本音と建前

正直に本音を言える時と、言えない時ってありますよね

私は性格上強がってしまう傾向があって

傷ついてるのに平気なフリしたり

わざとらしく、相手を探って反応見たり

それとは逆で、子どもみたいに感情剥き出しにすることもあるし

我が儘言ったり

甘えたり

泣きながら怒ったり

自分の性格の全ての部分が、御主人様に対して出てるんじゃないかって、思う

ご主人様は、何でも俺に言えとか言わない

でも、言わなくて怒られることもあるし

黙ってて、何かあった時は、知らんでって言われたり

けど、全部言えとは、言われないので

言うか言わないかは、自分で判断してる

昔、女特有の、何でも言ってね、隠し事なしねと、親友に言われたことがある

何でもって、何?と分からなくて

相談も、する側ではなく、いつもされる側で

人に自分のことを話さないから、どの基準で喋れば良いのか分からなくて

普通に過ごしていたら

「何でも言ってって言ったでしょ!」

って、怒られたことがある

そこから、ある意味従順な私は、自分のことや、悩んでることを、話すようにした

でも、学校を卒業すると、また、私は人間関係で、聞き役になることが多くなって

自分のことは、あまり話さなくなった

無口ではないんだけど(笑)

御主人様とは、もうすぐ3年になる

言いたいことを我慢して、心の中に閉じ込めてばかりだったことも、今では、出せるようになってきた

会いたいとかも、昔はあんまり言えなかった

今は、言う

辛くなったら、吐き出す

ご主人様は、辛くなったら言えよとか、優しいことは、言わない

基本、甘えられるのも好きじゃないし

メンヘラ系も嫌なのだ

私は、それを分かってたから、御主人様に対して負の感情をぶつけることは、たまにしかなかった

では、今なぜ吐けるようになったかと言うと

私が、御主人様に会いたい寂しいと送っても、御主人様は、良い意味で何とも思わないことが分かったから

それは、きっと三年前だったら違うかったと思う

この年月で、私を知り尽くした御主人様は、ある意味トリセツだけど(笑)

私の寂しいの対応をいとも簡単にできて、尚且つ、私が寂しくなくなるようにもっていくことが出来るようになったからだと思う

それとは、逆に、わざと、さらに凹ませるようにも、もっていかれたりするけど・・・

また、あと2年すれば、形は変わるのかなと思った

今は、どんな小さなことでも御主人様に話してます

怒られることでも、正直に

とか、いう日がくるのかなー?

今の、時点では考えられないけど(笑)

それに、それを御主人様も別に望んでなさそうだから、ないだろうけど(笑)

すごく、心地いい主従になってきたと最近思う今日この頃でした





にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村

あーそうだ、鬼だった

御主人様と次会う前に書かなきゃ記憶が上書きされるので、書きます


最近甘くて、優しかったご主人様

そして、優しいと厳しかったことを、忘れてしまうペット

イクなって言われて、もちろんイッたらダメなことは分かってる

何度も言いますが、ご主人様はゴッドハンドです

超絶テクニシャンです

だから、ガマンするのだって、大変

と、いうことで、イキたいのを身体に力を入れて我慢することをやめて、少しラクして、すこーしだけ、気を緩めて、ビクビクって身体がなる程度の

でも、イってはいない

絶妙な所で、楽しんでた

ビクビクってすると、ご主人様はイクなよって言ってくる

イクなよって、ことは、イッたとは、思われてないってこと

だから、何回もビクビクしながら、その境目を楽しんでた

で、最後のビクビクってしたとき

あれ?私今イった・・・か・・・な?

と、若干思ったその瞬間

「イクなって言ってんねん」

との言葉と同時に乳首に激痛が走った

ぁあーーー!!!

「イッてません!イッてませんっ」

痛めつけられた瞬間、私の脳内は、イッテナイという事実にすり替えられた

きっと、自分でイッたと認めることが恐怖だったんだと思う

耳を抓られ、至る所に痛みが飛んできて、それでも、私は、ごめんなさいではなく、イってませんと主張し続けた

「イッてないんか?」

「イってません!」

「じゃあ、勘違いされるような行動をとるな」

「はいっごめんなさい」

と、初めて謝った瞬間でした

「正座しろ」

ぎゃーいやだーこわいー!!

