信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

雪、ゆき、ユキ♪ 子どもと雪遊び!

100202_01
2月1日の午後から降り始めた雪。2月2日深夜にはやみ、朝にはこの通り20センチぐらいの積雪になっていました。これまでちょっとばかりの積雪は何度かありましたが、ここまで積もったのは久しぶり。

ちなみにここ富士見町は、オリンピックが開催された白馬(長野県北部)とは違って、あまり雪は降らない場所です。とはいえ、そこは長野県。年に何回かドカン!と(時には50センチくらい降る時はもありますが)積雪があります。

雪がたくさん降った朝はちょっと大変…。この日も、午前中の仕事をかたづけるために、午前3時に起きて仕事スタート! 午前5時からは自分の庭の雪かき。玄関から歩けるように、車庫から車が出せるように雪かきです。まだ日の出ない暗い中での雪かきですが、月明かりがとっても明るく、その光を雪が反射して、空がまだまだ暗いのにとっても明るく幻想的な景色です。月に照らされた自分の影が雪面に映って、なんとも言えない幸せな気分でした♪

午前6時からは、近隣の方々と道路の雪かき。もちろん大きな道路は重機で雪かきをしますが、家の前の道路や子どもたちの通学路は地域の皆で雪かきをします。時間になると雪かきを持って皆出てきて、「いや〜降りましたね!」とあいさつしながらの雪かきです。都市部と違って、自分たちの地域は自分たちで守るという慣わしが脈々と続いています。

そういえば、子どもの頃、雪の降った朝に小学校に登校する時、通学路の雪かきを終えて帰ってくる近所の方々とすれ違ったのを覚えています。自分が通っていた通学路は、山林の中の急なけもの道みたいなもので(山に登るための登山道を想像していただけると一緒です(^_^;))、当然、車なんて入れませんので、近所の人が子どものために通学路の雪かきをしてくれていました。いつしか自分も、雪かきをしてもらう立場ではなくて、雪かきをする立場になったんだなぁ…と、ふと思いました。

そんなわけで2時間の雪かき後の風景が、最初の写真というわけです。さすがに疲れました…。

# 雪が毎日降る地域は、これが毎日なんですよね...?

朝食の後は子どもたちと雪遊び。
膝まで雪に埋もれながら、ふわふわの新雪の上を大喜びで歩いていきます。時々転んで雪だらけなって、「うわ〜ん! お父さ〜ん!」と悲鳴を上げたりしながらの探検隊。 /(^O^)

100202_03雪を積み上げて作った坂道でのそり滑りや、子ども2人を乗せたそりをひっぱりながらの近所の散歩も大喜びでした。








100202_02最後は皆で雪だるま作り。一緒になって、よいしょ、よいしょと重い雪玉を押してくれます。
おかげでこんなに大きい雪だるまができました。しばらくは、朝雨戸を開けて「雪だるまさん、おはよう〜!」の日が続くことになりそうです。



こうやって冬でも自然と一緒に楽しめるのも、地方ならではですね♪

家から10分で、大パノラマのゲレンデ! 〜富士見パノラマスキー場〜

パノラマビューのゲレンデ
家族で東京を離れてここ信州に引っ越してきた理由はいくつかあるのですが、その一つに「気軽にゲレンデに行ける」というものがあります。我が家は、冬はゲレンデで雪遊びをしたい人たちなので。

東京でスキーに行くには、気合を入れて朝早く起きて、3時間かけて(時に渋滞につかまりながら)スキー場に行かなくてはいけませんでしたが、今シーズンは何と!家から10分でゲレンデ♪ 東京にいた時の感覚からすると、「ちょっとスポーツクラブに行ってくる」ぐらいの感覚でスキーやスノーボードをすることができます。ちょうど、神奈川県に住むサーフィン好きの人が、朝出勤前に1時間サーフィンを楽しむような、そんな感じです。

富士見パノラマスキー場は、その名前の通りゲレンデからの大パノラマが楽しみの一つ。眼下に八ヶ岳の裾野が一望でき、その景色を見るだけでも本当に来てよかったなぁ…と思えます。写真を撮影したこの日は残念ながら雲が少し出ていましたが、雲ひとつない真っ青な空の日は、山々がクッキリと見えて思わず「うわぁ〜!」と声が出てしまうほど。そんな絶景を見ながら、頂上から3キロのコースを降りてくるのは、本当に最高の気分です!(^O^)

