006年02月14日

初の試み

先週の日曜日は、東地区の6チームで選抜チームを作り、試合をした。
他チームの選手との交流が目的で、今回初めての試みだった。
東地区は4,5つの小学校の選手が主体になっていて、同じ学校同じクラスの子供達でも違うチームにいる、ということもあるが、うちの場合はそのようなパターンが少ないので、良い機会だったと思う。

交流試合は、6チームを2つに分け、うちは4チームのほうに入った。
今回は他にも目的があり、3月に行われるお別れ大会の1回戦で対戦するチームが別チームになったため、そのチームのエースの球を体感してもらい、あわよくばヒットを打つという完全に交流試合とは違う目的で臨んだ。

交流試合の結果は2連敗だが、うちとしての目的は果たせたのではないかと思う。
三振をする奴もいたが、実際に打席に立ってみて萎縮することがなくなったのが収穫だと思う。
お別れ大会の結果は別として、いきなり3月に対戦して萎縮するよりも、こういうある意味お遊び的なことでも、実際に体感できたことで、子供達の相手に対するイメージが少しは変わったとは思う。
(こういう試合でも子供達は一生懸命やるから、公式戦と同じような球速が出ていたと思う。)

あと1ヶ月で最後の試合を迎えるが、それまでに練習をして、1回戦を勝ち抜きたいと思う。負けたら最後まで待ってなくてはいけないので・・・。


木内流子供の力の引き出し方―「できない子供」はひとりもいない

shinsakusoft at 09:42|この記事のURLComments(0)

2006年02月08日

人の出入り・・・

今年に入って3人の選手が辞めた。
いろんな事情があるので何とも言えないが、途中で辞められるというのは悲しいものがある。
辞めた2人が4年生だったので、あと2年頑張れば卒業だったのに・・・。
(もう1人は3年生)
我々はあくまで子供会行事の範疇でやっていることなので、子供達の退部に関しては何の発言権もない。これがクラブチームとかならまた違うんだろうけど、クラブチームを運営しているつもりは全くないし、クラブチームを目指しているわけでもないので、仕方のないことだろうとは思う。
まあ、唯一の救いは辞めた2人も別で野球・ソフトをやるようなので、それは良かったんだと思う。
(スポーツ自体を辞められるのはもっと寂しいので。)
逆に、先週から1人入部してくれた。
この子はまだまだだけど、とにかく6年の卒業まで続けてくれればいいと思う。

うちにはずば抜けた実力を持つ選手がいないが、みんな必死になって頑張っているので、回りのみんなに負けないよう頑張ってくれればいいと思う。
我々は実力だけで選手を決めているわけではなく、いかに頑張っているかを基準として選手を選んでいる。
極端に言えば、下手でも一生懸命頑張っている選手がスタメンに近いということになる。
クラブチームの場合は、実力優先的なところがあるだろうけど、あくまで子供会としてやっていることなので、これでいいと思っているし、この考えは変わらない。

とにかく何事も一生懸命やっていれば必ず結果はついてくるし、いい思いもできると思う。
(現に昨年中央大会にも出場できて我々も良い思いをさせてもらったので。)
子供達には、これからもこの事を忘れずにいてもらいたいものだ。



野村ノート

shinsakusoft at 08:47|この記事のURLComments(1)

2006年02月01日

久々の更新です

1月は練習欠席だったり、雪で練習中止だったりでなかなか書けませんでした。

1月最後の日曜日、やっと練習に出席できた。
前週の雪がまだ完全に溶けきってなく、グランドがまともに使えない中、それなりに練習は出来たと思う。
まあ、1月は寒いし身体も動かないようなので、身体を動かすことを重点的に行えればいいとは思う。
2月に入ってからまた本格的に練習を始めれば。
(そんなことではいけないんだろうけど・・・。)

スタッフも少なかったこともあって、素振りや特守で身体を動かすことをやったが、どうも動きが鈍い感じがする。
なんか、練習のための練習をしているようだ。
もっと一人一人が自覚を持って練習に取り組まないと・・・。

2月は練習試合なども予定されていて、嫌でもやらないといけない。
その時になって「出来ません」では通用しないので、今のうちから動ける身体にしておかないといけないのだろう。
それから、もっともっと向上心を持たないと、3月のお別れ大会で勝つこともできないのだろう。
6年生は最後の公式戦となるので、1つでも勝てるよう練習に励んで欲しい!!




