2008年06月

2008年06月23日

日當山醸造「アサヒ」

飲もう飲もうと思ってもなかなか機会がなかったのですが運良く貰ってしまいました。ラッキー!!

開栓して香る匂いはフルーティー。もっと芋っぽいのかと思ったのでちょっとビックリ。

お湯割りは甘さが引き立ちアルコールのツンツンした感じもなくとってもまろやか。味わいも芋を感じさせながらもつるんとした舌触りとノド越し。

ロックではキリリとした感じで甘さもキリリ。アルコールはやや感じるもののやはりまろやか感が高い。開栓してすぐこの感じだとちょっと時間が経つとさらにまろやかになって「うま〜っ」と期待できます。

値段も手ごろでコストパフォーマンス高いな。

「アサヒ」購入なら

アサヒアップ

shinsan05 at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 芋焼酎 

2008年06月21日

日本盛りしぼりたて(ワンカップ)

たまに飲むなら悪くないかな〜紙パックのデンジャラスなやつじゃない限り、今なら泣けてくるほど不味いのはないのかな。もっとも泣くほど美味いのも中々無いが・・・

この手のワンカップはホテルの洗面所でお燗にしてます。

日本盛しぼりたて

shinsan05 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

2008年06月14日

美酒爛漫熟成酒 ワンカップ

昔から名前は知っていたものの飲む機会が無かった。
出張先のコンビニで発見したので購入。

熟成とあって結構しっかりとした味わい。値段を考えるならよし。大手のお酒も最大公約数で美味しい所をつくようでよっぽどじゃない限り外しませんな。大学時代はもっとヤバイ感じを受けたのだが美味しくなったのかな〜

そういえば宣伝もずいぶん少なくなったよな〜

美酒爛漫

shinsan05 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

2008年06月08日

渡辺酒造「旭 万年星」

蔵元の思い入れがイッパイ詰まった麦焼酎のようでラベルの裏書にびっしりと口上が書かれています。それは色々ネットで出ているので省略。

とにかく「マンネンボシ」という品種の「はだか麦」を使用した芳ばしい焼酎。香りもノド越しも「麦」。もっと甘さを感じるかと思ったのだがこれはスッキリかな。「麦チョコ」と言う印象ではない。逆に程よい苦味をノドに感じます。

やっぱり麦もいいよね〜

万年星

shinsan05 at 00:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 麦焼酎 

2008年06月01日

木屋正酒造「而今 純米吟醸 千本錦火入」

香りは穏やかなれど開栓して直ぐはフルーティーさを感じさせてくれた。その後徐々にまるくなり「米」の味わいを強く感じるようになる。
燗もしてみたが酸が強くなって甘味が後退。個人的に好み。
全体でも深さのある味わいでスッキリしすぎずくどすぎず。なかなかやるな「而今」。
この「生」も飲んでみたいな。

こいつの唯一の欠点は「近くに取扱店が無い!!」こと。出張先で地味に購入しています。車だからクーラーボックスもって行って何件か酒屋巡りです。ふと「なにやってんだかな〜」と思う時あります。今度は「生しらす」買おうとおもってます。
而今 千本錦 火入

shinsan05 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