無理やりソファーから、引きずり落とされ、目の前で正座させられる

恐怖MAX

怖い

怖い

怖い

ご主人様って怖かった

こんなに怖かった

思い出した

頭ん中は、パニックで、ご主人様がちょっと、動いただけで、身体が飛び跳ねてどっかいきそうなぐらい、ビクビクしてた

両耳を思いっきり抓られ、雄叫びを上げる私に、

「声出すな」

って、そんな殺生な・・・

痛すぎて声我慢できない

「ぃぅぅぅぅぁあああっ!!」

って、叫んでたら、更に強い力で痛みを与えられ

「声出すなって言ってんねん」

と怒られる

じゃあ、その手を緩めてください

とは、もちろん言えません

必死で、必死で必死で、口は開けたまま

声を出さないようにした

最近の痛い躾なんて、比にならないぐらい激痛だった

「勘違いされるようなことすんな、わかったんか?」

と言われ、何度もビンタされる

バシッ!

バシッ!

と、続くビンタ

顔腫れないだろうかと、どっかの私が心配する

あーやってしまった

地獄のような、時間

最後は顔射されました

御主人様曰く、何回かイッてたらしい

私は最後だけだと思ってたけど

「許可なくイクなんて、1番あかんからな」

って、後になって、念押し?されました

はい、わかってます

普通のカップルだったら、ありえない理由やけど(T_T)

でも、SMしてる人でも、イクのは、自由って、方結構いるのになー

何でダメなんだろー

イクなって、言われてイッても、そこまで怒られなかったりね

けど、ご主人様は、当初から、このことについては、かなり厳しかった

はーすっかり、気抜けてた(*´・ω・`)=3

やだやだ

また、優しい御主人様から、怖い御主人様になってもーた╭( ๐_๐)╮

怒られたあとに、抱っこしてもらって、一気に気が緩んで、相当でかい声で

「ぅあーーーーん」

って、子供みたいに、泣いたら

「うるさい」

って、言われました

耳元で、ほんと、うるさかったと思う

でも、そこで、抱っこ続けてくれる御主人様が大好き
((( *´꒳`* )))

次は、絶対に怒られないようにしよ





にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村

ゆるふわ続編 (久しぶりの痛み)

御主人様に膝枕してもらいます

幸せー((( *´꒳`* )))

でも、この体勢になると、必ず乳首を弄られます

恥ずかしいので拒否っても、触られます

「手邪魔」

って、何回も言われます

だけど、声出ると恥ずかしいし

感じてるのも恥ずかしいんだなー

それと、絶対にすぐにイカせてもらわれへんから、それも抵抗する一つの要因

でも、段々気持ちよくなってきて、身体が熱くなってくる

もー喘ぎ声が出ても、気にならなくなって

イキたいイキたいって思うようになる

下着の上から、あそこを弄られて、気持ちよくて

「腰振りながらやったら、イッていいぞ」

って、許可がおりる

腰振るの恥ずかしいけど、でもイキたいのが勝って、腰を振ってイク

何回も何回もイク

直接、あそこ触って欲しい

けど、言えない

ご主人様の手が、下着の中に

私が1番嬉しい瞬間(笑)

直接触られて、気持ちよくて

すぐイキそうになって

でも、ご主人様に言われたのは

「ビンタされたら、イケ」

でした

う”ーーー

怖い

バシッ!

顔にビンタが、飛んできて、その反動でイク

バシッ!

ぁああっ!

バシっ!

ぁああっ!

と、何回も果てる

痛くて、次にくるのが怖くて顔を背けてしまう

許されるはずもなく、髪を掴まれて、戻される

「イクときは、ビンタ下さいってお願いしろ」

無情にもそんなことを言われ

イキたい、でも、叩かれたくない

けど、イキたい

と、複雑な心境になる

でも、ご主人様の指は止まらなくて

我慢できなくて

「ビンタ下さいっ」

と叫ぶ

バシッ!

と、ビンタが飛んできて、イク

言いたくもないセリフを吐かされて、わけわがわからなくなる

絶頂を、迎える寸前に言葉を吐くのは難しくて、勝手にイッてしまいました

慌てて

「ごめんなさいっ!」

って、謝罪するも

「勝手にイクな」
と怒られて

バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!

と、連打でビンタされる

ほっぺたが熱い

もう、叩かれたくない

必死でイクのをガマンする

だけど、やっぱり我慢できなくて

「ビンタくださいっ」

って言うしかなくて

もう、連続で、イッて

「ビンタ下さいっビンタ下さいっ!」

て、何回も言い続けた

「何回もイケ」

と言われて、連続でビンタの嵐

痛みと快楽で、何回もイッて終わりました

痛いことされない日が続いたのは、ただの偶然やったみたいです(苦笑)

結局は、御主人様次第

また、私は、今日は痛くされるんだろうか?と

様子を伺う日々が始まりそうです

気抜けて、お仕置きになる前で本当に良かった
(*つー`*)エヘッ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 自称ソフトSなご主人様