走行距離: 130.51 km
走行時間: 6:28:34
獲得標高: 2,452 m




 今日は、徳島県で開催されました”第5回自転車王国とくしま ツール・ド・にし阿波 2014”に参加してきました。私は、一昨年、昨年に続き3年連続の参加になります。この大会の魅力は、厳しいヒルクライムとヒルクライム後の絶景、そして地元の方々のお接待(豊富な補給食)です。
 今年のコースは前回までとは一新されていて、私が参加した”チャンピオン(D)コース”は全く初めて走るルートです。
 今回、クロモリ会から参加したのは、チャンピオン(D)コースに、ごくうさん、クラウドさん、じょにおさんいけnetさん、ウガンさん、ティーノさん、きっちさん、そして私の8人です。そして、チャレンジ2(C)コースに参加したのは、すけっくさんです。実は、JUN吉さんも参加予定でしたが、アクシデントによりDNSになったのは残念でした。





P5250846 (560x420)

 会場には予定通り6時前に到着しました。天気予報では、午前中は晴れとのことでしたが、ちょっと曇り気味?でも、贅沢を言ってはいけませんよね。乾いた路面を走ることが出来るだけで十分ですね。





P5250847 (560x420)

 これは、私にとっては初対面のウガンさんのバイク”DE ROSA KING3”です。見た目にも速く走りそうなバイクですね。この時、ちょっといやな予感がしました。なにかウガンさんが鬼牽きしそうな…。この後、残念ながらこの予感は的中しました(T_T)





BlogPaint

 さあ、いよいよ私達のスタート順になりました。流石にクロモリジャージの8人が並ぶとイイ感じですね。





P5250855 (560x420)

P5250858 (560x420)

P5250860 (560x420)

 スタート後は、まずは私が先頭を牽きました。そして、その後は順次バトンタッチし、快適なトレイン走行を楽しもうと思っていたのです。ところが、先頭交代する度にスピードがアップし、特にウガンさんになってからは、先行者をドンドン追い抜いていき、スピードもマックスに…。スタート早々ホンと疲れました(笑)。





P5250865 (560x420)

 スタート早々から脚にダメージを感じながら、第1チェックポイントに到着しました。





P5250867 (560x420)

 天気も良くなってきて、絶好のツーリング日和になってきました。





P5250869 (560x420)

P5250870 (560x420)

P5250871 (560x420)

P5250872 (560x420)

 補給食をしっかりいただき、本日最初のヒルクライムです。京柱峠へ向かいました。この先とても厳しい上り坂が待っていましたが、この時はまだ良かったです。なんといってもまだ脚がフレッシュでしたから…。





P5250875 (560x420)

P5250876 (560x420)

 標高が上がるにつれ、岡山では見られない素晴らしい景色が広がってきました。こんな素晴らしい景色を見ることが出来る四国のサイクリストがホンと羨ましいです!





P5250885 (560x420)

 早くも脚が売り切れ寸前になりかかりましたが、なんとか本日の最初の目的地”京柱峠”に到着できました。





IMG_1609 (560x338)

 う〜ん、ホンと素晴らしい景色です。何度もいいますが、岡山の人間にとっては普段お目にかかることができない素晴らしい景色です。





P5250890 (560x420)

BlogPaint

 京柱峠から下り、第3チェックポイントです。ここでもお接待をしっかり頂きました。感謝です。ゆっくり休ませて頂きました。





P5250892 (560x420)

P5250893 (560x420)

P5250894 (560x420)

P5250895 (560x420)

P5250896 (560x420)

 再びヒルクライムの始まりです。本日二つめの峠、落合峠を目指してのヒルクライムです。このルートは、先程の京柱峠とは違い、走行距離は短いのですが、獲得標高は多い。ということは、激坂ですよね?
 この激坂の連続に私の脚は完敗でした。10km程の区間がほぼ10%若しくはそれ以上の斜度です。たまに7%もありますが、ほんの一瞬でした。
 そんな激坂を上っていきましたが、今日ビックリしたのは、多くの人がバイクを押していたことです。見た感じでは半分以上の人が押していたように思いました。斜度10%の道が続き、休めるところが一切ない所を走っていると、自分もバイクを押してみようかという誘惑に駆られました。だって多くの人がバイクを押しているのですから…。でも、これまでの経験則からいって、一度バイクを押してしまうと、なかなか再びバイクで走るのは難しいのです。
 ということで、ホンと苦しくて、何度も何度も脚をつこうかと思いながら、くどいようですがホンと苦しかったのですが、なんとか落合峠にたどり着くことが出来ました。





BlogPaint

 でも、これを見ていただくとどれだけ厳しいヒルクライムだったか分かりますよね?私も本当に足が攣りそうになりましたヨ。





IMG_1613 (560x328)

P5250907 (560x420)

 落合峠からの絶景がこれです。頂上に着いた直後は、苦しさのあまり景色を楽しむ余裕は全然なかったのですが、少し落ち着くと素晴らしい景色が目に飛び込んできました。ホンと素晴らしかったです。






P5250918 (560x420)

 大きなヒルクライムを二つ終え、ゴール地点目指して再びクロモリトレインの出発です。この時も、クロモリ会の習性なんでしょうか、先頭になると鬼牽きになるんですね。う〜ん、ホンと疲れました。





BlogPaint

 珍しく今回参加したメンバーの集合写真です。やはり、良い思い出になりますね。






 今日は本当に辛いヒルクライムが二つ続きましたが、それを上回る絶景を見ることが出来て、大満足のツーリングとなりました。
 ”NPO法人ツール・ド・にし阿波プロジェクト ”の皆様、大変お世話になりました。また、ボランティアで参加された皆様をはじめ、今回の大会に関わった皆様には、本当に大変お世話になりました。ありがとうございました。
 また、今回参加したクロモリ会のメンバーの皆さん、お疲れ様でした。






P5250862 (560x420) (270x203)P5250863 (560x420) (270x203)P5250880 (560x420) (270x203)
P5250887 (560x420) (270x203)P5250908 (560x420) (270x203)
P5250910 (560x420) (270x203)P5250911 (560x420) (270x203)P5250913 (560x420) (270x203)
 ちなみに、これが今回接待していただいた一部です。どれも本当に美味しくて、満腹になってしまいましたよ。






↓ 《クリック!》していただけると元気が出てきますm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村