御主人様の躾・・・完

まさか、蝋燭終わったあとに、叩かれるなんて、予想もできませんでした

その宣告を受けて、愕然とする一方、あと30発で許してもらえる

という、光も見えました

さっきまで、散々叩かれたお尻

時間が経過したことで、より一層叩かれると痛い

でも、逃げたり、姿勢を崩すことは、できない

覚悟を決めて四つん這いになりました




バシッ!

と、叩かれた瞬間、痛みで顔が歪む

それでも

「いちっ!!」

と、少し大きめの声で数を数えました

6発目ぐらいの時、相当痛くて、しかも、30までは、まだまだ遠くて、逃げ出したくなりました

でも、我慢我慢我慢と言い聞かせ

呻き声を上げながら、耐えました

そして、30回目を終えたとき、やっと終わったと安堵し、ありがとうございましたと、御礼を言いました

御主人様は、すぐにシャワーに行かれて

私は1人でポツンと座って、泣きました・・・苦笑

いつまでも、泣いてても仕方ないので、私もシャワーに入り

ロウをペリペリ剥がして

すると、御主人様も剥がしてくれようとしたのですが、何故かビクッとなって、逃げてしまい

御主人様も剥がすのはやめて、さっさと上がられました

1人でロウを落とすのは寂しいし大変で

なんで、逃げちゃったんだろーって、後悔していました(笑)

いつもなら、待って!まだ出やんといて!とか甘えるんだろうけど

その時の私は、心がボキボキに折れていたので、声を発することすら、できなかったし、御主人様に声を掛けようとすら思う気力がありませんでした
(っω<`。)

何とか全部ロウを落として、シャワーを出て、お昼ご飯を食べることに

その頃には御主人様の怖いモードも無くて、私も、幾分かリラックスした状態で食事をしました

そして、お仕置きが終わった後は甘々タイムです

いつもなら、過酷な電マも

自分で当てていいと、許可されて

自分で程よく逝って、御主人様に乳首弄ってもらったりしながら、相当気持ち良いだけの快楽タイムがあったり

抱っこもしてもらえたり

挿入があったり

帰る間際まで甘えれました
((( *´꒳`* )))

毎度思うけど

2度とお仕置き受けたくない

もう2度と失言はしない

自分は飼われてる、ペットだということを忘れて、御主人様に立てつかない

そう思いました

そして、ここが大事な所なんですが

今回は、私の失言でこーなったんだけど

御主人様が、超多忙で、ピリピリしてるのに、わざわざ私のために、時間を空けてくれたにも、かかわらず、私がナメた失言をしたことで、相当お怒りになったってことです

御主人様が今どういう状況かということを考えれなかったのが、一番の私の失態です

この失言までは、私も空気を読んで、はいっと忠実になっていたんですけど、私もそれで、ストレスがたまって、爆発したってゆう

堪え性がなかったんだなーと

ペットである以上、御主人様が落ち着くまで、最後まで噛みつかずにいるべきでした

で、落ち着いたら、いっぱい甘えたら良かった

これからは、そーします
✧*。٩(´ヮ`*)و✧*。


ちなみに、お尻の痣は、翌日真紫で染まっていて、何日間も、歩いたり座ったりする度に痛くて、あーここまでされたんだなと、余韻に浸る毎日が続いていました(笑)





にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村

御主人様の躾・・・4

次に私に待ち構えていたのは蝋燭でした

この熱さだけは、無理です

耐えれない

蝋燭は、本当に大の苦手です

だから、お仕置きで使われるんだけど(TT)

「もし、逃げたら1から、やり直しやからな」

えっ

1からって、また散歩からってことですか!?

そんな・・・

蝋燭を過去に逃げずに暴れずに受けた記憶がないんですけど

でも、御主人様ならやる

本当に1からやる人です・・・

私の心の中は不安でしかありませんでした

「正座しろ」

そう指示されました

蝋燭を正座で受けたことありません

さらに不安が募る

逃げ出したい衝動を抑えて正座して待ちます

そして


ポタ

ポタポタポタっ

熱っーーーーーーーーーー!!!!
(ㅇㅁㅇ)!!!!!!!

胸元に落ちるロウ

過酷な時間が始まりました

太股に落とされた時の、焼けるような痛み

でも、正座を崩すこともできず、ただただジッとするだけ

「ごめんなさいっ!ぁああっ!」

と、謝っては悲鳴を上げるの繰り返し

そして

「自分で銜えろ」

と、言われて口に蝋燭をくわえさせられました

生きてきて、こんなこと、させられたのは初めてでした

間近で太ももに落ちるロウは、

より一層熱さをまして

思わず足を開いて回避すると

「開くな」

と叱責される

咥えているので、悲鳴をあげることもできず

許しを乞うことも出来ず

まさに、恐怖、地獄

再び、蝋燭を手にしたご主人様の手で、垂らされる

ずっと、垂らされてるのに、ずっと熱いんですけど!

