重要高2 本日の授業6時から

6時から授業を初めます。ラインで全員に連絡をしてください。特にユミ、クボチャン、ユバアバアなどライン難民には電話連絡を頼みます。
まず、前回の演習問題宿題のチェック、次に「複素数平面、逆変換の図形」に入ります。ここが「入試数学 複素数平面」で出題が集中する分野です。9月からの静高授業は「数Ⅲ複素数平面」を高速で飛ばします。例年は高3になってから2カ月くらいはかけてやる内容を、2、3週間でブッ飛ばすはずです。もともとは4つの分野からの寄せ集めで構成される単元なので統一感がなく、「納得した、解ったぞ!!」感が今一な、モヤモヤした単元なので現役浪人とも苦手分野です。さて、今年は静高生の理解度はどうなる事やら!!夏期学校数学課題は、解かないで「別冊解答冊子」を繰り返して読むこと!!ここから第2回学力テストは出題される。

中3 アドヴァンス模試 講評

理数の出来は前回に続いて良い。特に理科の得点が高い模様。それほど簡単な問題のようには見えない、いやかなり難しいようにも見えたが、前回はいなかった100点が多数いるようだ。力学で引っかかるだろう、解けないだろうと予想した問題を全てクリア-している。1学期に理科授業に多くの時間を割いた成果だ。現時点で「イオン、酸とアルカリ」「運動とエネルギ-」「生殖と遺伝」の重要3単元が完了しているのは附中では君たちだけだ。レギュラ-ではない生徒とのアドヴァンス理科得点と比較しても一目瞭然だ。第1回学調に上の入試重要3大単元が1つも出ないのは、かえすがえすも残念だ。だから、学調、特に第1回学調の結果は「志望校決定および合否判定」には役に立たない。これは3者面談の注意事項です。
前回もう一歩だった英語は皆得点をかなり上げている。100点が何人かいる模様だ。日本語説明問題で減点されていなければ100点だろう。
一転して社会科は苦戦ですね。かなり難易度を上げてきた。公民問題は高校入試問題としては難問だ。「推定無罪」という用語を書けたのは2人だけだった。
結果が楽しみです。

重要 9月からの中学生対象高校数学講座のメンバ-について

予告した中で中2で2名、中3で1名が保留です。
理由は、今までの欠席理由からです。通常授業を「家庭の事情」とかいう口実でサボった生徒です。遊びを勉強に優先する生徒はこの高校数学講座には出席させません。将来の職業にはっきりとした展望を描き、静高入学後は理数コ-スでトップクラスの成績をとる目標と決意をもった生徒だけを、ご招待します。
なお、学校行事以外の欠席は認めません。
ギャラリー