そのようなわけで、気兼ねなく思い立ったらゲレンデに行けるように、我が家ではシーズン券を購入。これでスポーツクラブ感覚でゲレンデに Go! です。

スノーマシーン信州北部の白馬とは違って、ここはあまり雪がたくさん降るところではありませんので、ゲレンデではスノーマシーンが大活躍。
この日も、スノーマシーンが雪を作っていました。確か、気温が-3度以下にならないと雪が作れなかったような記憶がありますが、最近は毎日寒いので大丈夫ですね。

■信州 富士見高原 お出かけ情報

富士見パノラマリゾート (富士見パノラマスキー場)
http://www.fujimipanorama.com

冬は、スキー場。
夏は、マウンテンバイクやパラグライダーを楽しめます。
絶景を楽しみながら滑る頂上から3キロコースは、滑り応え十分!もちろんボードもOK。子どもが大喜びのスノーパークもあります。

中央自動車道 諏訪南インターチェンジから車で10分。
大駐車場があるので、駐車の心配無用。(無料)

レストハウスで販売している 牛乳ソフトクリーム(生乳ソフトって書いてあったかな?)がおすすめです。地元の牛乳で作られているそうです。
また、この冬から、ルバーブの赤いソフトクリームも登場しています。(まだ私は食していませんが…)

# スキー場入り口売店のソフトクリームとは違いますのでご注意を。
# レストハウス内で販売しているソフトクリームです。

大きな地図で見る

「地域資源を生かしたまちづくり」に関する講演会のご案内

突然ですが、引っ越して間もない私もご一緒させていただく機会に恵まれましたので、このブログでご紹介です。

我が信州富士見高原(富士見町)でもそうですが、気候風土を生かした特産品づくり、こだわり育成による野菜づくり、景観保全など、旧来の大型開発とは異なる「地域資源を生かしたまちづくり」が随所で行われています。今回、このような地域資源を生かしたまちづくりに関係して、2つのテーマで講演会&ワークショップが、信州富士見高原(富士見町)で開催されることになりましたので、ご案内です。

富士見町・八ヶ岳山麓の
宝物発見・発信によるまちづくり 講演会&ワークショップ
(主催 知ってもらざあ おらちほーのまち会)


■第1回 こだわりの「食」「ものづくり」によるまちづくり


日時:2010年1月25日(月)13:30〜16:30
場所:長野県富士見町 グリーンカルチャーセンター 大ホール
講師:朝田くに子氏((株)風土倶楽部代表)

都会と地域をつなげるプロジェクト「ローカルジャンクション21」や「風土倶楽部」の活動の紹介をいただき、都会と地域との交流や、食を中心とした地元学やこだわりのものづくりを通じた地域活性化、まちづくりの取り組み事例などについてお話いただく予定です。


■第2回 特産品の流通・都会への発信を通じたまちづくり
日時:2010年1月31日(日)
場所:長野県富士見町 グリーンカルチャーセンター 大ホール
講師:竹本徳子氏(東北大学大学院教授、元カタログハウス取締役)

カタログハウスの流通の仕組み、商品のこだわり、カタログハウスにおける地域のこだわりの食の扱い事例、地域活性の取組事例などについてお話いただく予定です。

■当日スケジュール(第1回、第2回とも)
13:30〜14:10 おらほのまちを知ってもらざあ会&特産品づくり活動紹介
14:10〜15:10 講師による講演会
15:10〜15:30 休憩&特産品の試食・販売
15:30〜16:30 参加者・講師を交えた意見交換・ワークショップ

■参加費 : 無料(第1回、第2回とも)
■参加申し込み
「知ってもらざあ、おらほーのまち会」事務局
エンジェル千代子 chiyokoa@po19.lcv.ne.jp
1回限りの参加、当日の参加も可能です。

■知ってもらざあ おらちほーのまち会
「知ってもらざあ おらほーのまち会」は、富士見町で特産品づくり(ルバーブ、ほおづき、ひまわり油、古代米など)に取り組む人たち、それを応援する人たちによって、富士見町の宝物の発見し、発信することを目的に立ち上げられた団体です。当面は、富士見町の特産品を中心とした富士見町の宝物を紹介するWebサイトやちらしの作成等を行っています。


※地元の方だけでなく、日本全国各地、まちづくりに関わっている方に共通のテーマかと思いますので、お気軽にご参加くださいね♪



朝は、凍った窓をドン!ドン!ドン!

