Droplet Project 青木です。
時系列で書いて行くといつまでたっても終わらない感じ。
反則ですが、なんと一気に二日目、実技講習会D!
なんだそりゃ。

前評判の高かった、PCS本田対Drops竹内の
「その場でお題いただいてシンボル描くよ」
対決を先に報告します。

正直、Dropletチームからしてみると本田先生は「PCSと言えば本田、本田と言えばPCS」ってくらいのヘビーユーザーでありながら、同時にDropsも正当に評価して紹介してくれている恩人みたいな人で(これは矢島先生はじめ、実行委員のみなさんも同じ)、向こうから
「やりましょう」といわれない限り、こんな勝負ふっかけられません。
どきどきしつつ当日。

お題は冬期オリンピックシーズンにふさわしい
「カーリング」 と
「チャックは上まであげると暖かいよ!」
をいただきました。
会場のみなさんありがとうございました。
特にチャックの方は、かなり難しいお題をありがとうございました!(笑)
対決

いやあ、実に緊迫した面白い勝負でした。
本田先生のマウスさばきの早さ、正確さに会場からどよめき。
既存のPCSを切ったり貼ったり色を変えたりしつつ、どんどん新しい画像が生み出される。
一方、Drops竹内のペンタブレットの一筆一筆でざわめき。
一本の線を加える度にキャラが生き生きしてくる瞬間を目の当たりにして、青木・大久保も改めて驚く。
そんな感じの勝負でした。
カーリングZipUp

本田先生の描いたシンボルは本家のブログに登場すると思いますので、こちらには竹内さんの作品を。これはDropsの新作シンボルに加える事決定ですね。

ちなみに会場の判定は、二勝負とも「引き分け」。そりゃそうだ。甲乙つけがたい、とは正にこの事、という対決でした。

この勝負、今回限りにするのはちょっと惜しい。
どこかで第二回やらせてください。
あ、二人はすっかり消耗してたのでやってくれないかなあ。