うまくなるソフトボール (守備編)

shinsakusoft at 09:47|この記事のURLComments(0)

2006年01月10日

今年の練習初め

昨日8日から新年最初の練習が始まった。
約1ヶ月の休みがあったため、どうも身体がなまっているようにも思えた。(それはスタッフだけ?)
休みの間に子供達がどれだけやってきたかと期待をしていたのだが、期待ハズレに終わった感がある。
それなりにやって来た子、全くやってない子と様々だが、どうも6年生はやってない様子。
下級生の中でもやってない子はいるが、やはり少しでもやって来た子と全くやってない子で差が出ているように思える。

実際、6年生は3月まで公式戦がないので、大目に見てもいいのかもしれないが、下級生がやってこないというのはどうかと・・・・。
4月以降6年生が抜けて、試合に出られるチャンスが増えるだろうけど、それでも9人以上は残るので、スタメンで出られない子はいる。
その中でスタメンとして出られるようになるには、やはり日頃の努力が大切である。
上手・下手は関係なく、どれだけ一生懸命取り組んでいるかが大事なのだが・・・。

まあ、昨日の練習はそこまできつくなかったようなので、来週以降またきつい練習になった時に、休みの間練習をした子、しない子で差が出てくるのだろう。




努力は裏切らない

shinsakusoft at 16:29|この記事のURLComments(0)

2006年01月05日

新年おめでとうございます

3が日は過ぎましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
新年は8日の日曜日から練習が始まります。

子供達が休みの間どれだけ自己練習したかを見るのが楽しみだ。
(まあ、やってない奴のほうが多いのだが・・・。)
ちょっとでも練習をやったという子供が、自信を持って「やった!!」と言ってくれることを期待しよう。
あと、新年早々忘れモノをする奴が多いが、自分も気を付けないといけない・・・。
さすがにグローブを忘れるということはないが、こういう時に限って1人くらいいるので。

今年も元気にソフトに励もう!!!

shinsakusoft at 15:38|この記事のURLComments(0)

2005年12月27日

今年ももうじき終わり

今年もあと数日で終わり。
4月から新チームでやってきたが、早いものであっという間に9ヶ月経ってしまった。あと3ヶ月で6年生は卒業。また1からのチーム作りをやらないといけない。

今年はうちのチームとってすっごく大変だったように思う。4月の練習試合での惨敗からスタートし、1ヶ月はまるっきり勝てず。5月になってやっと勝つもちょっと強いチームとやると惨敗する。
それでもなんだかんだ言って8月の中央大会にも出場できたし、子供達や父兄の方々、スタッフにとっても良い思い出になったこととは思う。
特に大変だったのは中央大会出場が決まってからの1ヶ月。例年はそんなにハードにはやらいないのだが、今年はすごくハードのように思えた。そんな中、中央大会の前週には恒例の夏合宿。合宿も大人にとってはきついが、子供達はもっときつかったと思う。
(大人は翌日がきつい・・・)

来年は1月からまた練習が始まるが、下級生にとってはこの3ヶ月がきつくなると思う。
6年生は3月まで公式戦がないので、飽きるかもしれないが・・・。
4月までの3ヶ月間で、下級生達がどのように成長するか、また4月以降チームがどのように変わるかが楽しみでもあり、不安でもある。
それでも子供達にはやってもらうしかないのだが。

来年も、子供達には頑張ってもらって、父兄・スタッフに感動を与えてもらいたいものだ。



宇津木妙子ソフトボール入門―レベルアップのための基本技術と勝つための戦術

shinsakusoft at 14:42|この記事のURLComments(0)

2005年12月12日

今年の練習は終わり

昨日は、今年最後の練習日となった。例年、最後の練習日は父兄も参加しての親子試合を行っている。今年も沢山の父兄に参加いただいた。
特に今年は多く参加してもらい、いつもは大人チームのポジションは必ず空いてしまい、スタッフが埋めているのだが、今年は大人の男性陣が9人揃い、スタッフがポジションを埋めることがなかったのが良かった。
お母さんたち女性陣も沢山来ていただき、OG含め9人以上揃い、1回を女性だけで守ってもらうこともでき、いつもより盛り上がったのではないかと思う。
試合結果は女性陣の守備の時に大量点を取られ、最終的には1点差で子供チームの勝ちだったが、点差どうこうより父兄の方々にとっては、子供達と一緒に出来た、ということで満足いただけたのではないかと思う。
昨日はほんと寒いなか、来ていただいたご父兄の方々に感謝したいと思う。