凍った窓ここのところ、厳しい寒さの日が続いています。(今日は暖かいんですけどね♪)

朝、我が家では雨戸を開けるのが一苦労。部屋の中がマイナスになっていますので、寝ている間に写真のように窓が凍ってしまいます。ドン!ドン!と叩いて開く時もあれば、まったく開かずにあきらめるしかない時も。

子どもたちは、朝起きて凍った窓ガラスを見ると「お父さん、ドンドンして!」と一緒にドンドンしてくれ、それはそれで楽しいみたいです♪

日中は太陽が出ていると解けるので、開かなかった窓もちゃんと開くようになるのですが、夕方、日が落ちる前に雨戸を閉めないとこれまた大変…。アッという間に凍って、今度は雨戸を閉めたくても閉まらないことに(笑)。

こんな寒い日が続いていますが、我が家の子どもたちは、風邪もひかずに元気に走り回っています♪ ありがたいことですね。


我が家はただいま、"天然冷蔵庫"で生活中…。

冬の八ヶ岳
今年もどうぞよろしくお願いします。

ここのところ毎朝−7度ぐらいの気温になりますが、この写真のように気持ち良く晴れわたった日は、雪を頂いた八ヶ岳や南アルプスなどがとても輝いて見えます。夏の風景とは違って、パキッ!とした濃いブルーの青空に雪の白色が映え、キリッ!とした風景です。凍りそうな空気のキリリとした感じが、風景にも感じられます。

# すみませんね、パキッ!とか、キリッ!とか、キリリとか…(笑)

ところで我が家では、昨年11月から冷蔵庫の調子があまり良くなくて、一度電源を抜いて止めてみようということになりました。冷蔵庫を止めている間、冷蔵庫の中にあったものは、クーラーボックスなどに入れて勝手口の外(ここにも屋根があって、物置みたいになっているのです)に置くことになりました。

と、そんなことで数日冷蔵庫を使わないでいたのですが、「冷蔵庫いらないじゃん…」という結論になりました(笑)。勝手口の外の方が冷蔵庫よりも温度が低いんです…(^_^;)。ビールなんかも圧倒的に冷えています。むしろ、朝になると野菜が凍ってしまっているぐらい。(凍ったは甘みが増して、またまたおいしいんです♪わざわざ凍らす文化もあるぐらいですから。)

お世話になっている「サンキュー農場さん」のブログにも、「この季節、我が家の冷蔵庫は凍らせないためにあるのだ。」って紹介されています。

それ以来、我が家ではずっと、冷蔵庫ではなくて"天然冷蔵庫"で生活しています♪ 寒い冬の間だけの素敵な知恵(?)で楽しんでいます。

東京から信州へ移り住んだ、今年2009年。

朝日のパノラマスキー場
我が家の目の前に見える富士見パノラマスキー場。朝日が出る直前、山の頂上だけが赤く朝日に照らされて、とてもきれいです。(スキー場も、近頃の寒さで全面滑走可能になり賑わっています。)この景色を見ると子が、夜明け前の富士山と合わせて、朝起きる際の楽しみの一つです。

# もちろん寒いですが、なぜかちゃんと起きられてしまいます。
# 東京にいた時は朝、全然起きられなかったのに…(^_^;)

いただいた門松先日、親戚のおじさんから門松をいただきました。写真を見ていただければお分かりいただけるかと思いますが、とてもとても立派な門松です!!






いただいた門松この大きさの門松を購入したら何万円するんだろう…?というぐらいの立派な門松、実はなんと!親戚のおじさんの手作りなんです。
ワラを束ねて、紐でひとつひとつ丁寧に編み込んであって、その模様がとても美しいです。
忙しい中、我が家のために作っていただきました。本当に感謝感謝です。この立派な門松に負けないように、来年2010年も頑張らないといけないですね!

# 東京にいた時は、さすがに門松を飾るスペースがありません
# でした。こんなに大きな門松を飾ることができるのも、田舎
# に引っ越してきたからですね。そういえば我が家のクリスマ
# スツリーも、180cm の大きなものを飾りました。もちろん、
# 子どもも大喜びでした!

