新さんの鉄道・グルメ・ご近所散策

 鉄道・写真・旅行・料理好きな爺のページです。 何かしていないと日々の生活に張り合い・刺激がないので、見たこと、写した物 などメリハリなく書いたり貼ったりしています。  特段に有意義な内容はありませんが御覧いただけると幸いです。

カテゴリ: 旅行

西日本は各地で梅雨明けして、関東も今日あたりには梅雨明けしそうだったのに、
台風が発生して関東に接近とかで梅雨明けは来週くらいまで延期のようです!!
自宅待機・籠城生活でブロクの話題も枯渇しています!!
賞味期限切れというよりは忘れ去られた古いテーマを掘り起こして書き込みします。
過日の大分旅行でのことですが、次々に新しい話題が出来てブロクに取り上げること
なく封印されてしまった内容で、国東半島に行った話題です。
学生時代から行きたかった国東半島の磨崖仏見学がこの時の旅行でようやく念願叶い
ました。 駐車場からややきつめの坂道参道に入り、薄暗い杉木立の中進むとさらに
急な坂道に入りますが其れを進むと見えてきました!"熊野磨崖仏"です。
国東半島には約90か所400程の磨崖仏があるといわれていますが、その中でも圧巻の
大きさで、大日如来は約6,7m、不動明王は8mと見上げる大きさです。
この先に祠があるというのでさらに進むと急階段が現れますが、階段の石は角がとれ
丸くなり足がすべりそう! せっかくここまで来たので手すりにしがみつきながら登り、祠で
参拝、またまた急階段・急な坂道下って下山しました。
DSC_7191 NEF

DSC_7210 NEF.2

DSC_7202 NEF

   DSC_7198 NEF

DSC_7205 NEF

DSC_7208 NEF

先日の箱根登山鉄道撮影と小田原の街並み散策の締めは小田原城です。
当初の予定ではカマボコ通りを散策したらすぐに帰るつもりだったのですが、街歩き
しながら堀端まで来たので一寸だけ堀渡り中に入ってみました。 すると目の前の
土塁の法面に綺麗にアジサイが植えられていました。
天守迄行く時間がなかったのでこのアジサイを堪能してこの日の締めにしました。
6DSCN5382 NEF

6DSCN5386 NEF

6DSCN5389 NEF

6DSCN5396 NEF

6DSCN5398 NEF

6DSCN5400 NEF

弊ホームページの掲示板と時系列に少し食い違いが出て、掲示板はまだまだ
登山鉄道の話題が続きますがこちらは山降りて小田原の町の散策です。
小田原というとカマボコというくらいカマボコの生産地でありますが、先日初めて
知ったのですが街に"カマボコ通り"なるものがあり一寸した観光地のようでした。
ということで駅から1Kmくらいでしょうか歩いて行ったのですが、訪れた曜日?
時間?が悪かったのか、確かに知っている店名のお店がいくつかあるものの、
閑散として人気もなく寂しい限りでした。小田原カマボコ発祥のお店には二組
程がいましたがそれ以外は一人も見ずあまりの期待外れに、カマボコ大好きな
私ですがお土産も買わず早々に退散しました。
    3DSCN5349 NEF

3DSCN5337 NEF3DSCN5346 NEF

3DSCN5340 NEF3DSCN5342 NEF

3DSCN5345 NEF3DSCN5351 NEF

3DSCN5352 NEF3DSCN5353 NEF

一寸古い話題ですが、先月に新蒲原の"さくら・富士山"鉄を撮りに出かけたのですが
さくらの開花がなく空振りに終わってしまったので、撮影を早めに切り上げて歴史散策
などしてみました!  新蒲原駅の近くは旧東海道の蒲原宿があった場所で、当時をしのぶ
街並み・旧家、史跡などが点在しているので少しだけ歩いてみました。
観光用に特に作られた町でもないので、全体としてはそれほど雰囲気留めている訳
ではありませんが点在する歴史遺産に触れて気持ちも和らぎました。
当時の資料が沢山保存されている個人所有の蔵、なまこ壁の家、広重の"蒲原夜之雪"
はこの辺りで書かれという碑など全部は見切れませんでしたがいろいろとありました。

1 DSC_8921 NEF2 DSC_8933 NEF

4 DSC_8923 NEF3 DSC_8924 NEF

6 DSC_8927 NEF5 DSC_8932 NEF

8 DSC_8935 NEF7 DSC_8934 NEF

10 DSC_8939 NEF9 DSC_8938 NEF

先日の富士山背景の岳南や富士急の撮影ではもちろん鉄撮影が目的でしたが
もう一つ大きな目的がありました!  それは同行のゼミ長氏ご推薦の秘境温泉に
行くことです!  とりあえず昼頃まで鉄撮影しランチしてから温泉に向かいました。
今回は日帰り温泉として利用しましたが当然宿泊施設もあり、奥多摩登山の帰り
に立ち寄り湯として利用する人も多いということです。
この日も私達が到着した時に帰ろうとする二組がありましたが、その後は我々の
貸し切り状態で、温度も私好み、泉質もまったりとして、のんびりと秘境の湯に
つかり大満足でした!!
DSCN3113 NEFDSCN3144 NEF

DSCN3126 NEFDSCN3121 NEF

DSCN3129 NEFDSCN3132 NEF

DSCN3146 NEFDSCN3147 NEF

このページのトップヘ