また、練習後の結婚報告会&納会では、大人子供合わせて50人近くの参加があって、こちらも非常に盛り上がった。
特に、子供達の出し物では、子供達がぎりぎりまで悩んでいたが無事終えることが出来て良かった。
歌ありクイズあり手品ありと、驚きと笑いがあって楽しい時間を過ごせたと思う。
納会が終わればあとは大人の時間ということで、そこはそこで盛り上がっていた。
納会の司会をしていただいた”本部長”が納会・飲み会と非常に元気で、見ている我々は非常に楽しかった。

来年は8日の日曜日から練習が始まるが、それまでに子供達がどれだけ自主練習をしてくるか、今から楽しみである。(やってこない、という不安も大いにあるが。)

shinsakusoft at 09:32|この記事のURLComments(0)

2005年12月08日

「Hello!まつど」に載った

松戸市の情報誌「Hello!まつど」にうちのチームが掲載された。
取材に来たというわけではなく、こちらから応募して掲載してもらう、という形式だ。
文章はうちの監督が考えたようで、けっこう苦労したのではないかと思う。
さらに苦労したのは写真だそうだ。印刷物には7枚使われているが、中には「いつ撮ったもんだよ」というのまである。
(バラしちゃいけなかったかも・・・。)
でも、うちのチームの雰囲気がわかればいいので。
Web版では何故か1枚だけど、文章は同じなので(たぶん)。

宣伝ということは今まで一切やっていなかったが、これでちょっとでも宣伝効果が上がれば部員増加にもつながるかもしれない。
これで一人でも多く入部してくれればいいな、と切に願う。

興味のある方は、ぜひ印刷物を見てください。(無料です。)
「Hello!まつど」はここで入手できます。


「Hello!まつど」のWeb版
頑張れスポーツキッズ!
shinsakusoft at 18:23|この記事のURLComments(0)

2005年12月05日

今年最後の試合だったが・・・

昨日はポニーリーグの試合があった。
毎年12月の最初に江戸川の河川敷で行われるのだがとにかく寒い。昨日は気温も低くしかも風も出て、着込んでいても寒い。
子供達はその中でアンダーシャツとユニフォームだけで試合をしていたのでかわいそうにも思えた。

試合はコールド負けだったが、背番号をつけた全選手を出すことが出来たので良かった。(相手には失礼だったが。)
それと強い相手とも出来たので、我々にとっても良かったと思う。正直勝ち負けは気にしていなかったので結果については何もない。
ただ、試合に臨む態度という点においては不満が残る。いつもそうだが最初から声が出ない。しかも動きも緩慢。
いつもとグランド状態が違うということもあるのだろうが、シートノックの時からポロポロエラーばっかりしている。それに焦るから暴投・・・。
とにかく工夫がない。寒い中でやるのならどうすれば暖まるかということを少しは考えて欲しいと思う。
足を動かすだとか声を出しているとか、やることはいくらでもあると思う。
それをしないで「寒いから」というのは理由にならない。(うちでもそんな理由は認めません!!)
確かに寒かったけど、それは相手も一緒だということが抜けているように思えた。

試合をしている中で、自分たちが今できることを実践してほしい。
スタメンで出ている選手、控えにいる選手、個々で役割は異なるが、やるべきこと・出来ることというのは必ずあるので、それをやってほしいと思う。
(毎回毎回試合のたびに言うのは疲れるので・・・。)

shinsakusoft at 09:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年11月30日

やっと練習できた?

10月の下旬から子供会行事やペガサス杯などの予定があって、なかなか通常練習が出来なかったが、やっと通常練習が出来た。
ペガサス杯も練習の一環とはいえ、試合は試合なので基本練習などは当然できず、ぶっつけ本番のような形になってしまう。
この時期はどこのチームも新チームへの移行があり、基本練習をしたいのでは。
うちの場合は、ある程度ポジションを決めてあり、シートノックの時から入れているので、全くやったことはない、ということはないと思う。ただほんとの基本中の基本の動きしか教えられないので、カバーリングなどの動きを教える時間がない中でペガサス杯に入ってしまったように思う。
4年生以下だけで試合をさせた時に、それがモロに出てしまったが・・・。

やはり、試合と練習を交互に出来るのが一番いい形なのかもしれない。
試合をした時の課題を練習で克服し、また試合に臨む。そのような形が出来ればいいのだが、長期にわたるリーグ戦の場合は、うちにとっては難しいのかもしれない。

日曜日の練習では、ペガサス杯でうちがこてんぱんにやられたチームの戦術の練習をした。こういう練習はほんとうは翌週にはやりたいと思ってたが・・・。
(あんまり時間が経つと子供達が忘れてしまうので。)

なかなか予定を立てるのが難しいが、その中で最善策を取るしかないのが現実だろう。

shinsakusoft at 08:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)