さてさて、今年2009年は、家族で東京から信州・富士見高原に思い切って引っ越しました。不安なこと心配なことを色々考えたらきりがありませんでしたが、我が家族にとってはそっちの方がより幸せな暮らしができるだろうなぁ…という家族での決断です。そして半年あまりこちらで暮らしてみて、やっぱりこっちに来てよかった!というのが感想です。そうやって思えるのも、東京でお世話になった方々が応援してくださったり、こちらの方々が大変よくしてくださるおかげで、本当に感謝です。

来年2010年はあれもやろう!これもやろう!と、今からワクワクが募るばかりです。もちろん、お父さんは頑張って稼がないといけませんが(^_^;)、引き続きこのブログで、家族の元気な姿をお伝えできればいいかなぁと思っています。のんびり更新のブログですが、お暇な時にぜひお立ち寄りください。

# 仕事のことは訳あって書きませんでしたが、
# 来年は別なブログで書く予定…。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さん、よい年をお迎えください。

標高2240mの空中散歩。 ピラタス蓼科ロープウェイ

ピラタス蓼科ロープウエイ

本格的な冬が始まって、ここに書きたいこともたくさんあるのですが、のんびりということでご容赦ください。

12月上旬に、家族でに行ってきました。ここは標高2240mまでロープウェイゴンドラで行くことででき、夏場は観光・登山・トレッキングで賑わいます。冬場も冬登山の足になりながら、スキー場のロープウェイとして活躍します。

ピラタス蓼科ロープウエイ夏に続き2度目のロープウェイ乗車の子どもたちも、目の前に広がる絶景に興味津々。南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳、霧ヶ峰高原の山々を見ながらしばしの空中散歩です。





ピラタス蓼科ロープウエイ頂上は一面の雪。暖かいこの日でしたが、頂上は気温が低いし風も強くて本当に寒い!長野県の中でも雪があまり降らないこの地域ですが、ここ蓼科山周辺ではGWぐらいまでは雪が積もっています。




ピラタス蓼科ロープウェイ
ちなみに、夏場の頂上は道が整備されていて、気軽に散歩が楽しめるようになっています。(1周、1時間ぐらいかな)

奥の建物は、ロープウェイの頂上駅です。




ピラタス蓼科ロープウエイこの日は、スキー場オープン2日目。シーズンを待っていた多くの人で賑わっていました。あまりにたくさんの人がいてビックリ。






信州に引っ越してきて何が良いって、やっぱりスキー場が近くにあること。東京から車で3時間かける必要もなく、「ちょっと行って来る」の感じで行けるのが本当にうれしいです♪我が家族が東京から信州に引っ越してきた大きな理由の一つも、すぐにこうやって山に出かけることができることです。
今シーズン、子どもは「そり滑り」デビューです。


■信州 富士見高原(周辺) お出かけ情報

■ビラタス蓼科ロープウェイ(茅野市) http://www.pilatus.jp/

中央自動車道 諏訪インターから車で40分。
広い駐車場(無料)がありますので心配は無用。
※途中の看板がちょっとわかりづらいので地図をよく見てくださいね。
そうそう、ロープウェイに乗った後は、富士見高原にもぜひお立ち寄りください♪

薄っすらですが、一面の雪景色

一面の雪今朝は本当に寒い。天気予報では、最低気温−6度 / 最高気温 −1度と言っていましたので、本当に冬本番です。

3日前の朝、窓を開けると、薄っすらですが一面の雪景色になっていました。我が家の庭もこの通り、雪化粧。子どもがバシャバシャ遊びをする水たまりも、ハートマークに氷がはっています。

子どもは一面の雪に大喜び。長靴で雪の上をサクサクと歩いて楽しんでいました♪

ここは長野県と言ってもあまり雪の降らない場所なのですが、年に何回かはドカンッ!と大雪が降ります。この冬は何回あるんでしょう。雪が降ったら大変なのですが、ちょっと楽しみでもあります。

こちらで食べている一番おいしいおそばは・・・

信州と言えば、おそば。
ここ富士見町にも、観光客向けや地元の人向けも含めて何件かのおそば屋さんがあり、我が家も子どもと一緒に時々おそばを食べ出かけます。

# 我が家の子どもは、おそばが本当に好きなのです。

出かける時は手打ちそばのお店に行くのですが、やっぱり東京のおそばに比べると圧倒的においしい感じがします。東京では「手打ち風」のおそばもたくさんあるので、さすがに本当の手打ちにかなわないのは仕方ないとは思いますが…。(もちろん手打ちもありましたが、東京の手打ちは、なんかおしゃれすぎちゃって…(^_^;))

あるクオリティ以上の手打ちそばが何軒もあることは、そば好きにとっては贅沢な環境です。実際、他の地に観光に行っておそばを食べたりすると、うん...?ということもたまにありますから。

