2014年03月04日

ソファーの上手なお手入れの方法

布張りのソファー

  普段はブラシをかけ埃を落としてください。掃除機を使うと効果的ですが、
   先の柔らかい吸い込み口を使用して表面を傷を付けないように注意してください。

 水分が付いた場合は放置せずに速やかに拭き取ってください。
 
 汚れは軽く叩くか、ブラシ、歯ブラシ等でこすり、掃除機で吸い取ります。

 飲み物等の汚れは中性洗剤を含ませた布で拭き取り、油の場合はベンジンを
  含ませた布で吸い取り、いずれの場合もそのあとをお湯を含ませた布で拭き取ってください。

 化学雑巾は使わないでください、くすんだりシミが付く恐れがあります。

 

合成皮革(レザー)張りのソファー

 定期的に柔らかい布で軽く乾拭きしてください。 
  強くこすると表面を傷めるので注意してください。

 ソフトレザーの原料ポリウレタンは水分や汗、整髪料等に
  反応し劣化しやすくなりますので、
  汚れが付いたら速やかに拭き取り、定期的な乾拭きを
  こころがけていただくと  長くお使いいただけます。

 汚れは市販の専用クリームを使って拭き取ってください、
  汚れは少ないうちに手当てするのがコツです。
   ご使用の際は、目立たない個所で試してください。

 濡れた布で度々拭くと細かいひび割れが出来る原因に
   なりますのでさけてください。

 化学雑巾は使わないでください、くすんだりシミが付く恐れがあります。 

 
  直射日光が当たる場所でのご使用は変色と硬化の
  原因になりますので避けてください。


革張りのソファー

 

 やわらかい布で丁寧にカラ拭きしてください。

 本革の大敵は水分ですので、特に湿気の多いシーズンには注意し、
   こまめにお手入れしてください。 

 汚れは市販の革専用のクリーナーを使って拭き取るのが安全です。
  ご使用の際は、目立たない個所で 試してください。

 シンナー、ベンジンは革をいためますから絶対に使わないでください。


 ビニール製品など、長時間置いたりしますと変色の原因になりますのでご注意ください。

 化学雑巾は変色の原因になりますので、使用しないでください。

 多湿、乾燥、高温に弱いので直射日光の当たる場所、ヒーターの風が当たる場所を避け、
  壁際から 離したなるべく風通しのよい場所に設置してください。


ソファー

  長く使っていただくため、壁から離して設置し通気のとれた状態でご使用ください。

 フェザーを使ったクッションは定期的に風通しの良い場所で陰干しして、
  軽く叩いて形を整えてください。

 安全のため、定期的に脚など組立が必要な個所は緩みが無くしっかり
   固定されていることをご確認ください。



張地の張り替え


 有料になりますが、長年のご使用により張地が傷んだ場合でも
  張地の張り替えが出来ますのでご相談ください。

 ソファーの状態によっては内部ウレタンやスプリング等、
   部品の交換が必要な場合がございます。



shinshocojp at 17:13コメント(0)トラックバック(0)家具のお手入れ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

新象

メッセージ
Recent Comments
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