全く慣れへん!なんで!?

蝋燭って熱いの最初だけじゃないの!?

周りから聞く蝋燭のイメージが自分に全然反映されてなくて、戸惑う

気持ちよくなりたいのに(´;ω;`)

そして、また口に銜えさせられ

これを何度か繰り返し

ここまで散々痛めつけられたこともあって、逃げるという、選択をすることなく、終えました

自分で自分を褒めたい

そして、御主人様が蝋燭を消すのを見て

やっと終わった

と、安堵した矢先

「最後30発な、分かってると思うけど姿勢崩したら1からな」

と、無情な宣告を受けるのでした。。

あー私可哀想(笑)

つづく・・・




にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村

ご主人様の躾・・・3

木べらが終わって、御主人様はソファーに

私はもちろん、床です

過去のブログを読まれた方は、分かると思うのですが、罰を受けるまでの間、自虐して、その痣の写メを送るように毎日言われていました

内もも、胸を抓って痣をつけるというのが主で

御主人様は、自虐してた時みたいに、内腿抓って、痣つけろ

とおっしゃいました

そして

「痣つけへんかったら、木べらな」

と言われました

この時思いました

あーなんかもう、未来が見える

絶対痣なんて、すぐつかないし

最悪だ・・・

それでも、痣がつきますようにと、願い、いや力を込めて、内腿を自分で抓りました

「ぅぁあああっ!」

って、叫んでしまうぐらい痛めつけました

「見せてみろ」

そう言われて、手を止めると

「全然ついてない、四つん這い」

と宣告され

(いやいや、全然見てまへんやん!痣ついてないけど、内腿ほぼ見てへんやーん((ノд`*)っ)))

と、心の中でツッコミました

そんな、理不尽な場合で叩かれても、痛い

ソファーにしがみつくような形で、お尻を出して受けました

そして、何発か叩かれて、またヤレと指示

力いっぱい、少し大袈裟なぐらいにして、頑張って抓った←(この、大袈裟具合を見抜かれていたらしく、さらに厳しくなったのは、後日談でいわれました)

私の有様を見て

「そんな程度しかしてなかったんか?」

「そんなもんか?」

と、詰め寄られる・・・

「はい、四つん這い」

もう、内腿を確かめる姿すらしない、ご主人様・・・チーン

もう、叩かれるのが嫌で

「待ってください、痣、ついてます!」

って、言ってみたけど

完全にスルーされました

いや、まぁそんなについてなかったんだけどね・・・苦笑

お尻は限界

それなのに、また叩かれる

「声出すんやったら謝れ」

って言われて

「ごめんなさい!ごめんなさい!」

と叫ぶ

これを何度か繰り返されました

でもまだ、自虐の方が良かった

次に、ソファーに座るご主人様に、背を向けて密着して座るように言われ

もう、想像つくかと思います

自虐で、いくらかダメージを負った、内腿を、ご主人様自らの手で・・・

思い出すだけで痛い
(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜

「足開け」

って、言われて、M字開脚に

スッとご主人様の手が内腿に伸びてきて、自分でやるのと比べ物にならないぐらいの強さで爪を立てられて抓られました

「ぅあああああああっ!!!」

と、私の悲鳴が部屋中に響き渡ります

「分かるか?これぐらいしろ」

そんなん出来るわけないでしょ・・・

また、抓られそうになって、怖すぎて、足を閉じました

すると、拒否った罰として
「耳」

っと、宣告されて

ここにきて、耳噛み

私の大嫌いな、最近されてなかった耳噛み

いやだーーーーーーー

「開きます!ちゃんとします!」

そう必死になって、伝えると

「1回でも、あかんねん」

と言われ

あーそうか

1回でも・・・

このお仕置きを受けるに当たったことを思い出しました

たった、一言

たった1回の失言

売り言葉に買い言葉でした

でも、あかんものはあかん

1回でもあかん・・・

そう言うことか・・・

心が妙に納得して、覚悟を決めました

でも、やはり耳噛みは痛すぎて悶絶しました

そして、また内腿を抓られて

痛みで震える中、御主人様に身体を擦り寄せました

放置させられた1日

せっかく会えたのに全然触れ合えなかった日

私は御主人様が恋しくて恋しくて仕方がなかった

だから、例え耐え難い痛みでも、ご主人様の顔がすぐ近くにあって、後ろから抱き抱えられるようにされてることに

嬉しかったんです
(っω<`。)

不幸中の幸い的な^^;笑

「自分で抓ろ」

そう言われて、御主人様が間近で見てる中で、必死になって抓りました

だけど、やはり納得してもらえず

また、ご主人様の手でやり直しさせられて(ヽ´ω`)トホホ・・

内腿は爪痕や抓った痕で、痣だらけになりました。。

でも、まだ続きます・・・

にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 自称ソフトSなご主人様