その中でも圧倒的においしいのは、我が家のおじいちゃんが打ってくれたおそば。そば打ち仲間でそば打ち小屋を持って、楽しみとして蕎麦の栽培から蕎麦打ちまでやっているそうで(大人の趣味ですね!)、時々そばを打っては「そば打ったよ〜」と届けてくれるのです♪

そばが届いた日の夕食はもちろん、おそば (^O^)。
子どももアッという間にペロリと食べてしまいます。
何が違うのかうまく表現できないのですが、とにかく圧倒的にそばの香りと味がするんです。「うわ〜。これがそばだ!」という感じ。何だろう...?

ちなみに、もらったそばを翌日にもゆでて食べると、これがまったく前日と比べて味が落ちているのがよくわかるんです。そばは、挽きたて、打ちたて、ゆでたてが一番とよく言いますが、本当にそうなんだなぁ…と実感です。もちろん翌日でも、普通からすると圧倒的においしいおそばなんですけどね。(贅沢な環境です...)

農繁期はなかなかそばを打つ時間がないのですが、これからしばらくは絶品のおじいちゃんのおそばをたくさん味わえそうで、我が家では、おじいちゃんに弟子入りしてそば打ちを習おうと盛り上がっています。

# 富士見高原(富士見町)のおそば屋さんの紹介は、また今度。

我が家の野菜はもうそろそろ終わりかな。

我が家のおじいちゃん曰く富士見は11月は冬なのだそうで、太陽が出ると少しは暖かいですが、朝晩ははだいぶ寒くなってきました。最低気温 / 最高気温の数値からすると、ちょうど東京の真冬時と同じくらいです。
# でも東京で感じていた寒さとちょっと質が違うんですけどね。

そんな寒い中でも、我が家の子どもたちは元気いっぱい。朝から裸足で家の庭を走り回っています!公園に行っても靴も靴下も自分で脱いで、走ったり転がったり…。すれ違う方々が子どもを見ては「あら、寒いのに裸足!」と驚かれますが、親もそのパワーに驚きです。(^_^;)

白菜そんなここ信州富士見高原での暮らしですが、畑の野菜もそろそろ終盤。
ネギや白菜が元気に育ってくれていますが、もう少しすると畑の土が凍ってしまうそうで、畑から抜いて保管するのだと農業のプロである我が家のおじいちゃんが教えてくれました。また、今年の白菜は丸まり方が悪いのだそうで、我が家の白菜も丸くならずに広がってばかり…。

091129_002この白菜、9月に子どもと一緒に苗を植えたものです。子どもも一生懸命ジョウロで水をあげてくれました。

こうやって子どもと一緒に野菜を育てられて、その野菜を一緒に食べることができるというのは、本当に幸せなことなんだなぁ…と改めて思ったりします。

# 自分が子どもの頃、家で作った野菜を食べるのが普通だったので
# そんなこと思わなかったのですが…(^_^;)

寒くなるにしたがって、空はますますクッキリ。

夜明け前の富士山
冬に片足が入った富士見高原。
昨日10月17日には雪も少し積もりました。

寒くなるにしたがって、空はますますクッキリ。
夏場は雲ばかりで隠れていることが多かった富士山ですが、日の出前には我が家の窓からも、赤く染まった空とともに富士山が見えるようになりました。

夜になると、今度はクッキリとした空にたくさんの星が輝きます。
東京にいた頃は星をまじまじ見た記憶もほとんどないのですが、そういえば小さい頃、スケートをしながらこの星空見ていたなぁ…とふと思い出しました。

# 星空の話はまた今度…

子どもは、寒さなど気にすることなく元気に走り回っています!
きっと寒いと思っているのは大人だけで、子どもはそれよりも楽しくて仕方ないんだと思います…。
どんぐりどんぐりを拾ったり…








川遊び公園の小川で水遊びをしたり…。寒空の下、ズボンが濡れてもまったく気にすることなく、バシャバシャ遊び♪

富士見で頑張っている素敵な方々との出会いがうれしい!

昨日はとある会合に参加させていただき、またまた、富士見高原で頑張っている素敵な方々と出会うことができました!感謝感謝です。

サイトやブログを持っている方もいらっしゃいますので、ぜひぜひ紹介させてください♪

■さんきゅー農場 さん
http://www.farm39.jp

J ターンで富士見にて「無農薬・無化学肥料はもちろん、環境に配慮した、自然の生態系を壊さない野菜作り」を実践されています。
素敵なホームページと(カッコいいんです!)、日々の活動を紹介するブログは必見です♪
ブログ : http://www.farm39.jp/blog/


■バディアス農園 さん
http://blogs.yahoo.co.jp/buddyasu2007

東京から I ターンで富士見に来られ、珍しい野菜や 食用 ほうずきを栽培、販売されています。(私と同じくIT業界にいらっしゃった大先輩です。)
ほうずき って食べられるの!?と最初は私もビックリしました。
ほうずきジャム  も作られていて、日々の様子もブログで紹介されています♪

# そういえば、まだブログで紹介してなかったですが…

■エンジェル さん (ルバーブ生産組合)
http://www.angelchiyoko.net/mt/

富士見町の町会議員さん。そのバイタリティで、ルバーブ を利用したジャムの生産・販売をはじめ、様々な活動をされています。
子どもの頃ルバーブのジャムを食べた記憶がありますが、これおいしいんです♪

■八ヶ岳高原ふぁ〜む さん
http://kogenfarm.com/

農家の方がこだわって作った採れたての新鮮野菜を、産地直送されています。IT企業もやられていて、若さあふれるそのバイタリティに圧巻。見習わないといけないですね。


# 私自身の活動のことはこのブログには書いてませんが、
# もう少ししたらお伝えできるのではないかと思います。

子どもの発想にビックリ! 納豆のカラシはライオン!?

納豆のカラシはライオン!?納豆が大好きな我が家の子どもたち。朝食に納豆を食べていた子どもが、突然、納豆のカラシを指先にピタッとつけ、

ライオン! ガオ〜♪
\(^O^)/

と言ったのです。
何のこと...?と指先のカラシを見ると...お〜〜 確かにライオンです!すごいなぁ、子どもの発想って…と、素直に感心してしまいました。(ーー;)

これまでそんな見方したことがなかったのに、一度ライオンといわれると、どんどんライオンに見えてきてしまいます。(再現写真)

富士見の自然の中で元気に走り回りながら、我が家の子どもも成長中です!

11月3日の朝、初氷。

初氷11月3日の朝、初氷。
子どもが大好きな水たまりもこの通り氷がはっていました。






霜柱隣の畑は、この通り霜柱。子どもがザクザクと歩く前に融けてしまいましたので、ザクザク歩くのはもう少しお預けです…。





雪

どうやら、うっすらと雪も舞ったみたいですね。







この日の寒さで、おじいちゃんの畑のズッキーニも全部ダメになってしまったそうで、春からスタートしたズッキーニの出荷作業も終了となりました。本当に天候との勝負です。

この時期に、すでに東京にいた頃の真冬の寒さ。
ということは、セーターやコートやマフラーを着ていてもいいということなのですが、我が家はまだ薄着。これからもっと寒くなるので、ここでセーターを着たら太刀打ちできないぞ!という気合の表れ...?(^_^;) もちろん、夜は暖房いれてますが…。

富士見高原は紅葉シーズンも終わり…

紅葉

富士見高原の秋は本当に短い…。
紅葉シーズンが来たかと思ったら、11月3日の寒さ以来、一気に冬の足音が…。

そんなわけで秋模様を少しアップ。
紅葉10月1日の八ヶ岳








紅葉10月中旬から色が大きく変わりました。







紅葉
こんなきれいな紅葉がいたるところで見られます。






紅葉

富士見パノラマスキー場も、こんなきれいな紅葉に覆われています。
撮影した日は、ゲレンデ中腹でこの紅葉を背景に家族でお弁当♪



紅葉


ゲレンデに腰を下ろすと、目の前にはきれいな空と秋の八ヶ岳!
前も後ろもステキな秋の景色♪
子どもはゲレンデの芝生を元気に走り回ります。


紅葉

10月29日に紹介した八ヶ岳自然文化園の紅葉は、この通り葉っぱがきれいに落ちてもう冬です。




紅葉
子どもは、その落ち葉の山に大喜び! カシャカシャと音をたてて走ったり、集めた落ち葉に寝転んだり、お風呂のように肩まで入ったり。
(イラスト風に写真を加工…)





紅葉
我が家の庭には梅の木があり、大家さんのご好意で「自由に採って食べてくださいね!」と。
7月に収穫した梅で作った酒が、秋の夜長に一役。




信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住(Uターン)しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作
QRコード
QRコード